副業

ビザスクの評判やニュースまとめ|市場評価も高い副業時代のリーダー

  1. HOME >
  2. キャリアアップ >
  3. 副業 >

ビザスクの評判やニュースまとめ|市場評価も高い副業時代のリーダー

むぎちゃん
ビザスクって、比較的新しい会社らしいけど、業績やサービスの評判ってどうなんだろう?
ビザスクアドバイザーになる前に、情報を集めて判断材料にしたいです!!

 

こんな悩みをお持ちの方へ実体験を元にお答えします

 

☑️本記事の内容

  • ビザスクってどんな会社?サービスの特徴も解説
  • ビザスクに関するニュースや評判と考察
  • ビザスクの評判やニュースまとめ|市場評価も高い副業時代のリーダー|あとがき

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしています。
  • 複業をこなす傍らでブログ運営や、ビザスクのスポットコンサルを、月に1回くらいのペースで行っており、3年間の受注回数は30回ほどです(2019年はほぼお休みしてました)。

 

「今どきちょっと古いよね」

時代が移り変わり、『インターネットやWEBの勉強しておけば良かった。。』と嘆いていませんか?

インターネット事業やITサービスが旺盛な現代ですが、最終的にはビジネスの原理原則や、人や組織のあり方の課題に行きついて、経験や知見がある人の助力が必要な状況が発生します。

近年、厚生労働省が「モデル就業規則」を改訂して、副業が認められるようになりましたが、週末コンサルのようにスキマ時間を活用した、スキルシェアの副業が注目されています。

スキルシェアプラットホームで注目されているビザスクですが、どのような会社で、どのようなサービスを展開しているのか?を、ビザスク利用歴3年の筆者が解説します。

サラリーマン人生の「経験や知見」を生かして、新しい発見をするためのチャレンジをしてみませんか?

 

 

ビザスクってどんな会社?サービスの特徴も解説

ビザスクってどんな会社?サービスの特徴も解説

ビザスク(visasQ)とは、株式会社ビザスクが運営する、依頼者となる企業や個人の事業課題に対して、「知見や経験」をもつアドバイザーが、適切なアドバイスを行うための「マッチングプラットホーム」です。

 

ビザスクの会社概要

ビザスクの会社概要

ビザスクは創業が2012年の比較的若い会社ですが、2020年3月には東証マザーズに上場し、上場時の評価額が170億円もの規模になった、期待のコンサルティングプラットホームです。

現在はシンガポールに支社を設立し、同サービスのグローバル化を推進しており、株式市場や事業提携などニュースや話題に事足りない企業になっています。

 

ビザスクのサービスメニュー

ビザスクのサービスメニュー

ビザスクのコンサルサービスは、ユーザーインタビューや市場調査を目的とした「企業からのヒヤリング依頼」に対して、アドバイザーは自身の経験や知見をシェアして、課題解決のためのヒントやノウハウを提供します。

そのため長期プロジェクトで、大枚をはたいてコンサルファームに業務委託ができない企業でも、短時間のスポットコンサルティングで、現状の課題や解決のためのヒントやアドバイスを得て、社内プロジェクトの意思決定や判断が、スムーズになります。

 

メモ

外資系や有名コンサルファームにコンサル依頼をすると、毎月100万単位の費用が発生することも多く、自社プロジェクト体制が整っているなら、短時間でノウハウを得るスポットコンサルは効果的ですね。

 

アドバイザーも最低限の情報登録は必要ですが、誰でも無料で「コンサルタント」になれますよ!

自分の経験や知見を整理して、自分にできる事を登録フォームに入力しておく事で、気になる案件の立候補・提案や、経験を元に企業やビザスク営業チームからのオファーが届くようになります。

経験している業種や、現在の職種や職階などによっても、案件の成約しやすさが変わってくるため、詳しい内容は過去の記事でご確認ください。

 

無料でアドバイザー登録

今すぐ登録する

※ビザスク公式ホームページへ

 

 

ビザスクに関するニュースや評判と考察

ビザスクに関するニュースや評判と考察

むぎちゃん
話題のビザスクニュースを、トピック別にまとめまーす!

