副業

おすすめの副業5選| 非IT業界サラリーマンでも在宅で可能です

  1. HOME >
  2. キャリアアップ >
  3. 副業 >

おすすめの副業5選| 非IT業界サラリーマンでも在宅で可能です

むぎちゃん
大手企業も副業やジョブ型雇用を始めてるし、ボクも何かやらなきゃ!

でも、副業って在宅でできるのはエンジニアやIT関連の人たちばっかりだよね、きっと。。

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • サラリーマンにおすすめの副業|オンラインや在宅で稼ぎましょう
  • 副業の目的と将来目標
  • サラリーマンにおすすめの副業5選|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して常に5社くらいの複業をしている「副業」ならぬ全てが本業の「複業家」です。

複業をこなす傍らでブログ運営や、将来の資産形成のために、様々な「稼ぐ」に対するチャレンジをしています。

 

現在、急速に広がりつつある「副業」や「ジョブ型雇用」の波ですが、ITエンジニアやWEB制作関連の方以外でも副業にチャレンジできます。

今回は、営業や総合職、小売業やサービス業など、様々なタイプの職種や職業の方でもチャレンジ可能な在宅でできる副業についてご紹介します。

 

サラリーマンにおすすめの副業|オンラインや在宅で稼ぎましょう

Blogging Blogger Office Business - Free-Photos / Pixabay

Free-Photos / Pixabay

特に非エンジニアのサラリーマンや小売業/製造業、サービス業の方は、デスクに座る以外の仕事も多く、それなりに体力も必要かと思います。

また、シーズンや時間帯での仕事量の緩急が多く、長時間労働になってしまうケースもあり、副業を続けるにあたっては「オンライン」で「在宅でできる」副業をおすすめします。

それでは早速、サラリーマンにおすすめな副業をご紹介します

 

☑️サラリーマンにおすすめの副業5選

  1. ブログ運営
  2. アフィリエイト
  3. WEB制作や動画編集
  4. クラウドソーシング
  5. スキルシェア

 

むぎちゃん
え?いきなり難しそうw しかも何かアヤシイ、、ホント大丈夫なの?

このように感じる方も多いと思いますので、順を追って説明したいと思います。

 

☑️この副業の特徴

まず、①〜⑤までの副業を挙げましたが、⑤から①にいくほど「難易度が高い」「時間がかかる」と言う反面、稼げる額が大きいと捉えてください。

逆に言うと⑤は特別なスキルや経験なくても、取り組む事ができるお手軽な副業になります。

下記は日本でもトップランクのブログ運営をしているブロガーさんですが、月間で300万〜500万稼いでおり、副業しながら実績を積んでいった人も多いです。

 

 

また、②アフィリエイトとは、商品やサービスの紹介で条件成立した時に、支払いがされるフィーの収入になり、ほとんどが「自分でブログを運営している」事が前提条件になります。

そのため「副業初心者」は、特別な技術やスキルの必要性が少ない⑤から副業を開始していくと良いでしょう。

本投稿では、サラリーマンかつ初心者の「実現性」と言う観点で、④と⑤について重点解説します

 

おすすめ5位|スキルシェア|自分の知識や経験をお金に

スキルシェアとはあまり聞いた事がないかもしれませんが、自分の知見や経験を「時間で切り売り」するサービスになります。

転職のような、複雑な職務経歴書や会員登録が不要で、誰でも簡単に自分の持っている「知見」を対価に変える事ができ、わかりやすく言うと短時間のコンサルティングやアドバイザリー業務になります。

事例で言うと「○○の製造で△するコツを知りたい」や「小売業の人事組織の課題を知りたい」のようなビジネス寄りの案件から、「あなたにあったコーディネート選びます」や「会社や上司の愚痴を聞きます」のような、生活に近いような内容まで様々です。

筆者は小売の知識やサプライチェーンの知見、IT系新規事業開発の経験などを活かした、ビジネス寄りのコンサルティングサービスをしています。

 

スキルシェアが副業初心者におすすめな理由なのは「時間をあまりと必要しない」事にあります。

⑤以外の副業は、いわば「作業に対して対価」が支払われますが、スキルシェアは「知識の共有」が対価の源になります。

人によっては案件の獲得に時間がかかる事はありますが、スキマ時間で効率的に副業ができるスキルシェアは、サービスの登録だけでもしておいて損はありません

それでは、スキルシェアに適したサービスを紹介していきます。

 

