学習

グロービス学び放題|閑話|今必要なリーダーシップは鬼滅かエヴァか?

  1. HOME >
  2. キャリアアップ >
  3. 学習 >

グロービス学び放題|閑話|今必要なリーダーシップは鬼滅かエヴァか?

むぎちゃん
テレワークの影響でお仕事がうまく回らなくなってきたよね、、、体は楽だし仕事は前と同じなのになんでなんだろう

 

このような悩みをお持ちの方にアドバイスします

 

☑️本記事の内容

  • グロービス学び放題スペシャルコンテンツ動画「鬼滅vsエヴァ|今必要なリーダーシップはどっち?」の要点を解説
  • 鬼滅の刃とエヴァンゲリオンにおける制作時期と時代背景
  • 筆者が考える今必要なリーダーシップ論|感想とまとめ

 

☑️本記事の信憑性

この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して常に5社くらいの複業をしている「副業」ならぬ、全てが本業の複業家です。

過去に世界有数の一部上場企業(F社やH社)で、「社員教育」や「マニュアル整備」などの実施経験を元に、現在も上場している広告代理店会社の組織課題や人事制度の改訂検討を行っています。

 

現在、新型コロナウィルスの猛威の影響により急速に広がりつつある「テレワーク」ですが、同時に事業立て直しを早急に行う必要がある企業も増えているのではないでしょうか?

今回はグロービス学び放題の中でも、通常のトレーニング動画とは違う「ゆるめ」のスペシャルコンテンツから「今必要なリーダーシップ論」を解説します。

グロービス学び放題|スペシャルコンテンツとは?

グロービス学び放題の基礎情報

  • 株式会社グロービスが提供するビジネスナレッジの「定額制動画学習サービス」
  • グロービスの良質な経営教育コンテンツを手軽に動画で学べる
  • 2020年5末の段階で有料会員数10万人突破

オフラインスクールの累計受講者数17万人、法人向け育成サービス受講者数112万人と言う驚異的なビジネス教育実績のあるグロービス社のノウハウやビジネス知識を効率的に学習する事ができる動画サービスになります。

 

スペシャルコンテンツとは

通常の学習カリキュラムは300コース、2,700本もの動画がありますが、通常の学習カリキュラムとは別で「時事ネタ」や「市況の動き」などをベースにした動画コンテンツなどもあり、比較的ゆるい感じで必要な要点を対談方式で流し見する事ができます。

また、通常は会員制のサイト内でしか試聴できないのですが、一部、Youtbeにも動画がアップされており、今回ご紹介の動画は一般ユーザーでも試聴可能です。

今回、視聴したスペシャルコンテンツ動画はこちら

 

グロービス学び放題スペシャルコンテンツ動画「鬼滅vsエヴァ|今必要なリーダーシップはどっち?」の要点を解説

パス・ゴール理論

鬼滅の刃とエヴァンゲリオンのリーダシップの比較の前に、まずはリーダシップ理論から説明します。

リーダシップ理論の中には「パス・ゴール理論」と言う理論があり、リーダーの行動の取り方とプロセスにおける外的要因を考慮して、いかに成果(ゴール)に導くか?と言うリーダーシップの取り方を整理するための考え方になります。

出典:グロービス公式Youtubeより_https://www.youtube.com/watch?v=-peB3SWaffc

ポイント
  • リーダーの行動には大きく「指示型」「支援型」「参加型」「達成志向型」がある
  • チームや部下をゴールへ導くプロセスにおいて影響を与える外的要因には「市場競争」「経営体制」「組織体制」などがある
  • チームや部下をゴールへ導くプロセスにおいて影響を与える内的要因には「自立性」「経験」「能力」などがある

 

この動画ではパス・ゴール理論を元に、今の混乱した経済や企業内リーダーシップに対して、どのような切り口で必要な成果(=ゴール)に導いていくべきか?を議論しています。

 

鬼滅の刃:本議論での対象人物とリーダーシップタイプ

リーダー

御館様(産屋敷 耀哉:うぶやしき かがや)

リーダーシップタイプ:支援型。元々病弱で自ら動けないと言う理由もあるが、自分がいなくても組織が動き続けて目標達成する事を目指している

 

部下・メンバー

竈門炭治郎(主人公:かまど たんじろう)他、鬼殺隊という「鬼の討伐組織」

メンバーのタイプ:同じ目標を持ち、自己犠牲や苦境に立つことをいとわなく、個々の技術や精神の熟練度や成熟度が高い(稀に例外がいるが)

 

本作品におけるゴール

人食い鬼の撲滅。そのためには元凶である「鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)」と言う鬼の始祖を完全消滅させる必要があり、特殊な武器と技能を身に付ける事によって達成に近づく。

メンバー全員が「鬼」の被害者であり、鬼の撲滅に人生を捧げる覚悟で厳しい修行や危険な任務を遂行する。

 

エヴァンゲリオン:本議論での対象人物とリーダシップタイプ

リーダー

葛城ミサト(かつらぎ みさと)

リーダーシップタイプ:指示型。NERV(ネルフ)と言う組織の戦闘指揮官である29歳の女性。主人公達の保護者役でもある。ナレーションも兼ねておりもう一人の主人公とも言われている。

 

部下・メンバー

碇シンジ(主人公:いかり シンジ)他、「EVA」と言う生体兵器ロボット?を操縦する子供達

メンバーのタイプ:「EVA」と言う生態兵器ロボットの適性者。14歳の少年少女と言う共通点だけで、それぞれ全く異なる性格や行動目的を持っている。基本的にコンプレックス持ち。

 

