ブログ運営

ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説

むぎちゃん
ブログ記事を書くときに、ラッコキーワードが便利と聞いたんだけど、、ラッコキーワードの使い方と、記事作成の方法を知りたいです!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • ラッコキーワードの使い方|何ができるか知ってますか?
  • ラッコキーワードの登録方法
  • ラッコキーワードの上手な使い方
  • ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素だけを抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

 

 

ブログ記事作成にはキーワード調査が必要です。

なぜならキーワード選定を行わずタイトル付けや記事作成をしても、検索エンジンからのアクセスが見込めなくなるからです。

キーワード選定にはGoogleやYahooの検索エンジンから、関連キーワードを取得できる「ラッコキーワード」がとても便利です。

他にも同様のツールはありますが、ラッコキーワードはシンプルでデータの読み込みが速く、Google以外の検索エンジンにも対応し、有料ツール顔負けの機能があります。

2020年の夏からサービスのバージョンアップを繰り返し、ブロガーだけではなくWEBマーケター必須ツールの「ラッコキーワード」ですが、今後ますます目が離せない「無料ツール」です。

本投稿では、ブログやメディアの記事作成のときに欠かせない「キーワード選定」のやり方を事例に、ラッコキーワードの主要な機能を解説します。

 

 

☑️ラッコキーワードが紹介されたYoutube動画「ブログ記事_書き方講座_第1回」

>>マナブさんが運営するブログはこちらから→「manablog」へ移動

 

 

ラッコキーワードの使い方|何ができるか知ってますか?

ラッコキーワードの使い方|何ができるか知ってますか?

 

ラッコキーワードって何?

ラッコキーワードは、株式会社シンクラフトが運営するサービスのひとつで、GoogleやYahooの検索エンジンの関連キーワードを取得するサービスです。

2020年の夏くらいまでは「関連キーワード取得ツール」という、ちょっとお堅い名称のβ版WEBサービスでしたが、利用者が多くなり「ラッコキーワード」としてリニューアルされました。

メモ

リニューアル後は運営会社も積極的にサービス拡充をしており、WEBサイトの売買やメディアの譲渡、他社のサービスの取り込みをしています。

 

 

ラッコキーワードの特徴

ラッコキーワードの特徴|サジェストワードの取得

ラッコキーワードは、検索エンジンの「サジェストワード」を取得するサービスです。

上記の「副業」を事例にすると、検索したいキーワードに対して関連キーワードが多い順にサジェスト(提案)していくのが特徴です。

 

 

ラッコキーワード|最近の機能アップデート

筆者は本業のお仕事で、クライアントのECサイト運営に関わっていますが、ECサイトもブログと同様、キーワードサーチなどのWEBマーケティングが必須です。

ブロガーだけではなく、幅広い業種のWEBマーケティングに対応するため、毎月のようにシステムアップデートを行い、関連キーワードを取得する検索エンジンが次々に拡張されています。

 

キーワードを取得できる検索エンジンが拡大

ラッコキーワード|キーワード取得できる検索エンジンが拡大

今までは「Google」と「Yahoo」の検索エンジンが、関連キーワードの取得がメインでしたが、利用用途を増やすために検索エンジンの種類が増えました

赤枠で囲った箇所のアイコンを切り替えると、それぞれの検索エンジンで表示される関連キーワードを抽出する事ができます。

 

対応している検索エンジン(左から)

Google、Bing(マイクロソフトのサーチエンジン)、Youtube、Google動画検索、アマゾンショッピング、楽天市場、Googleショッピング、Google画像検索、マルチサジェスト

通常、「副業」で関連キーワードを探すと、メディアやブログ記事、企業の求人サイトなどがサジェストされますが、「アマゾン」で関連ワードを探すと「副業」に関する物販関連のキーワードが抽出できます(例えば副業の本など)。

メモ

EC担当者であれば物販系の関連キーワードを探したり、Youtuberであれば動画やYoutubeで関連キーワードを抽出する事が可能になり、ますます便利になりました。

 

ラッコキーワードの他の機能

他の機能は、左のサイドメニューにあります。

  • Q&A:「Yahoo知恵袋」や「教えてGoo」などでの抽出
  • Googleトレンド:Googleのトレンドキーワードから抽出

これらの機能は、検索をしている「ユーザーの悩みを可視化」するために使ったり、検索ワード自体のトレンドをグラフで確認する事ができます。

 

その他機能:追記(2020年11月)

2020年初秋のアップデートで以下のメニューが追加されましたが、実はこの機能めちゃくちゃ重要な機能なんです!