ビザスク

ビザスクとは、株式会社ビザスク(VisasQ)が運営する、ビジネス系国内最大級の「知見のナレッジシェア」を行う、マッチングプラットホームになります。

アドバイザーと言われる『知識や知見・経験を持った人』と、プロジェクトの進行などで経験や知見が不足している「企業の困り事」の課題解決を行うサービスです。

アドバイザーは会員登録を行い、簡単なプロファイルや経験を入力する事で、運営者から指名依頼が届いたり、自分で興味のある案件に立候補して応募したりなど、双方向でのコミュニケーションが可能です。

筆者も実際にサラリーマン時代からビザスクに登録しており、現在は本業の自分の会社の仕事が忙しいので受ける案件は少ないですが、1時間あたり35,000円の対価で指名依頼の仕事を頂いています。

>>ビザスクに関する記事はこちら

また、運営会社の株式会社ビザスクも、東証マザーズに2020年の3月に上場しており、今後、世界的に広がっていくであろう「スキルシェア」や「ジョブ型雇用」に適したマッチングプラットホームとして期待されています。

いますぐアドバイザー登録をしてみる

ビザスク公式ホームページへ

 

タイムチケット

タイムチケットとは、株式会社グローバルウェイが運営するサービスで、「自分にできる事」を30分単位で「チケット化」し、ユーザーに提供して対価を得るサービスになります。

ビザスクと同様に「できる人」と「必要な人」をマッチングさせるサービスですが、利用者のほとんどが「個人」のため、企業との取引だと緊張してしまうような方には良いと思います。

 

また、個人間のやりとりだと金銭の授受が不安ですが、グローバルウェイ社が仲介して利用者から費用を徴収してチケット販売者が出金できる仕組みになっています。

提供できるサービスとしては、ブログの開設やYoutube動画の加工の仕方、写真のモデルや撮影者としてなど、様々なチケットが販売されています。

 

一昔前は「会って相談する」などの内容が多かったですが、最近はZoomなどのオンラインで相談を聞いたり教えたりするチケットも増えており、より効率的に副業する事ができます。

また、平均的には1時間5,000円くらいの収益が多いと思いますが、内容によってユーザーが集まるコンテンツが異なるので、自分のスキルや経験にあったチケットを提供できるのであればおすすめです。

婚活や英会話、カウンセリングなどが手堅い領域になってそうですが、トップページに集まっているチケット(案件)が、若年層向けが多いので「若いなぁ」と引いてしまいそうですが、よく探すと社会人向けのチケットもありますので、一定のニーズは満たせると思います。

 

ココナラ

ココナラは株式会社ココナラが運営するサービスで、タイムチケット同様に自分の時間を500円から切り売りする事が特徴になっています。

タイムチケットと異なる点は、30分単位のように時間を区切ってする仕事ではないので、500円でも良いから確実に稼いで見たいと言うお試しユーザーにも最適です。

 

また、タイムチケットと比較して、サービスサイトの作りや見た目が、やや「ビジネス寄り」であることも特徴です。

時間の切り売りする際は、自分が売り出すコンテンツによって「ココナラ」と「タイムチケット」を使い分けする事が、成約率を高めていくコツになります。

自分にあったサービスに受注や問い合わせが寄っていきますので、適性がわかって来たら片方に集中する方が効果的になります。

 

いますぐ無料会員登録をしてみる

ココナラ公式ホームページへ

 

スキルシェアのまとめ

スキルシェアのまとめですが、3つとも無料で会員登録をして自分のスキルを活用すると言う点では同様ですが、時間の使い方などに差があります。

  • ビザスク:純粋に「スキル」や「知見」のシェアを行い、時間も1時間程度で短く報酬単価は高い
  • タイムチケット:スキルや知識のシェアの中でも「教える」と言う意味合いが強く、継続的にユーザーを集めるにはノウハウ化やインフルエンサー要素も必要
  • ココナラ:スキルシェアをフックにした「作業代行」が多く、時間の縛りをあまり気にせずに自分のできる作業を獲得する

このような分類になりますが、どれもメリットやデメリットがありますので、登録自体は無料なのでリサーチを兼ねて会員登録しておく事をおすすめします。

 

おすすめ4位|クラウドソーシング|月5万円を目指そう

クラウドソーシングとは、様々な企業のお仕事案件をインターネットに取りまとめて、働きたい人とマッチングさせるサービスです。

クラウドソーシングで副業を行うのであれば、会員登録者数355万人、クライアント社数60万社を誇る日本最大級のクラウドソーシングサービスの大手であるクラウドワークスへの登録をおすすめします。

