ブログ運営

Rank Trackerの使い方【初級編】ツールの機能が秀逸すぎる!

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

Rank Trackerの使い方【初級編】ツールの機能が秀逸すぎる!

むぎちゃん
ブログ運営の質を上げるために、Rank Trackerを使ってみたい!
ブログで稼ぐための「必須ツール」だと言われてるけど、実際に何ができるのか?を知りたいです!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • Rank Trackerとは?普段使っているツールとの違いを解説
  • Rank Trackerの使い方【初級編】
  • 体験版もあるよ!|Rank Trackerの使い方【初級編】まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、成功者のノウハウ要素を抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログに限らず、インターネットビジネスでは「アクセス分析」は必須です。

無料で使える便利なツールはたくさんあるので、初心者は有料ツールを使う必要はありませんが、ブログの記事数が増えてきて、成果報酬が発生してくると「分析精度」と「分析効率」を上げていく必要が出てきます。

本投稿では、「SEO対策ツール」の鉄板である「Rank Tracker」の機能や、できる事だけではなく、今まで使っているツールとの使い分けや、役割の違いなどを解説したいと思います。

Rank Trakerを導入すべきかどうか?迷っている人は、ぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

Rank Trackerとは?普段使っているツールとの違いを解説

Rank Trackerの運営会社情報

Rank Trackerとは、ベラルーシ共和国を拠点とする「SEO PowerSuite」と言う会社が運営しているサービスです。

現在は、Mac版、Windws版をリリースしており、「無料・有料・エンタープライズ」の料金設定があり、全世界で200万人以上の個人や企業が利用するサービスになります。

amazonやAppleだけではなく、名だたるグローバル企業にも導入実績があるRank Trackerですが、個人でも利用できる事が特徴になっています。

 

 

【重要】今使っている無料ブログツールを活用できてるか?

先に結論をお伝えしますが、Rank Trackerは、ブログ初心者や『無料ツール』しか使わないポリシーの人には不向きなツールです。

なぜなら、Rank Trackerは「効率化ツール」であり、無料で使えるツール・サービスと一部機能が重複しているからです。

 

筆者がおすすめするブログ運営に役立つ無料ツール

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Google広告のキーワードプランナー
  • ラッコキーワード

 

まず、これらの無料ツールの目的を理解し(機能を全て理解する必要ナシ)、普段使いで活用できているなら、更にRank Trackerの有用性を理解できるようになると思います。

アナリティクスとサーチコンソールの記事は無いのですが、キーワードプランナーラッコキーワードの使い方や機能に関する記事がありますので、まだ使った事が無い人は読んでみてくださいね。

>>ブログのキーワード選定|プロの方法を学ぼう【マナブさん動画を解説】

>>キーワードプランナーの使い方|ラッコキーワードと相性が抜群な件

 

 

Rank Trackerの役割を解説

上述の通り、基本的にRank Trackerは「効率化」ツールです。

ブログ運営に役立つ(と言うか必須)無料ツールでは、「できない事」や「効率的にできる事」と言う視点で、役割や機能の違いを解説していきたいと思います。

図をみてわかる通り、「ちょうど痒いところ」に手が届くツールである、と覚えてくと良いと思います。

ただ、Google公式ツールの中に「ラッコキーワード」が食い込んでくるのは、すごい構図ですね(笑)。

 

無料ツールの主な機能・役割

  • サーチコンソール:ユーザーが自分のブログに「アクセスする手前」の検索情報
  • アナリティクス:ユーザーが自分のブログへの「入ってくる経路」「ブログ内の動き方」がわかる
  • ラッコキーワード:SEO対策に必要な「キーワード選定」を支援するツール
  • キーワードプランナー:「キーワードの検索数や競合性」などを確認して記事戦略を立てるツール

無料で非常に便利なのですが、使っていくうちに「コレがわかれば良いのに・・」と感じる事が出てくると思います。

サーチコンソールの「クエリ」の推移とかは代表例ですよね。

Rank Trackerの役割としては、図にある通り、相関・補完関係にある4つのツールに対して、それぞれの機能の統合化や、効率化が主な役割になります。

ただし、統合化・効率化は実現しますが、全ての機能を網羅するわけではなく、例えば、関連キーワードやサジェストワードを調べたい時は、ラッコキーワードを使った方が早いですし、さらに深いキーワード調査が可能です。

Rank Trackerは、毎日みた方が良い数字の確認や、まとめデータとして活用して、キーワード選定やユーザー分析など、毎日はやらないような分析は、それぞれのツールを使うなど「使い分け」が必要になりますので、注意しておきましょう。

 

 

Rank Trackerの重要な機能

今回、説明したいのは、Rank Trackerに含まれる、タイマーなどの「便利な機能」ではなく、現在のブログ運営で使っている、無料ツールには無い(もしくは面倒な作業になる)「重要な機能」について説明したいと思います。

