ブログ運営

ブログの記事を【消す】のは正解?SEO対策に必要な3つの方法

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ブログの記事を【消す】のは正解?SEO対策に必要な3つの方法

むぎちゃん
ブログを始めてから半年経過。。。だいぶアクセスは増えてきたけど、アクセスの無い記事はどうしたら良いんだろう。。。?イマイチ伸び悩んでいるので、どうすべきかを教えてください!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • アクセスがない記事は削除すべき?|理由も解説
  • アクセスがない記事への対応パターン3つ
  • ブログの記事を【消す】のは正解?SEO対策に必要な3つの方法|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素を抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログ運営をしていると、節目の記事数で「今後どうしよう?」「このままで良いだろうか?」と考えてしまいますよね。

不安になってしまう要因として「アクセスが少ない」、もしくは「検索からのアクセスが少ない」、などがあると思います。

本投稿では、50〜100記事くらいブログ記事を書き終えた頃に到来する「あるあるな疑問」である、アクセスが無い記事は削除すべきなのか?について解説します。

結論を先に言うと、「リライト」か「削除」をしないと「SEOの泥沼」にハマります。

 

 

アクセスがない記事は削除すべき?|理由も解説

Cancel Stop Culture Subscription - viarami / Pixabay

ブログ記事を削除すべきかどうか?

実行に移す前に、以下のチェックリストが「全て」当てはまるか?どうかを確認しましょう。

  • 公開記事が50記事以上ある
  • 記事公開後、半年以上は経過している
  • 検索順位で100位以下になっている
  • SNSで紹介してもアクセスが得られない
  • キーワード選定や内容を見直して「一度はリライト」している

 

残念ながら、これらのチェックリストが全て当てはまるなら、記事の削除をするべきです。

なぜなら、アクセスの少ない記事を放置していると「ブログ全体の評価」が下がる可能性が高くなるからです。

ここからは、評価が下がる理由と対処の方法などを解説したいと思います。

 

 

アクセスがない記事を「削除」すべき理由

アクセスがない記事を放置してはいけない理由、それは「SEO対策」に悪影響を与える可能性が高いからです。

実は、SEO対策は「加点方式」と思いがちですが、「減点ポイント」があると言われています。

言われています」としか表現できない理由は、Googleは検索エンジンの「アルゴリズムを公開」していないからで、検証や仮説を元に実験した結果から、「関連」と「因果」を推測するしかできないからなんですね。

 

☑️SEO評価のステータスイメージ

  1. マイナスから『0』に戻す作業
  2. 0を『1』にする作業
  3. 1を『10』以上にしていく作業

 

筆者は、ブログを開始して3ヶ月で100記事を書きましたが、検索上位に出てくる記事は1本だけでした

特化ブログやトレンドブログでは無いとは言え、さすがにおかしいなぁと思い、改めてSEO対策と向き合う事になりましたが、結果としては「54記事」を非公開にして、「30記事」をリライトしました。

そして、新たに「SEO対策」を注視した記事を、40記事ほど追加で公開した頃(2ヶ月経過)には、検索順位が見る見るうちに上がってきて、検索からのアクセスが倍増以上になり、アドセンスやアフィリエイトの成果が出るようになってきました。

 

☑️当ブログの実例

※ランクトラッカーというツールで「検索順位」の推移を確認していますが、検索でTOP10にランクインする記事が続々と出てきて、今も毎日継続中です。

Digital Marketing Search Engine  - Tumisu / Pixabay
Rank Trackerの使い方【初級編】ツールの機能が秀逸すぎる!

続きを見る

 

 

マイナスから『0』に戻す作業

まず、マイナス評価を受けている記事をなんとかしないと、良い記事があっても総合的に「ブログ全体の評価」が下がります。

サイトの評価を下げる原因で有名なのは、アドセンスで禁止されている「禁止コンテンツ」や「広告掲載の方法」、日本独自ですが「根拠の無いYMYL系」の記事を生み出す事です。
※YMYL:Your money,Your lifeと言う、ユーザーのお金や健康などに悪影響を及ぼさないように設定されている、日本独自のGooleアルゴリズムで「健康アップデート」と言われています。

Android Logo Bot Minibot Mobile  - sergeitokmakov / Pixabay
ブログ初心者がGoogleアドセンスに受かるためのチェックリスト

続きを見る

 