クラウドワークス

出典:クラウドワークス_HP:https://crowdworks.jp/

仕事内容はアルバイトと似ていますが、クラウドソーシングでは個別企業が雇い主になるのではなく、クラウドワークス社が仲介をして、仕事えらびやマッチング、決済や支払いなどをしてくれます。

そのため、仕事をするごとに履歴書を準備したり、面接にいったりしなくても良いので、非常に効率的に副業を探して実践する事ができます。

また、スマートフォンやアプリで簡単に仕事探しや管理ができるので、スキマ時間に副業検索やクライアントとのやりとりもできておすすめです。

また、仕事内容は事務系の仕事から画像制作、提案資料の作成まで、本業の経験を生かす事ができる内容も多く、どんな人でも必ず自分にあった副業が見つかります。

また報酬は時給単価で1,000円くらいの案件から、一つの案件で30万のような仕事もありますので、自分のスキルや副業に充てられる時間を考えて選んで見ましょう。

 

ただし、本業をしながらの副業だと、どうしても時間や時間帯に制限があるので、現実的に高額な案件は「フリーランス」のクラウドワーカーが優先となってしまいますので、時給単価で週に数時間副業をすると、月に5万〜15万以内と考えた方が良いでしょう。

また、仕事の内容は様々ですが、おすすめの副業でブログ運営やアフィリエイトに興味がある方は「データ入力」系のお仕事の中でも「商品レビュー」や「アンケートへの回答」、「メディア記事の作成」などにチャレンジして見てください。

>>クラウドワークスに関する記事をみる

特別なスキルや経験なく始める事ができ、テーマによっては自分の本業や趣味が活かせて、ブログ運営の基本である「ライティング」の能力が身につくのでおすすめです。

 

無料で会員登録してみる

クラウドワークス公式ホームページへ

 

おすすめ3位|WEB制作や動画編集

こちらはブログやメディア運営の立ち上げや、クラウドワークスでの副業を通して「スキルアップ」した過程で実施できるようになります。

自分で教材を買ったりスクールで学ぶ事も可能ですが、適性があるかどうか?や、競合が多いプログラミング領域でいきなり副業をするのは確実性が低いのでおすすめしません。
※もちろん経験者や本業に近い方は最もおすすめです。本投稿では営業職や非IT系の出身の方を想定したおすすめのため優先度を下げています。

 

ただし、将来的に職種や業界を変えて転職や副業を考えている方は、プログラミング領域の学習は非常におすすめです。

世界中どこにいても仕事に困る事はなくなるでしょうし、時間も有効に使えるのは魅力的です。

 

もしプログラミングを学びたいのであれば、スクールにいくとかなり費用も高くなり、時間も制約が出てしまうので、今話題の「SkillHacks(スキルハックス) 」で学ぶのがおすすめです。

スキルハックスの迫さんは書籍を出したり、Twitterのビジネスアカウントで毎日のようにつぶやいていますので「顔が見える」人の教材と言うのは安心感もあります。

スキルハックス|プログラミング学習

スキルハックスでプログラミングを学ぶ

公式ホームページはこちらから

 

おすすめ2位|アフィリエイト

アフィリエイトで収益を得る仕組みは少々複雑ですが「あなた」が注力すべきは以下になります。

  • 広告代理店を通した「販売する商材」の検索
  • 良質なブログを運営して「ファン」を集める
  • ユーザーのニーズを読み取り商材を購入してもらう

ブログの運営には、専門的なIT知識や技術はほとんど不要ですが、ライティングのスキルやマーケティングの知識、何よりも根気の必要な作業と時間が必要になります。

Article Blog Newsletter Press  - viarami / Pixabay
ブログの書き方|2つのライティングスキルでブログ収益化を目指そう

続きを見る

 

一般的に、ブログが1万円以上の収益を得るようになるには半年以上とも言われており、いますぐお金が欲しい人には不向きになります。

反面、一定以上のユーザーが集まって来たら、ブログの更新頻度を下げても定期的に収益が得られるようになってきて、「将来資産」が構築できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

 

おすすめ1位|ブログ運営

冒頭でも紹介した通り副業の最高峰と言えるのが「ブログ運営」です。

おそらく⑤から順に積み上げてきて、長い道のりと苦難の末にやっと①に至ります。

もし、ブログ運営に興味があるのであれば、以下の記事をお読みください。

Blogging Blog Office Computer  - bossytutu / Pixabay
ブログの始め方|収益化ブログを目指すならワードプレス一択な件

