FX

FX取引の注文方法|初心者が知っておきたい基本的な注文の種類

  1. HOME >
  2. FXで資産形成 >
  3. FX >

FX取引の注文方法|初心者が知っておきたい基本的な注文の種類

むぎちゃん
FXのやり方を調べてたら、指値とか成行とかいろんな種類の注文方法があるんだね。。。注文の種類によって何が変わるんだろう?

 

このような悩みにお答えします

 

☑️本記事の内容

  • FXの注文方法は「一方通行」ではない
  • FXの注文決済の種類
  • FX取引の注文方法|初心者が知っておきたい基本的な注文の種類|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいのお仕事を「複業」している副業ならぬ「複業家」です。
  • 複業をこなす傍らで、2020年5月からトライオートFXを使った、資産運用に対するテストをしています。
  • いわゆる金融系の視点ではなく「ガチの素人」の視座で、自動売買ツール「トライオートFXの日常」を、日記形式で呟いています。

 

☑️現在の投資状況

  • 現在、90万円でトライオートFXを運用
  • 現在、7ヶ月目の駆け出しトレーダー
  • 豪ドル/NZドルを中心としたスイングトレード
  • 週に1回、週次レポートを発信

 

FX取引はさまざまな注文方法を使い分けて、儲けを出したり損失を抑える工夫が必要です。

自動売買ツールを使っているから関係ないや、、とも行きません。

なぜなら自動売買ツールにも「手動決済」の機能があり、大きな損失を防ぐための英断や大きなチャンスをものにしたり、FX取引の「勝率」に影響を与えるからなんですね。

本投稿ではFX取引における注文方法の基本的な種類を解説します。

基本的な注文方法を知ることで、不測の事態になった時の対応力や取引の情報を確認する際の理解力も上がること間違いなしです。

初心者が理解しづらい「信用取引」についても分かりやすく解説します。

 

 

FXの注文方法は「一方通行」ではない

FXの注文方法は「一方通行」ではない

FXの利益が出る仕組みには、買ってから売り決済する指値注文と、逆に売ってから買い決済する逆指値注文があり、どちらも利益を出すことができます。

買ってから売り決済する指値注文は「安く買って高く売る」事で、その上がり幅の差額が利益になる、、と言うイメージ通りです。

それでは下がりそうなトレンドの時に行う「高い時に売って安くなったら買いもどす」逆指値注文とはどのような仕組みなのでしょうか?

 

逆指値注文で利益が出る仕組み

逆指値注文で利益が出る仕組み

 

むぎちゃん
は?何言ってんの?

 

こう思うのも無理はありません(笑)。

簡単に言うと、全て「想定」で取引が進んでいる事になるんですね。

 

逆指値の仕組みは経過時間を逆にして考えよう

じゃあ買い戻すと、手元に注文が残るんじゃ無いの?

このように考えると思いますが、上記のグラフをいつもとは逆で右から追っていくと、「100円」の時に買って、「110円」で売る、と言う図式になるかと思います。

これであれば「10円」の利益が入ってイメージ通りですね(困惑)!

FXでは当たり前のようになっていてあまり聞きませんが、この取引方法は「空売り」「信用取引」とも言われており、まさに言葉の通り「信用」が無いと成りたたない決済方法ともいえます。

 

メモ

FXや株では相場が上昇していても、下降していても両方向で利益を出す事ができます。そして同じように損失を出す可能性も、両方向ともあると言う事を覚えておきましょう。
※どのようなチャートの動きでも、「儲ける」事ができるのが良いところですね。

 

 

FXの注文決済の種類

FXの注文決済の種類

FXを始めると、遂に自分のお金を投資して取引が始まります。

いつもと違う状況になり意外とあたふたしてしまうので、注文方法の種類や意味を知っておく事でスムーズに動く事ができます。

スポーツ同様イメトレは結構大事です。筋肉(知識)は裏切らないってホントです。

キチンとした基礎用語を身につけて、「意味が分からない事」が無いようにして行きましょう。

 

 

初心者が知っておきたい注文種類と意味

まずは言葉だけでも覚えておきましょう。

自動売買のシステムトレードはややこしい組み合わせの注文を駆使して、人間の何倍ものスピードと演算能力で自動で行ってくれます。

 

初心者でも必ず知っておきたい注文方法3つ

  • 成り行き注文
    >>価格を予め決めずにその時のノリ(価格)で注文する事
  • 指値注文
    >>決めた目標価格で買い(売り)を注文しておく事
  • 逆指値注文
    >>決めた目標価格で取引を止めるため、売り(買い)注文を出しておく事

たったの3つですが、理由がいくつかあります。

まずは基本中の基本なので、FX取引の理解をする上でも言葉と定義を知っておくためにも覚えましょう。

前述の通りFXで利益が出る仕組みは「一方通行」ではない、と言う理由とその根拠になります。

メモ

自動売買ツールが唯一できないことが「勘」「第六感」の察知です。
何か嫌な予感がするな、、と思った時はプログラムをストップしたり、手動で「成行決済」や「指値決済」もできるので、後悔する前に覚えておきましょう!

 

余裕があれば覚えよう|ここが自動決済の真髄です

  • OCO注文
    >>「One cancels the other order」の略で、2方向に分岐させる注文を出し、一方が決まったら片方をキャンセルする注文
  • IFD注文
    >>「If done order」の略で「もしこうなった」ら「こうする」と言う注文を予め指定しておく事
  • IFO注文
    >>OCOとIFD注文のハイブリッドで、2方向に分岐させつつ最終的に取引を終わらせるための「もしこうなったら」の条件を入れておく注文

こちらも前述しましたが、単純な指値/逆指値だけではなく、もし....と言う条件分岐をプログラムとして組み込んだのが「自動売買システム」になります。

例えば筆者が行っているトライオートFXと言う自動売買ツールも、一つの通貨ペア(米ドル/円など)の中には60から100種類にも及ぶ分岐注文が入っています。

この条件分岐の注文も、規則的に設定されている訳ではなく、証券会社やFX会社のアナリストや外部アナリストのノウハウや知見を組み込んでいます。

そのため下手に素人が設定するよりも、勝率の確度が高いとも言えますね。

メモ

別の投稿でも説明した通り、トレーダーはFX会社と取引をしています。FX会社が取引がヘタクソだと倒産してますので、高い勝率が背景にあるとも言えます。

 

 

FX取引の注文方法|初心者が知っておきたい基本的な注文の種類|まとめ

FX取引の注文方法|初心者が知っておきたい基本的な注文の種類|まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々と深く考えてしまうと難しくなってしまいますが、全ての取引をチャートを見ながら目視で手作業をする訳ではありません。

情報を調べてコラムや攻略サイトなどを見つけた際に、言っている意味がわかるように予習するレベルで大丈夫です。

本投稿でも補足したように、戦略も含めて機械が代わりに自動で注文/取引してくれるのが「自動トレード」の良いところになります。

人間の判断や操作が追いつかない部分を機械に頼りつつ、言葉の意味を理解しながら「反省」や「検証」を行うのが人間の役割になります。

システムなんて信用できない!と言う方もいると思いますが、是非システムの良いところも活用して見てはいかがでしょうか?

筆者の自動売買での取引実績にご興味があるかたは、関連記事を読んでみてくださいね。

 

トライオートFXを詳しく調べる

FXにチャレンジ!

※インヴァスト証券ホームページへ

 

-FX
-, , , , , , , ,

© 2021 ミライ創造.blog