  • 周辺語・連想語を見る
  • 類語・同義語を見る

 

Google検索エンジンの「アルゴリズム」は、ロジック公開されていない事もあり評価の仕方が全く不明です。

様々な分析・検証を繰り返して、SEO対策で良い評価を得るための傾向値が出ているのが「共起語」で、上述の「周辺語」「連想語」「類語」「同義語」が該当します。

ブログ記事は文字数だけを増やしても良いSEO評価が得られませんが、選定しているキーワードに関わる「共起語」を文章に入れていく事で文中のキーワードの濃度が上がり、同じ文字数でもSEO評価が高くなるとされています。

メモ

初稿から共起語を意識して文章を書くことは難しいと思いますが、リライトの時は是非とも取り入れてみてくださいね。

ラッコキーワードはコチラから

今すぐ使ってみる

※公式ページTOPへ

 

 

ラッコキーワードの登録方法

ラッコキーワードの登録方法

 

ラッコキーワードの注意点

とても便利な「ラッコキーワード」ですが、2020年の夏にリニューアルされた際、最も大きく変わった事と言えば「1日の利用回数制限」がついた事です。

むぎちゃん
えっ!無料で使えないの?

 

従来通り無料で利用できますが、恐らく便利すぎて利用者が急増したのでしょう。

サーバー負荷対策などが考えられますが、1日あたりの利用回数が20回までに制限されるようになりました。

2020年12月11日に非会員の利用回数が1日5回までに変更になりました。

 

メールアドレスを登録して会員になると、無料のまま利用回数制限なしで使えます。

メモ

ブログのキーワード選定などは、記事内容やカテゴリ構成を考える上では、まとめてやっておかないと記事の重複やキーワードの抜け漏れなどが発生するので、メールアドレスを登録して、何十回でも使えるようにしておいた方が効率的です。

ここからは、簡単ですが会員登録の方法を図解します。

 

ラッコキーワードのトップページがら「新規登録」する

ラッコキーワードのトップページがら「新規登録」する

右上の赤枠で囲っている場所に、新規登録をするボタンがあるのでクリックしましょう。

 

メールアドレスを入力します

ラッコIDにメールアドレスを入力します

先述の通り、ラッコキーワードは株式会社シンクラフト社が提供するサービスの一つですので、ラッコIDと言う他のサービスにも適用できる共通IDを取得します。

Eメールアドレスを入力後、ラッコID利用規約を読み、チェックを入れて「登録」をクリックします。

 

登録したEメールに仮登録案内が届きます

登録したEメールに仮登録案内が届きます

登録したEメール宛に、仮登録の案内が届きます。

https://〜から始まる、認証用のURLをクリックして本登録を実施します。

 

本登録が終了するとEメールに登録完了メールが届きます

本登録が終了するとEメールに登録完了メールが届きます返信されたURLから、ラッコキーワードのトップページに行って利用開始できます。

ラッコキーワードはコチラから

今すぐ使ってみる

※公式ページTOPへ

 

 

ラッコキーワードの上手な使い方|ブログ記事作成の事例を解説

ラッコキーワードの上手な使い方|ブログ記事作成の事例を解説

【保存版】ラッコキーワードを使った記事作成ガイドマップ

プロブロガーマナブ さんの動画をみて、筆者もその通りにまずは実践しました。

その後は上位表示されなかった記事投稿ですが、検索上位に食い込む記事も出てきました。

ここからはラッコキーワードを使って、記事作成のお悩みを解決する「過去の投稿記事」を紹介します。

 

キーワード選定から記事の見出し(骨子)を作る方法はこちら

Keywords Letters Scrabble Word  - Wokandapix / Pixabay
ブログのキーワード選定|プロの方法を学ぼう【マナブさん動画を解説】

続きを見る

 

ラッコキーワードとGoogleキーワードプランナーで検索数を可視化しよう

Googleキーワードプランナーの使い方
キーワードプランナーの使い方|Google公式ツールの活用方法を解説

続きを見る

 

記事構成や見出し文の参考に!参考サイトの見出し構造をリサーチしよう

Password App Application Business  - AbsolutVision / Pixabay
ブログ何書く?|気になる上位サイトの「見出し」を効率的に調べる方法

続きを見る

 

 

ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説|まとめ

ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説

今回は、プロブロガーもおすすめする「ラッコキーワード」の使い方を説明しました。

有料のツールを押しのけて、プロに認められるだけの機能と利便性が高いツールであると思います。

是非とも、ラッコツールの機能を把握して、効率的なキーワード選定や記事作成をして行きましょう!

ラッコキーワードはコチラから

今すぐ使ってみる

※公式ページTOPへ

 

-ブログ運営
-, , ,

© 2021 ミライ創造.blog