 

事業提携やサービス協業

事業提携やサービス協業で多い話題が、新規事業や新規サービス・ソリューション開発のための、エンジニアリングマッチングです。

普段の企業案件では、IT/テック系の案件が少なめですが、事業提携やサービス連携による「人材や情報ナレッジシェア」のスピードを上げ、新規事業を後押しする支援を整えるサービスを展開しているようです。

ネームバリューの高い会社とコラボレーションを進めていますが、逆に言うとネームバリューの高い会社自体も、会社の殻を破り、新しいサービスや収益源の開発を模索しているとも取れますね。

 

メモ

企業や組織体が大きくなると、足元の業績に引っ張られて新しい取り組みができなくなるため、他社と協業する事で意思決定や判断、体制などを切り分けてプロジェクトを進められるメリットがありそうです。

 

 

ビザスクの株式やIR系ニュース

 

2020年の3月にマザース上場以降、市場からの期待値が継続的に高いビザスクですが、テレワークの普及をきっかけにさらに事業加速している様子です。

筆者がビザスクを利用し始めた頃は、クライアントの会社への訪問や、カフェなど外部での対面打ち合わせが主流でしたが、現在の案件はZoomやMicrosoftTermsなどのWEB会議サービスを利用して、テレカンでのコンサル対応が主流になっています。

このような背景になると、知見や知識のシェアを行うアドバイザーだけではなく、依頼主である企業も一気にグローバル化が進んでいきます。

現在や言語の壁はありますが、そのうちビザスクの運営で「通訳オプション」などの追加サービスが出てくるのでは?と予想しています。

メモ

近い将来、翻訳や通訳のスキルを持っている人も同時にアサインされて、サービスに新しい付加価値や需要が出てくるかもしれませんね。

 

 

利用者の声(Twitter)

このテキストは最後に消して下さい(50%)

このテキストは最後に消して下さい(50%)

このテキストは最後に消して下さい(50%)

このテキストは最後に消して下さい(50%)

 

 

Twitterでのビザスクの話題は、株式や投資家の情報発信や、案件募集の案内、アドバイザーがサービスを使ってみた感想が多いようです。

株式の推移も堅調ですし、案件がマッチングされた人の感想なので、概ね高評価であると感じます。

また、某クラウドソーシングサイトのような、報酬未承認や受託相場が低いなどのネガティブなコメントが少ないのは、クライアント自体がしっかりとした企業であったり、アドバイザーも高単価な報酬に見合うスキルや経験をもったビジネスパーソンである事が伺えます。

Consulting Hiring Board Executive  - Tumisu / Pixabay
ビザスクが稼げない?|スポットコンサルで知見や経験を【10万円】に

続きを見る

 

 

ビザスクの評判やニュースまとめ|市場評価も高い副業時代のリーダー|あとがき

Skills Can Startup Start Up - geralt / Pixabay

今回の投稿では、ビザスクの会社や利用者の評判について、まとめて解説しました。

筆者の経歴もそうなのですが、一見、特殊で変わった経歴やポジション・役割だったり、どこの会社でもぶつかる壁や修羅場を乗り越えてきた経験が生きているケースが多いと感じます。

もしかしたら、現在の会社では希少な価値に気づかれずに、埋もれているかもしれない人材像を上げてみました。

  • 上司や会社と意見が合いづらいが、一匹狼の実力一本で仕事をしてきた人
  • 上司や役員の便利なコマとして、様々なプロジェクトに参加している器用貧乏な人
  • 最新の業務フローについていけてないが、昔はバリバリのプレイングマネジャーだった人

 

厚生労働省が「モデル就業規則」を改定し、副業に対する門戸が広くなりつつありますが、ジョブ型雇用や能力主義がますます優位になり、終身雇用制度や社内教育制度が衰退していく可能性があります。

ただし、所属企業や自分自身も「その人の価値」を発見できていないだけで、隠れた価値や、思わぬ企業や業態からのニーズがあるかもしれません。

筆者が考える、ビザスクのサービスを利用するメリットに「市場価値の確認」や「自己能力の棚卸し」などがあり、転職などのリスクを負う前に、自分の強みや市場価値を「単価として」見極めできる事があります。

是非、この機会にビザスクを利用して、新しい自分の価値や強みを発見し、豊かなライフスタイルを支える副収入獲得のきっかけになる手助けができると嬉しいです。

それでは、今回はここまでとします。

無料でアドバイザー登録

今すぐ登録する

※ビザスク公式ホームページへ

 

-副業
-,

© 2020 ミライ創造.com