  1. 自分が選定したキーワードの検索順位がわかる
  2. Googleだけでなく世界中の検索エンジンを指定して順位がわかる
  3. 登録したキーワードの検索順位アップダウンを日次単位で追跡できる
  4. 競合や参考サイトのキーワードの順位がわかる

 

自分が選定したキーワードの検索順位がわかる

自分が選定した、キーワードの検索順位を調べることは、無料のツールではできません。

別途、それに適したWEBサービスもありますが、ランキングを追跡できず、単発の調査になってしまいます。

サーチコンソールに出てくる検索ワードの事を「クエリ」と言いますが、クエリとは読者・ユーザーが検索エンジンに入力する言葉で、正しくは「ブロガーが選定したキーワード」ではありません。

クエリ」と「キーワード選定」は、似て非なるものとして捉えて良いですが、なぜ、このように区別が必要かと言うと、ブログ記事には「意思入れをされたキーワード選定」が重要だからです。

思いもよらないクエリで、自分のブログにアクセスがある事がありますが、その場合は「儲けもの」として参考にして、リライトの時に活用すると良いでしょう。

ブログ中級者以上になると、記事のリライトや削除が必要になってきますが、明確な意思を持ってキーワード選定をしないと、記事メンテナンスができなくなってしまいますよね。

Innovation Solution Vision Hand  - geralt / Pixabay
ブログのリライト|検索順位を上げるため【記事の目標】を見直そう

続きを見る

 

Googleだけでなく世界中の検索エンジンを指定して順位がわかる

こちらも結構便利な機能です。検索エンジンはもちろんGoogleが代表格ですが、物販ブログなどではジャンルによっては「Yahoo検索」を使ったり、年配の方は「Bing」と言う、インターネットエクスプローラーの検索エンジンを使っていたりします。

これらの代表的な検索エンジンを、横並びにしてアクセス比較できるのはRank Trackerの魅力の一つとも言えます。

特にお店のMAPや、Goクエリを多用するWEBサイトの場合は「MAP検索」も確認できますので、個人から企業まで幅広く使えると言う理由なんですね。

 

登録したキーワードの検索順位アップダウンを日次単位で追跡できる

サーチコンソールを使うと、クエリの表示回数や順位が分かります。

ただし、昨日や一昨日、先週と比較してどうだったのか?を判断することは難しいでしょう。

エクセルにダウンロードして、管理表を作ることで代替えできなくは無いですが、あくまでクエリですので、あなたが考えて選定したキーワードではありません。

また、あなたの見えないところで、目まぐるしく動いているのが検索キーワードです。

下記のグラフは、本ブログで選定しているキーワードの検索順位の一例ですが、全くノーマークだった記事や、かなり前に投稿して忘れていた記事が、突然上位ランクに表示される事もあります。

 

☑️キーワード順位と前日比

※赤枠がGoogleの検索順位で、「TOP10」にランクインしているキーワードです。

 

☑️キーワード順位の推移

■初回から上位に入り徐々に上がる記事

■始めはダメで突然上がってくる記事

■始めよくて奈落に落ちて復活する記事

■数ヶ月日の目を見ずにやっと30位くらい

 

考えたキーワード=ブログ記事が、現在、どのような状態にあるのか?が、視覚的にわかることは非常に大きなメリットですね。

正直、これだけでも費用を払う価値があり、損は出ないくらいです

 

競合や参考サイトのキーワードの順位がわかる

こちらは、事例で3サイトほど「競合サイト」として、自分のブログのキーワード順位と比較したデータになります。

キーワードの検索ボリュームが多く、黄緑のサイトを中心に、検索順位が良い順に並べています。

まだまだ、修行が足りないって事ですが、「競合サイトで実績が出ているキーワード」がわかるのは、大きな成果なのではないでしょうか?

実績のあるキーワードと、実際の記事を参考に読む事で、自分のブログの成長に良い影響を出せることは間違いありません。

こちらも「有料ツール」が故の、有益な機能とも言えますよね。

 

 

Rank Trackerの使い方【初級編】

 

実は、多機能すぎて難しそうなRank Trackerですが、初心者が使う機能としては、大きく2つです。

なぜ2つだけかと言うと、特に初心者ブロガーに多い「副業ブロガー」さんは、時間も限られており、より日常的な活用方法が望ましいからです。

逆に言うと、キーワード選定や記事構成、競合サイトの内容調査、ペルソナ設計などは、Rank Trackerを使わずに、今ままで通りの無料ツールを使って「まとめて」やった方が効率的ですので、日常利用のRank Trackerと使い分けて活用する習慣をつけた方が良いと思います。

 

①自分のブログのキーワード推移を確認しよう

 

こちらも、当ブログの事例になりますが、新たらしいワークスペースを作って、必要な項目だけ進捗を追うようにしましょう。

メニュー」→「ランクトラッキング」→「新しいワークスペース」で、最低限の分析項目を選んでカスタマイズができますので、嬉しい機能ですね。

 