他にあまり知られていない、マイナス評価になる要因が「記事や記事内容の重複」です。

筆者は「FX・投資」カテゴリーで「取引実績の日記」を記事ネタにしており、殆ど記事重複に当たるので、重複に対する対処を行いましたが、後ほど詳しく説明したいと思います。

 

0を『1』にする作業

マイナス要素が無くなったら、次は「0→1」にする作業です。

これもGoogleの仕様上で明言できないのですが、最も重要だと言われている事が「キーワード選定」です。

こちらも当たり前ですが、検索されていないキーワードで記事を書いても「記事を探す人」がいないので、そもそもスタートラインに立っていません。

よくブログは「自分の書きたい事を書くな」と言われていますが、全くダメだと言う訳ではありません。

自分の書きたい事」が、読者のニーズであれば問題ありませんが、一般人の「日記ブログ」は、ほとんどの人が望んでいません。

ブログ=芸能人の日記、と言うイメージを持っている人が陥りやすい失敗ですので、今一度、キーワード選定の方法を確認してみましょう。

☑️キーワード選定の方法

Keywords Letters Scrabble Word  - Wokandapix / Pixabay
ブログのキーワード選定|プロの方法を学ぼう【マナブさん動画を解説】

続きを見る

 

1を『10』以上にしていく作業

キーワード選定が間違っていなかったら、次は「アクセスに有利」な記事や、記事構造にしていく事が必要です。

最終的には、アフィリエイトやアドセンスで「成果発生」させるために、セールスライティングと向き合っていく必要がありますが、まずはアクセスがあるか?と言う事が重要ですので、今回は割愛します。

より多くのアクセスを得るために、「加点式」でやっていくべき代表例が以下ですので、参考にしてみてくださいね。

  • Googleボットがインデックスしやすい記事構造にする
  • 魅力的なタイトルやディスクリプションで「クリック率」を上げる
  • 読者の興味・関心を高める「リード・導入分」を書く
  • ロングテールキーワードで記事を書く
  • 内部リンクを集めて「SEO評価」を高める収益事をセットする
  • 文字数ではなく「密度」を意識して記事を書く(共起語を多くいれる)

 

☑️「ラッコキーワード」は関連語も抽出できます|しかも無料

Sea Otter Swimming Floating Water  - skeeze / Pixabay
ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説

続きを見る

 

 

アクセスがない記事への対応パターン3つ

Notebook Pen Notes Writing - ProdigalSon / Pixabay

アクセスが無い記事への対処方法は、概ね3つに分類されます。

前述した「チェックリスト」と合わせて、以下を確認してみてくださいね

  1. リライトをして再チャレンジする
  2. 検索エンジンの対象から外す
  3. 削除(非公開)にする

 

 

リライトをして再チャレンジする

よほど、キーワード選定がうまく行かない限りは、検索結果に表示されるまで時間がかかります。

筆者の実績では、3ヶ月以上経過してから、突然、検索上位にくる記事もあるので、数週間でリライトするのは絶対にやめましょう(笑)。

ただし、うまく「キーワード戦争」のスキマを突く事ができたら、数十分のうちに検索上位にくることもあるので、必ず検索結果に出てくるか?は確認しましょう。

 

また、リライトをする前提として、記事を書くときには「キーワード選定」をされている事が必要です。

要は、どのような記事を書いて「読者ニーズ」を満たすのか?の戦略が無いと、「何が想定とズレたのか?」が、わからなくなってしまいます。

逆に、この意図が思い出せないような記事は、無理にリライトをせずに、以降の対応にしていきましょう。

Innovation Solution Vision Hand  - geralt / Pixabay
ブログのリライト|検索順位を上げるため【記事の目標】を見直そう

続きを見る

 

 

検索エンジンの対象から外す

実は、ブロブはブログ全体や、記事単体で「検索対象から外す」事が可能です。

記事を大量生産して、すでに稼げているブロガー層からすると「削除すべき」記事になりますが、筆者としては記事内容が客観的みておかしくなければ、「ブログ内の回遊」を目的とした「読み物」として残しておいても良いと思います。

 

記事を削除しない理由

  1. サイト内の滞留時間が増える可能性があるから
  2. ブログ村やピンタレスト、Twitterなど、検索エンジン以外の流入経路の可能性があるから
  3. ブログの影響力が強くなったときに「専門性」や「権威性」を担保できるから

 

