学習

グロービス学び放題|テレワークで崩壊したマネジメントの本質を改善

  1. HOME >
  2. キャリアアップ >
  3. 学習 >

グロービス学び放題|テレワークで崩壊したマネジメントの本質を改善

この記事は【グロービス学び放題】を検討している方、またはグロービス学び放題で学習を開始している方でテレワーク導入によってマネジメントや仕事の成果で悩んでいる方におすすめです

新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入を行う企業が増えていますが、仕事の成果やプロセスに課題を感じている方も多いのではないでしょうか?

また、テレワークの頻度が下がっても仕事の効率が上がらず、組織コミュニケーションの疎通が以前と比べて上手くいかなかないなぁと感じていませんか?

筆者も本業のお仕事で様々な業態の企業とお付き合いがありますが、テレワークを導入しても以前と特に変わらない企業とそうではない企業に分かれていると感じます。

もちろん、物理的に組織メンバーと会えなくなった事が要因で発生する課題もありますが、多くの課題は元々潜在的にあったマネジメントや組織の課題に起因していると感じます。

 

また、テレワークの良い影響として「自分や家族との時間」が増える一方、ライフワークバランスや仕事や会社に対する価値観の変化も背景にあると思います。

本投稿では【グロービス学び放題】の動画の中でも、テレワークを始めとする、今後の組織やマネジメントのあり方に対してヒントになる動画を抜粋しました。

この動画を見る事で、日本社会における働き方の変化と共に、会社や自身がどのように変化・対応して行くか?の基礎的な理論を学べますので、是非、参考にしてみてください。

現役コンサルが厳選|テレワークの課題に立ち向かうおすすめの動画11選

グロービス学び放題には300コース・2,700本もの莫大な数の動画プログラムがあります。

何が役に立つかと聞かれると全て役に立つのですが、その中でもテレワークで浮き彫りになってきたマネジメントや組織課題に対して、現状打破のヒントになりそうな動画を厳選しました。

これらを選んだ理由や根拠、補足をお伝えしたいと思います。

テレワークの弊害|姿が見えなくなるデメリットを理解し新しいマネジメントスキルを身につけよう

 

出典:グロービス学び放題HP_https://hodai.globis.co.jp/course_map

この動画のポイント

以前、別の投稿でもテレワークの導入が進んだ事で、上司や部下、同僚などの直接的な接触が減る事で「間接的マネジメント」の必要性が上がり、求められるマネジメントスキルが以前と比べて格段に上がってきていると説明していました。

▼仕事を終わらせるためのマネジメント|関連記事

 

4つのうち上の2つの動画は、いわゆる「ナレッジ/コミュニケーション」に関する動画になります。

今までの「暗黙」で通じていたコミュニケーションや意思疎通が、テレワークの導入により姿や声色が判断できないことにより、様々な誤解や憶測が生まれるようになったかと思います。

Aさん:この前のアレ、どうなった?

Bさん:ついこないだ、あそこに届いたので言っておきます

など、そもそもこのような会話が成立するのが日本人特有とも言われていますが、姿形が見えない事で、より意思疎通には、より注意が必要になりました。

また、今までの業務が上手く回っていたのは、知識や技術レベルの高い特定の社員の経験や日常的なコミュニケーション・会話などに頼っていた可能性もあります。

これらの動画を見る事で、「漏れや誤解がなく」「一番最適な方法」でどのように業務を進めて行くのか?を分析するヒントになります。

 

下の2つの動画は、お互いの姿が見えなくなる事で「惹きつけるリーダーシップ」だけではなく、メンバーを陰ながら支援して成果を出させて行くようなリーダーシップなど、まさに今の状況に適したマネジメントスタイルのヒントとなる内容になっています。

今までは「オレについて来い!!」のような情緒的なマネジメントやリーダーシップで業務を進めることも出来ましたが、姿が見えなくなる事で効果が半減してしまいます。

今までの良い部分も残しながら、更に「間接的マネジメント」によって、よりチームやメンバーに成果を出させるような自律的な行動を促すためのヒントになると思います。

 

結局「人」です|人をやる気にさせるノウハウは、WEBカメラを通しても変わりません

 

出典:グロービス学び放題HP_https://hodai.globis.co.jp/course_map

この動画のポイント

テレワークの導入が進んで、上司は「姿が見えないので業務がキチンと進んでいるか不安」とお仕事の事を気にする事が多いですが、部下は「管理されない楽さ」を感じる反面、「自分の事をキチンと評価してもらえるのか?」と言う相反する不安を抱えています。

上の2つの動画では、上司もしくはマネジャーに求められることは何か?が説明されています。

リーダシップとマネジメントは同じような捉え方をされますが、マネジャーや管理職は両方とも必要なため混同されている事が多くあります。

 

ただ、筆者がどちらが重要かと聞かれると「リーダーシップ」と答えます。

マネジメントは組織のあり方や個々人の業務スキル、仕事のスタンスによって変化しますが、リーダーシップは「目標」や「理念」など、企業活動の根底となる「ビジョン」を示す必要があります。