キーワードと検索順位

あなたのブログ記事で選定した「キーワード」を登録し、Google検索における検索順位と、前日比を確認しましょう。

この事より、記事公開してすぐにインデックスされた記事や、好調だったのに突然順位が下がった記事などが発見できます。

ここで注意点は、リライトをする場合は、必ず数週間〜1ヶ月ほどは様子見する必要があり、もしリライトしたい場合は、既存の記事のタイトルや見出しのキーワードを変更せずに、「追記」するだけに留めておきましょう。

上記の事例の図ですが、始めは10位くらいにランクインしたものの、数週間は上位30あたりまで順位が下落しています。

記事公開後は、インデックスが不安定なので、少し見守ってみましょう。
※追記の場合は、あまりマイナス傾向にはならない印象です

 

キーワードと該当ページのURLの確認

結構、大事な項目なのですが、選定したキーワードと意図しないページ(URL)が突合されている場合があります。

この場合、何が起きるかと言うと「検索してブログ見てみたけど、思ってたのと違った」と言う印象を読者に与えてしまう可能性があります。

タイトルや見出しのキーワードなどで、類義語や近い意味の言葉を使っていると、発生してしまう事がありますが、悪影響が出そうなら、本来はすべきではないですが、早めにタイトルやディスクリプションを変更して、軌道修正をしていきましょう。

 

 

②競合サイトのキーワードを参考にしよう

こちらの図は3つ程、競合サイトを登録した状態ですが、競合サイトのキーワードや検索順位、検索ボリュームなどが記事作成の際の参考になるでしょう。

 

競合サイトで実際に評価されている記事を探せる

この機能が、Rank Trackerの最も有益な機能だと思っています。

ブログに限らずですが、競合サイトが何のキーワードで、どのページの評価が高いのか?を調べられるなんて、思ってもみなかったのではないでしょうか?

逆に、あなたのブログをベンチマークしている人が、同様の事をしていたらちょっと冷や汗モノですよね(笑)。

そうなったら、オリジナリティがある体験談や、心を揺さぶるライティングテクニックなどで、差別化していくしかありません。

正直、コピペしても勝ち目はない(逆に悪い影響が出る)ですが、同じブログジャンルであれば、競合サイトで使われているキーワードや、検索数、キーワードの競合性などを確認できるのは、非常に有益な情報ですね。

 

評価されているサイトの種類をみよう

該当サイトの順位に、マウスオーバーすると、実際のGoogle検索結果が確認できて、しかも該当サイトに移動する事も可能です。

その際に、URLのドメイン名をみて、個人ブログなのか?企業の記事メディアなのか?が、ある程度分かります。

例えば、筆者の例で言うと、「ワードプレス 開設」や「ブログ 開設」などのキーワードで記事を書いていません。いつかは記事作成しようとは思っていますが、、、

なぜなら、上位の記事は、有名ブロガーさんだけでなく、Mixhostやさくらサーバー、Conohaなどの「企業メディア」がぎっしりとひしめき合っているんですよね。。。

いつかは立ち向かう日が来ると思いますが、他にも競合に勝てそうで、書きたいテーマの記事がたくさんあるので、あえて消耗戦に突入しない「ヘタレ」ぶりを発揮してます。

余談ですが、あまりにも検索上位に表示されない「低品質」な記事を書くと、ブログ全体の評価が下がってしまい、ますますSEO対策が不利になるケースもあります。

そう!「戦略的撤退」を判断する事も大事なんですね!!

むぎちゃん
(ホントかなぁ。。)
Choose Decision Opportunity Decide  - TheDigitalArtist / Pixabay
ブログの記事を【消す】のは正解?SEO対策に必要な3つの方法

続きを見る

 

 

体験版もあるよ!|Rank Trackerの使い方【初級】まとめ

Pc Notebook Work Relax Web Seo - alberthbq / Pixabay

今回はRank Trackerの機能と使い方について説明しました。

自分で言うのもなんですが、登録方法や設定方法の記事は見かけますが、運用の仕方について説明している記事は少ないので、少しはお役に立てると思います。

 

Rank Trackerの費用|年間利用金額です

気になるRank Trackerのお値段ですが、「無料」「プロフェッショナル」「エンタープライズ」があります。

無料版は、画面や機能の相性を見て、有料版にするかどうか?を検討する際に使ってみてください。

Digital Marketing  - DiggityMarketing / Pixabay
Rank Trackerの料金と間違った登録を防ぐポイントを解説

続きを見る

 

筆者も無料版を使っていましたが、Rank Trackerの強みである「順位の推移」が見る事ができないので、単発でキーワードを見るだけであれば、サーチコンソールで充分だと思います。

しかも、毎回、キーワードを登録するのも手間になりますので、無料版なら使わない方がマシです(笑)。

もし、Rank Trackerを使ってみようかな?と思う人は、公式ページをみて見てくださいね。

それでは、今回はここまでとします。

Rank Tracker公式ページへ

 

-ブログ運営
-,

© 2020 ミライ創造.com