要は、SEOで勝てない=削除、では無い、と言う事です。

貴重な時間を費やして作った記事を、SEOの評価だけで削除までしなくてOKです。

段階を踏んで、ソーシャルからのアクセスや、内部リンクから回遊したり「成果報酬」が発生しないか?を試してからでも遅くはありません。

 

記事を検索対象から外す方法

記事を検索対象から外す方法は、非常に簡単です。

お使いのテーマによって、場所や方法が異なりますが、ワードプレスの管理画面から「noindex」に設定し、サーチコンソールで「削除リクエスト」を送るだけです。

 

☑️ワードプレスの設定

■当ブログで使用している有料テーマ「AFFINGER5」なら、記事作成画面の右側にあります。

 

☑️サーチコンソールの設定

■サーチコンソール

①メニュー→②インデックス→③削除→④新しいリクエスト→⑤該当記事のURLを登録して送信

 

 

実は当ブログでは、「FX日記」と言うカテゴリーの記事を、「noindex」扱いに変更しています。

なぜなら、ブログ村の「投資」や「FX」のカテゴリーで、定期的なアクセスがあるからです。

FXとかの取引実績って、その時の結果だけではなく、前後の記事を読んでチャートや相場を確認したいんですよね

単発の記事だけ読んでも、いわゆるアフィリエイト成果は発生しづらいのですが、継続的にFX取引をして「儲けている」事が判断できたら、それが信頼に繋がり「成果発生」するようになってきます。

ただ、内容的には、記事構造やタイトルをあまり変えない方がリピーターになりやすいのですが、SEO的にはあまり良い影響が出ません。

そのため、FX日記は「noindex」の記事にして、内部回遊と検索エンジン以外からの流入用にしています。

 

 

削除(非公開)にする

せっかく時間をかけて書いたブログ記事ですが、前述までの説明とおり、評価の低い記事の「適正な対処」をしないと、ブログ全体の評価が下がり、未来に時間をかけて作成する記事にも影響が出てきます。

残念ですが、ワードプレスの管理画面から記事を非公開設定にし、同様にサーチコンソールからも削除依頼しましょう。

 

ちょっと最後の悪あがき

むぎちゃん
でもなぁ、、、諦めが悪いのかもしれないけど、実際、自分も困ってたテーマなんだよ。。

実は、コレ、筆者です(笑)。

ブログ開始当初から、ブログのカテゴリーやテーマ選びに失敗した事が、54記事もの記事をお蔵入りさせた原因でもあります。

記事自体の質が低くて、自分でも「イマイチだなぁ」と感じる記事は、とりあえず非公開にしてしまいましょう。

 

ただ、最後の悪あがきとしては「アメブロ」や「note」などの、読者コミュニティが形成されている「ブログサービス」に記事移管して見るのも良いかもしれません。

実際、筆者は「ビジネス系ノウハウ」の記事を、noteに移植しています。

理由は、企業や情報機関が発信するジャンルなので、SEOの競争が激しいのと、個人だと権威性が担保できないからです。

ただ、noteに移植した記事にも「読者」がついて、「いいね」をもらったり、時々、noteからの本ブログへのアクセスや被リンクなども獲得しており、まさに「タダでは倒れない」スタンスですね(笑)。

 

 

ブログの記事を【消す】のは正解?SEO対策に必要な3つの方法|まとめ

Chess Game Strategy Think - Peterzikas / Pixabay

今回は、アクセスの無いブログ記事をどのように対処すべきか?削除するのは正しいのか?について説明しました。

もう一度まとめますが、以下の対応をとっていきましょう!

  1. サイト内の滞留時間が増える可能性があるから
  2. ブログ村やピンタレスト、Twitterなど、検索エンジン以外の流入経路の可能性があるから
  3. ブログの影響力が強くなったときに「専門性」や「権威性」を担保できるから

 

筆者も断腸の思いで、54本の記事を非公開にしましたが、結果的には全体のブログサイトの評価も上がり、アクセスも多く増えて、記事の整理をやって良かったと思っています。

また、悪あがきで移植した記事にも、読者がいてくれるのは「救い」ですね(笑)。

正直、記事数が50記事以下だったり、ブログ開始して直後に悩む問題では無いので、記事数の節目と経過期間で、一度じっくり考えてみるようにしてくださいね。

それでは、今回はここまでとします。

-ブログ運営
-,

© 2020 ミライ創造.com