ブログ運営

Rank Trackerの導入|初期設定と分析プロのカスタマイズ公開

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

Rank Trackerの導入|初期設定と分析プロのカスタマイズ公開

むぎちゃん
Rank Trackerを使いこなすための、基本的な設定方法が知りたい。
あんまりシステムに詳しくないので、手順を教えてください!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • プロジェクトを登録しよう!分析したいサイトを登録する
  • そのままのデータだとツライ!ワークスペース作って効率化しよう
  • タイマー必須!スケジューラー設定で自動更新をしよう
  • リサーチが命!競合サイトの調査をしよう
  • Rank Trackerの導入|初期設定と分析プロのカスタマイズ公開|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、成功者のノウハウ要素を抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

Rank Trackerは非常に多くの機能があり、大企業から個人利用まで様々なシーンで利用できます。

Rank Trackerのシステム機能分類としては、「SEO検索順位チェックツール」ですが、Googleアナリティクスやサーチコンソールでは、できない分析を効率的に行う事が可能です。

本投稿では、個人ブログで利用するユーザーが、少ない労力で最大の効果を発揮できる「基本的な使い方」について解説します。

 

 

プロジェクトを登録しよう!分析したいサイトを登録する

Keyboard Office Cup Table Work - ZD_New_Media / Pixabay

Rank Trackerのダウンロードと初期登録が終えると、次は分析するサイトの基本情報登録をします。

ここまでの作業が不明な場合は、インストールから初期設定の手順を解説した記事があるのでご確認ください。

Digital Marketing  - DiggityMarketing / Pixabay
Rank Trackerの料金と間違った登録を防ぐポイントを解説

続きを見る

 

Rank Trackerを利用するにあたって、あなたのブログサイトの情報と、追跡するキーワードなどを設定する作業が必要ですが、難しい設定は無いので図解でイメージを掴んでみましょう!

 

 

ブログのサイトURLを登録

まず、データ分析を行うプロジェクト=あなたのブログをRank Trackerに登録しましょう。

自分のブログサイトのURLを登録し(左図)、「次へ」をクリックすると、Googleアナリティクスとサーチコンソールへの連携を確認されます。

初期登録の時点では、連携しなくても正常に動くのですが、キーワードの検索数が出ないと「リライト作業」の優先順位が判断しづらくなるので、連携しておいて損はありません。

※「アカウントと接続する」をクリックすると、アナリティティクスへのログインを行って認証を行います。Googleログインを使っている場合は、クリックするだけで自動で作業が進むのでカンタンですね!

 

 

追跡するキーワードを登録

次は、追跡するキーワードを登録しますが、記事をたくさん書いてからRank Trackerを導入すると、ちょっと面倒な作業です。

右の図はサーチコンソールの画面ですが、Rank Trackerでの応用方法も解説したいと思います。

 

ブログ記事は「キーワード選定」が重要!

ブログ記事を書く時は、記事設計の段階で「キーワード選定」をする事が重要です。

なぜなら、想定する読者や、読者の悩みを想像して「最適な回答」を記事として発信する事が必要で、記事を書く際に「キーワード」を考えていないと、そもそも分析ができなくなってしまうんですね。

Keywords Letters Scrabble Word  - Wokandapix / Pixabay
ブログのキーワード選定|プロの方法を学ぼう【マナブさん動画を解説】

続きを見る

登録するキーワードは、記事の見出しで設定している「キーワード」を登録しましょう。

※サジェストワードも入れている場合は、半角を空けて「同じ行に登録」でOKです。

 

読者の意図はどうやって分析する?

サーチコンソールで分析できる「クエリ」とは、読者が検索エンジンに実際に登録したキーワードです。

そのため、ブログ運営者が考えたキーワードに対して、読者は「想定外のキーワード」であなたのブログにアクセスして来る事があります。

たとえ、あなたが想定していないキーワードであっても、読者の困り事を解決するための回答として、あなたのブログ記事が最適だと検索エンジンが判断している事になります

 

☑️サーチコンソールの「クエリ」も登録しておきましょう

サーチコンソールのメニューから「検索パフォーマンス」をクリックして、赤枠の期間を「28日間」に設定しましょう。

右上に「エクスポート」がありますので、エクセルでダウンロードすると、右の図のようにクエリがずらっと並んだリストが出てきますので、クリックが多い記事や、逆に表示が多いのにクリックされていない記事などを選んで、Rank Trackerに登録しましょう。

 

 

追跡する検索エンジンを登録

Rank Trackerは海外製品のため、追跡する検索エンジンの初期設定が「アメリカのGoogle検索エンジン」になっています。

カーソルを当てると「×」が出て削除できるますが、対象がなくなるとダメらしく、先に日本で使う検索エンジンを追加してから、アメリカの検索エンジンを消しましょう

 

日本で使う検索エンジンとは?