続きを見る

 

ブログ運営での収益が成り立つと、以下の事が実現できて、さらに相乗効果で収益を上げていく事も可能になります。

  • ブログ運営が安定すると労働時間や働く場所に制限がなくなり「時間」が増える
  • 増えた時間でさらに新しい取り組みや「学習」に時間を使える
  • ブログに集客できるので、広告主から直接、広告を依頼されたり執筆などの仕事がもらえる
  • ブログで得たマーケティング知識やノウハウを人に教えて収益を得る事ができる
  • さらに大きな収益に膨らませていく事ができる

 

 

副業の目的と将来目標について

Israel Road Goal Asphalt Landscape - mefiblogger / Pixabay

mefiblogger / Pixabay

長い目で見た副業の意義

ここで、もう一度、副業をする目的に戻って考えて欲しい事があります。

下記の選択肢だとどれに当てはまりますか?

  1. 今は特に困ってないけど将来的に不安だから
  2. 会社の業績悪化などでボーナスや給与が下がって直ぐにお金が必要
  3. いつ会社が倒産するか不安なので予防線を張っておきたい

 

まず、③で緊急度が高そうな場合は、いますぐ有給休暇をとって転職活動の傍らで、ガッツリ稼ぐ在宅ワークを探す事がおすすめです。単価が低くても、とにかくやりましょう。

ただ、次の仕事が見つかるまでの暫定処置として捉えた方が良いでしょう。

 

①②に関しては、ちょっと辛いかもしれませんが、データ入力の仕事を中心として経験を積み上げていく事をおすすめします。

データ入力の仕事は一見、単純作業で何のスキルも必要なさそうな印象がありますが、仕事の中に「商品レビュー」や「情報収集やまとめ」「文字起こし」などの仕事があります。

平均的な時給換算すると1,000円前後になりますが、なぜおすすめなのか?を説明した記事がありますのでご覧ください。

Entrepreneur Startup Start Up Man  - StartupStockPhotos / Pixabay
クラウドワークスとは?|副業プロの複業家がおすすめの仕事を解説

続きを見る

 

要約すると、スキルや経験が積めず、将来資産が積み上がらない副業は「ティッシュ配り」や「内職」で小遣いを稼いでいるのと変わらないため、長い目で見ておすすめしないという理由になります。

 

初期投資が少なく、高い報酬を狙える副業は「ブログ運営」や「アフィリエイト」になります

 

最大のリスクが「時間」と「労力」が異常にかかる事ですが、そのうち行き着く可能性があるのであれば、早いうちからライティングスキルやブログの代筆などで経験を積む方が良いでしょう。

始めは商品レビューやアンケートに答えるような短時間で終わる案件をやってみながら、最終的には自分の本業や経験のあるジャンルで記事を書く事に繋がるとライティングの仕事が楽しくなってきますので、焦らずに楽しめる範囲で行う事が副業のコツとも言えます。

 

サラリーマンにおすすめの副業5選|まとめ

むぎちゃん
けっこう、いっぱいあったのでまとめまーす!

 

サラリーマンにおすすめの副業5選

  1. ブログ運営
  2. アフィリエイト
  3. WEB制作や動画編集:「SkillHacks(スキルハックス)
  4. クラウドソーシング:「クラウドワークス
  5. スキルシェア:「ビザスク」ココナラ」「タイムチケット

 

筆者はサラリーマン時代の後半に、ビザスクでクライアントを紹介してもらうコンサルティングサービスの副業をしていました。

比較的、自由に動ける立場だったので休憩時間や就業前後の時間を活用をして、月に大体10万円前後を稼いでいましたが、副業をしようと思ったきっかけはやはり将来に対する不安でした。

当時は、社内のプロジェクト推進や横断的な仕事、資料作成や企画提案などがメインの仕事でした。

プログラミングやWEBの知識はほとんどなく、同じ業界での転職しか仕事を変える方法を考えていませんでしたが、副業をするうちに自分の新しい価値観や強みを発見していき、今に至っています。

その後、独立した背景には、会社員で月給を5万あげるのは難しいけど、副業で10万稼ぐのは全然可能、と言うことを理解したためになります。

副業を始めることで収入以外にも新しい発見がありますので、是非、この機会にチャレンジして見てください。

-副業
-, ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5