副業

クラウドワークスとは?|副業プロの複業家がおすすめの仕事を解説

  1. HOME >
  2. キャリアアップ >
  3. 副業 >

クラウドワークスとは?|副業プロの複業家がおすすめの仕事を解説

むぎちゃん
世の中、テレワークが普及して副業ブームだけど、通勤時間が減って時間はあるから新しい取り組みにチャレンジしてみたいなぁ

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • クラウドワークスの基本情報
  • クラウドワークスのおすすめポイント
  • クラウドワークスの仕事内容を解説

 

☑️本記事の信憑性

この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して常に5社くらいの複業をしている「副業」ならぬ、全てが本業の複業家です。

複業をこなす傍らで、ブログ運営や作業の多い仕事を、外注する立場としてもクラウドワークスのサービスを利用しています。

 

現在、急速に広がりつつある「副業」や「ジョブ型雇用」の波ですが、ITエンジニアやWEB制作関連の方以外でも副業にチャレンジできます。

今回は副業マッチングサービスの中でも国内最大級のクラウドワークスについてご紹介したいと思います。

クラウドワークスとは?|会社の基本情報

 

クラウドワークス会社概要|2014年にマザーズに上場しています

出典:株式会社クラウドワークス_HP

運営会社

 

クラウドワークスとは、株式会社クラウドワークスが運営する国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

登録者数とクライアントの数が非常に多く「仕事を依頼したい人」と「仕事を受けたい人」がインターネット上で効率よくマッチングできるサービスになっています。

また2020年6月末の会員数は380万人を見込んでおり、コロナ禍の影響で前年同期比で+35%もの会員登録増になっています。

 

サービスのメニュー

 

クラウドワークス|サービスの種類

クラウドワークスには様々な種類のサービスがあります。副業からエンジニアやフリーランスまで全て網羅してます。

会員登録者数355万人、クライアント社数60万社を誇る「CrowdWorks」の他にもスキル別やフリーランス支援のサービスもあり、最も有効稼働数が多いと推測できますので、必ず実施可能な仕事と出会えるかと思います。

 

サスティナビリティの取り組み

 

クラウドワークスのサスティナビリティ

地球上の誰一人仕事がない状態を発生させないと言う事業コンセプトがあります。

地球上の誰一人として取り残さない世界へ」と言う、年齢や性別、地域や出自などを問わない、職に対する公平な世界観の実現を目指している企業になります。

さらに副業とは別ですが、クラウドワークスにはフリーランスライフサポートという制度があります。

一定の基準をクリアすると無料で福利厚生を得ることができる独自サービスで「スキルアップ支援」や「確定申告」「法律相談」などを無料で行なっています。

他にも住宅控除や育児サポートなど、下手なブラック企業よりも充実した福利厚生が整っており、一定の基準をみたす必要はありますが、非常に手厚いサービスとも言えます。

 

無料で会員登録をしてみる

公式ホームページはこちらから

 

 

クラウドワークスのおすすめポイント|仕事してスキルも学べるってホント?

 

ライティングのお仕事はマニュアル共有や添削がある事も

仕事の種類で比較的多いのが「ライティング」や「記事作成」の仕事になります。

初めからインターネット上の専門的な知識は不要で、ワードなどのファイルで納品するケースが多く、主に経験に基づいた所見やレビューなどを書くお仕事になります。

その際、ライティングをする際に必要な知識を「マニュアル」として共有してくれたり、納品前に記事の内容を添削してくれたりなど、仕事を学びながらスキルや経験がアップしていく事で、より単価の高い案件にチャレンジできるようになります。

 

スマホ一つでお仕事が探せてクライアントとやりとりができる

フリーランスに関わらず副業や独立の一番のハードルは「営業活動による案件獲得」になります。一番難しい営業代行をクラウドワークスが実施してくれますので安心して作業に集中できます。

ただし、クラウドワークスの主な収入源は仕事の紹介フィーになっていますので、受けた仕事の数%は手数料で取られてしまいますが、足を運んで闇雲に営業活動するよりも効率的で、精神的にも非常に楽になります。