テレワークによってマネジメントが上手くいかなくなっている企業は、このビジョンがない、もしくは抽象度が高すぎて判断や行動の拠り所になっていない事が見受けられます。

また、テレワークによってお互いのコミュニケーションや意思疎通が以前より少なくなる事で、組織のメンバーは、より自律的かつ自立した動きをとって行く必要があります。

この動画では、目標や理念のセットと組織として自立した動きを取れるような支援の仕方が学べます。

 

下の2つの動画は個人の特性や能力を知る事や、個々人のパフォーマンスを最大化させるための信頼関係や評価の正当性を出していくための取り組みになります。

従来は、当たり前のように「デスク」に8時間ほど「人」がいて、その時の状況に応じて「仕事」を与えたり入れ替えたりする事が容易でした。

現在は、常に見える場所に「人」がいなく、どの人がどのような仕事をしているのか?が把握しづらくなってきています。

今後は業務内容を明確にして、適正な量を適正な人に割り当てしていく事が重要になってきています。

そのためには、リーダシップやマネジメントの根底には「人を知っている」事が重要になってきますので、是非とも参考にしてみてください。

 

理想の組織とは|アフターコロナを生き抜く自律/自立型の組織

 

出典:グロービス学び放題HP_https://hodai.globis.co.jp/course_map

この動画のポイント

では、今後の激しい生存競争を生き抜き、グローバルでも競争力のある個人・企業に成長していくためには、どのような組織を目指すべきなのでしょうか?

残念ながら、これには決まった答えはありません。

ただ、理想だけ言葉にすると「高い目標」を自ら掲げ「自律/自立したプロ集団」が「お互いを尊重しながらも高めあい」、「高い競争力」と「特別な付加価値」を生み出しながら「市場に最高のサービスやプロダクト」を提供し、目標に向けて「ストイックに仕事に臨み」しかしながら「個々人の幸福度」が高く「会社のバリューに寄り添う」有機的な組織と言うことでしょう。

 

ティール型組織と言う理論は「進化」をしていくため、決まった形やゴールがあるわけではありませんが、現時点で求められる理想的な組織論と言えると思います。

そのためには、下の2つお動画にある「XY論」や「マズローの5段階欲求」のようなベーシックで基礎的な理論を高い次元でクリアしている必要性があります。

もし、会社の機能や組織だけではなく、個人としても高いレベルで意識や行動改革がされ、お互いがエンパワメントしあえる関係性が構築出来たのであれば、そこには既に「テレワーク」と言う課題は些細な障害になるでしょう。

これらの動画を見る事で、冒頭でお伝えした「テレワーク」をきっかけとした課題とは、根底にはテレワークではなく「人」や「組織」のあり方に課題があると気付くためのヒントになります。

是非とも動画を通して、現状の課題の本質を見抜き、より高い次元で、強く競争力のある個人や組織に成長していくためのきっかけとなればと思います。

 

あとがき|テレワークはきっかけにすぎない!根底にある本質的な課題を解決しましょう

いかがでしたか?

グロービス学び放題の動画は非常に役にたつコンテンツが多い反面、全ての動画がすぐに仕事で活用できるチャンスがあるわけではないと思います。

今回ご紹介した11本の動画は、現状のコロナ禍やアフターコロナの世界において、今後必要になってくるであろう人事や組織に関わる学習プログラムをまとめてみました。

冒頭で述べたとおり、コロナやテレワークは本質的な課題を知ることになった「きっかけ」にすぎません。テレワークの課題と言う些細な問題ではなく、個人や企業の成長や改変なくして、今後の激しい生存競争を生き抜くことは困難であると言えるでしょう。

【グロービス学び放題】によって得た知識を、実戦である日々の業務に取り入れて行くことによって、個人や企業の成長を促し、新しい社会に必要な存在となっていくと思います。

是非とも、苦しい状況を打破するためのヒントを得て、いますぐ行動を変えて行きましょう。

 

▼グロービス 学び放題

なんと言っても「学び」は必須です。むしろ一生必要です。コンサルになろうと思うあなたも、そうでないあなたも「自己啓発」をして、自分のステージを上げてみませんか?

また、資料作成が多い方も、基本的なビジネス知識を学ぶことによって、資料作成作業の効率も格段にアップしますので、是非、お試しください。

 

ビジネスマンの学び舎

100万人を超すプロビジネスマンが学んだビジネスノウハウを体験してみませんか?

隙間時間でできる動画学習の決定版「グロービス学び放題」おすすめです!

 

▼関連する記事:コンサルへの道|独立コンサルが教えるビジネスに役立つスキル

Consulting Note Leadership  - geralt / Pixabay
コンサルの仕事|現役コンサルが「独立」の実情をお話します

続きを見る

 

-学習
-, , ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5