本作品におけるゴール

世界の人口が半分になるほどの「災禍」があった世界における「謎の敵」からの地球防衛。

NERV(ネルフ)と言う組織における「地球の防衛」と言うゴールとは別に、主人公や他のメンバーは組織におけるゴールを達成することで「個々人の求める異なるゴール」の達成を求めている。
→例えば父親に認められたいなど

 

このように「リーダー」の置かれている立場や目標は同じながらも、様々な背景が異なる作品を比較して、現在の混乱した経済や企業に置き換えて議論がされています。

外的要因の違い

  • エヴァ:敵は何かの目的を持って主人公達の拠点に向かってくる
  • 鬼滅:基本的に複数の鬼がいたる所に不規則に出現し戦力がバラけてしまう環境
  • エヴァ:敵の数が少なく全員のチームプレーで闘う
  • 鬼滅:敵の数も多く個々人がそれぞれ考えながら闘う事が多い(後半は総力戦)

内的要因の違い

  • エヴァ:特に共通する経験や経緯はなく「適正」によって選ばれているため、日々後付けで「動機付け」されて目的意識を統一していく
  • 鬼滅:メンバー全員が同じ経験や経緯があり、同じ目的(復讐)によって自発的に集まってきたメンバーである
  • エヴァ:メンバーは競争社会や生存競争に晒されており、何かしらのコンプレックスや不安を抱えて活動に参加している
  • 鬼滅:比較的平和で平穏に過ごしていた「日常」を壊された事によって、目的達成のためには自己犠牲を前提に「自立・自律」して活動に参加している

 

鬼滅の刃とエヴァンゲリオンにおける制作時期の時代背景

鬼滅刃|時代背景・制作時期

  • 作中の時代背景は「大正時代」で戦後の大正景気があった頃と推測。
  • 作品が描かれたのは「2016年2月15日 - 2020年5月18日」になっており、アベノミクス効果で国内経済や為替相場が回復してきている時勢。
  • 全205話

※流行に乗り遅れて鬼滅の刃を「まとめサイト」でしか見れませんでした。興味が沸いたので時間ある時にまとめて見てみようと思います。

エヴァンゲリオン|時代背景・制作時期

  • 作中の時代背景は「2015年」であるが1995年の作品のため「人類の半数を失った」近未来の設定で描かれている。
  • 作品が描かれたのは「1995年10月4日 - 1996年3月27日」になっており、バブル経済が弾けて経済の混乱や就職氷河期など経済低迷期であった時勢。
  • 全26話

このように作中の主人公が置かれている背景には、その時の現実の経済状況や市況が図らずとも影響しているとも言えます。

この観点で言うと、現在は「鬼滅時代」から新型コロナウィルスによって「エヴァ時代」に移行した時期とも取れるでしょう。

\『FOD』で鬼滅とエヴァを見る|無料お試しキャンペーン

公式ホームページをみる

\『ABEMA』で鬼滅とエヴァを見る|1ヶ月無料体験

公式ホームページをみる

\『U-NEXT』で鬼滅とエヴァを見る|31日間無料お試し

公式ホームページをみる

\『TSUTAYA』で鬼滅とエヴァを見る|30日間無料お試し

公式ホームページをみる

 

筆者が考える今必要なリーダーシップ論

グロービス学び放題の本動画での議論として、どちらが良いと言う結論自体は明確に述べられていません。

どちらかと言うと、新型コロナウィルスの影響で、経済や会社の事業立て直しの必要性などの背景から「エヴァのミサトさん型」の指示型リーダーシップが必要と受け取れる内容でした。

ただし、結論して言及しているのは「状況に合わせた」影響力や行動の変化が必要との事です。

確かにこの時勢では、特に小売業やサービス業は元々資金繰りなどが厳しく、次々と倒産や事業縮小のニュースが相次いでいますので、経営資源や戦力の再整理や棚卸しを行い「生存競争」をかけたスピード感あるリーダーシップが必要という事は納得感があります。

小売業やサービス業では業務やサービスのデジタルシフトが求めらており、特に「コマース事業」に注視していくのはどの企業も共通なのですが、まだ組織やセクションの壁を超えられず、前に進めていない企業も目にします。

このような有事においては、強くリーダーシップをとって舵取りするリーダーが必要と感じます。

 

もう一方で思うのは、過去の金融や不動産などを原因とする経済不況とは異なり、今回の新型コロナウィルスによる災禍は、物理的な経済や活動の抑制だけではなく、消費者やユーザーの行動や意識にまで影響を与えています。

エヴァの設定では、ミサトさんが主人公のシンジ君のモチベーションの低下を、何回も救い出して成果に導いてきました。

今回のような「テレワーク」による距離感のあるマネジメント体制であったり、事業や会社の立て直し方針などの目標の再設定がされていない状況下では、従来と同じようなやり方では仕事の効率や成果が出せなくなっている環境になっていると思います

このような状況下では「一人一人」と向き合って、同じ目標や目的を共有し、それぞれが自発的に自律して行動できる強い組織にしていく事も非常に重要だと思います。

是非とも今必要なリーダーシップの理論を、ご自身の置かれている状況やメンバーの環境に合わせて変化させていく事で「生存競争」で勝てるよう、グロービス学び放題で更なるビジネス知識を得て新しい変化にチャレンジして見てください。

 

▼関連する記事|独立コンサルが伝えたいビジネスに役立つスキル

Consulting Note Leadership  - geralt / Pixabay
コンサルの仕事|現役コンサルが「独立」の実情をお話します

続きを見る

 

\『グロ放題』公式ホームページを見てみる

今なら10日間無料体験キャンペーン

 

 

-学習
-, ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5