また、1案件30分でできるような仕事もあり、まさに通勤途中やテレワークの合間での実施もできますので、より新しい仕事に出会えるチャンスが広がります。

 

クラウドワークスの仕事形式を解説|何事もチャレンジ

クラウドワークスの仕事には大きく「タスク」「コンペ」「プロジェクト」の3タイプの仕事形式があります。そのうち、プロジェクトは「固定報酬」と「時間単価制」に分かれているのが特徴です。

まずはこの3つの仕事形式について説明します。

タスク型

タスク型の仕事は、アンケートへの回答や、300〜500文字くらいの商品レビュー記事を書いたりなど、比較的簡単で確実に稼げる仕事内容が多いです。

数ある仕事の中で見つける割合も多く、すぐにできる仕事が多いです。

始めの報酬は低いですが、クラウドワークスの仕組みや報酬や支払いなどの運用を理解する上でも、一番始めに試してみるのが良いでしょう。

コンペ型

こちらは資料作成やレビューなどプロセスに時間がかかる仕事ではなく、会社のアイコンやロゴ、ブログのアイコン作成、チラシのキャッチコピーなど、先にアイディアを出して採用されたら報酬が支払われる仕事形式になっています。

提案が採用されるかはクラアインと次第になりますが、急ぎの案件やデザインやキャッチコピーのアイディアがある場合は有利です。

また、タスク型と比較しても単純作業+αの仕事内容のため、報酬が高い案件もあります。

文系や営業系の方でも店舗の販促物やPOPなどを作った経験がある方ならアイディア出しなどはできそうです。

プロジェクト型

こちらは報酬体系が2タイプあって「時間単価制」と「固定報酬」の案件があります。

IT系だとWEBデザインやホームページ制作などがありますが、営業系でも「提案資料作成」などの仕事もあります。

基本的位は発注者であるクライアントと1体1で複数回のコミュニケーションを通して完成させていくイメージで、途中でクライアント希望で仕様が変わったりなどするケースでは時間単価で報酬額が増えて行きます。

また、他のプロジェクトと比較して期間が長い事が多いので、計画的に安定した時間確保ができないと納期に間に合わないなどのトラブルになるケースがあるので気をつけましょう。

 

固定報酬とは?|クライアント側の視点で補足

募集一覧に表示される「固定報酬〇〇円」は、クライアントサイドが募集内容を入力する際に「予算」として設定します。

自由入力もできますが、1万~2万などの設定などあります。

そのため、募集人数が5人などの複数人の案件は「5人の合計金額」として設定されてしまうことが多いため、時給単価計算や金額に違和感がある時はクライアントに必ず確認しましょう。

ひとめを引くために多く見せていパターンもあるため要注意です

 

クラウドワークス|仕事の種類

クラウドワークスにはスキルや仕事の系統で、9つに分けられたカテゴリーがあります。

さらにこのカテゴリー内にも、それこそ千差万別で多くの種類の仕事が掲載されています。

クラウドワークスの仕事の分類

クラウドワークスには経験のいらない事務作業から経験を生かした在宅ワークまで多数、揃っています。

出典:クラウドワークス_HP:https://crowdworks.jp/

 

事務作業のお仕事

単価が低めですが、一定量の仕事があり確実に稼ぐ事ができます。

オンラインの事務支援などは単価が高いですが、月内で一定の時間帯や時間が拘束される案件が多いため、副業にはあまり向かないかもしれません。フリーランスや主婦の方などは良いかと思います。

デザインの発注

こちらの仕事はアイディアだけではなく、ある程度、実務経験がある方が有利です。

特にデザインコンペなどは業界によって好まれるデザインやクリエイティブの傾向があるので、より発注者の意図や背景が汲み取れる方が良いと思います。

また、営業資料作成なども、普段から会社で議事録や日報や週報などを作成している場合、作業をする際にスムーズに進みます。

おすすめの発注

WEBのコンテンツ制作やホームページ作成など「ザ副業!」という仕事内容が多いです。

慣れや経験は必要すが、毎月、5万〜20万くらいの収入アップを見込む場合、案件が一つ取れたら目標達成しますので、チャンレンジして行きたいジャンルではあります。

また、非IT系でも「WordPress」を使ったホームページ作成などは、自分で経験があれば簡単なものなら受ける事ができると思います。

無料で会員登録をしてみる

公式ホームページはこちらから

 

長い目で見たおすすめの副業

ここで、もう一度、副業をする目的に戻って考えて欲しい事があります。

下記の選択肢だとどれに当てはまりますか?

  1. 今は特に困ってないけど将来的に不安だから
  2. 会社の業績悪化などでボーナスや給与が下がって直ぐにお金が必要
  3. いつ会社が倒産するか不安なので予防線を張っておきたい

 

まず、③で緊急度が高そうな場合は、いますぐ有給休暇をとって転職活動の傍らでガッツリ稼ぐ在宅ワークを探す事がおすすめです。単価が低くても、とにかくやりましょう。

ただ、次の仕事が見つかるまでの暫定処置として捉えた方が良いでしょう。

 

①②に関しては、ちょっと辛いかもしれませんがデータ入力の仕事を中心として経験を積み上げていく事をおすすめします。

データ入力の仕事は一見、単純作業で何のスキルも必要なさそうな印象がありますが、仕事の中に「商品レビュー」や「情報収集やまとめ」「文字起こし」などの仕事があります。

ただ、平均的な時給換算すると1,000円前後になりますが、なぜおすすめなのか?を説明したいと思います。

 

おすすめの理由
  • 作業に慣れる事で実施できる量が増える=収入が増える
  • 経験を積む事で単価のアップが狙える=収入が増え効率が上がる
  • 文章能力などが身につき本業でも生かせる=本業の評価が上がる可能性
  • 最終的に「もっと稼ぐ」場合、ブログやアフィリエイトに行き着く=ライティングは必ず必要な基礎スキル

 

上記が理由です。

もちろん、他のカテゴリーの仕事も「稼ぐ」という事に問題がある訳でもなく、むしろ短期的には稼げる案件も多いです。

ただ、スキルや経験が積めず、将来資産が積み上がらない副業は「ティッシュ配り」や「内職」で小遣いを稼いでいるのと変わらないため、長い目で見ておすすめしないという理由になります。

 

初期投資が少なく高い報酬を狙える副業は「ブログ運営」や「アフィリエイト」になります。

最大のリスクが「時間」と「労力」が異常にかかる事ですが、そのうち行き着く可能性があるのであれば、早いうちからライティングスキルやブログの代筆などで経験を積む方が良いでしょう。

始めは商品レビューやアンケートに答えるような、短時間で終わる案件をやって見ながら、最終的には自分の本業や経験のあるジャンルで記事を書く事に繋がると、ライティングの仕事が楽しくなってきますが、焦らずに楽しめる範囲で行う事がコツとも言えます。

 

逆に1ヶ月や数週間で「儲かるノウハウ教えます」的な教材やセミナーは、初心者は特に避けた方が良いと思います。

様々なジャンルの副業や学習にチャレンジしてみて「本当に必要」だと思った時に、教材やスクールなどを探すのでも遅くはありません。その時は情報の見極めなどができるようになっていると思います。

 

無料で会員登録をしてみる

公式ホームページはこちらから

 

まとめ|クラウドワークスは副業初心者の強い味方です

今回はクラウドワークスの基本情報や仕事内容をご紹介しました。

最近は在宅でのテレワークや副業を認める企業も増えてきましたが、反対に成果主義へ企業の評価基準が向かっていくと言う事はスキルや仕事のパフォーマンスが出ないと会社における将来性を閉ざしてしまう危険性があります。

クラウドワークスは様々な職種や種類の仕事があり、短時間でも取り組みが可能です。

自分の市場価値の見極めや、自分の会社以外の収益発生のビジネスモデルを学ぶ意味でも、経験して損はありません。

是非とも新しい自分を発見するきっかけとしてもチャンレンジしてみてください。

-副業
-, ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5