赤枠で囲っている「さらに検索エンジンを追加する」の「+」マークをクリックすると、右側に追加したい検索エンジンを選ぶ画面が出てきます。

虫眼鏡アイコンの検索窓に「japan」と入力すると、候補が出てきますので、「+」をクリックすると、左の欄に追加されていきます。

GoogleMAPは、お店や場所を紹介するような記事が多いと、チェックしておいた方が良いと思いますが、普通のブログならなくても大丈夫です。

今後はGoogleも、モバイル(スマホ)の検索や、地図検索の強化をしているため、特にモバイルの追加はしておきましょう。(パソコンでの検索と若干順位が異なってきます)

 

むぎちゃん
ここまで登録すると、Rank Trackerの分析機能が使えるようになるよ!

 

 

そのままのデータだとツライ!ワークスペース作って効率化しよう

Analytics Charts Business Woman - Tumisu / Pixabay

今回、説明するのはRank Trackerのメイン機能ともいうべき「キーワード追跡」です。

いきなりのカスタマイズですが、5分もあればできる設定なので、効率化を目指して実施してみてくださいね。

 

 

ワークスペースを作成

Rank Trackerの左メニューから、「ターゲットキーワード」→「ランクトラッキング」を選びます。

すると、左側の画面になるので、メニュータブの「+」マークをクリックすると、カスタマイズされた項目のみを表示するオリジナルの分析画面を作る事ができます。

ほぼ、毎日確認する事を推奨するほど、便利な分析なのでオススメです。

 

設定する分析項目は?コンサル視点でオススメ

☑️分析で必須な項目

  • キーワード
  • Google.co.jp Rank
  • Google.co.jp URLが見つかりました
  • Google.co.jp 差異
  • インプレッション数
  • 検索数

分析①:キーワードの検索ランキングを確認する

分析②:キーワードと該当URLを確認する(意図しないURLの時がある)

分析③:ランキングの際を見る(数ヶ月は安定しない事がある)

分析④:インプレッションと検索数を見る

→アナリティクスとサーチコンソール連携が必要ですが、重要な分析です。

そもそもマーケットニーズがあったのか?を考察したり、インプレッションが多くて順位が低い場合は、タイトルやディスクリプションを見直しすると良いでしょう。

 

☑️あると便利な項目

  • Google.co.jp 日付を確認
  • タグ
  • 注意

タグには「記事の公開日」、注意には「リライトした日」などを直接入力して、メンテナンス放置してないか?などを確認していきましょう!

 

 

毎日みよう!検索キーワードの追跡方法

こちらは、当ブログのキーワード事例です。

ラッコキーワード」という、キーワードを選定する際に便利な無料ツールに関する記事ですが、違うキーワードでは常に検索順位TOP3にランクインしています。

こちらの事例はサジェストワードを含まない「商標ワード」で追跡していますが、まだまだ競合サイトが強くて、なかなかTOP10に入っていませんでした。

1〜2ヶ月かけて、上位記事の内容や、新しく加わった機能の説明を追加したりなどして、30位くらいから8位まで検索順位が上がってきています。

 

サジェストワードを含むキーワードは、上位を取りやすいのですが、商標ワードのみだと競争が激しい反面、インプレッションや検索数のボリュームが多く、検索1ページ目に入ってくると、劇的にアクセス数が変わってきます。

Rank Trackerを使うと、優先順位をつけながらリライトしていく事で検索順位の改善が実現していくんですね

また、現在は上位表示されていなくても、順位が下の方にいる記事も、時間が経てば上位に上がってくることもあるので、「記事を書いた甲斐があったなぁ」と感じると思いますよ!

 

 

タイマー必須!スケジューラー設定で自動更新をしよう

Casio Hours A Watch Time Minute - MikeWildadventure / Pixabay

次はタイマーの設定です。

これだけの莫大なデータを、自分が使いやすいように集計してくれるRank Trackerですが、それなりに集計時間がかかってしまいます。

そのため、早朝にタイマーセットしておくと良いでしょう。

 

 

タイマープログラムを新規作成

環境設定」から「スケジューラー」をクリックして、「+」マークをクリックしてタイマープログラムを追加しましょう。
※Scheduled and Alerts....と表記されている時があります。

 

 

タイマーを設定するプロジェクトと起動時間を設定

 

 

アラーム設定するか?を選び「タイマーの名称」を決める

もし、メールとかで「データ更新」に関するメッセージが不要であれば、特にチェックする必要なし。

 

 

リサーチが命!競合サイトの調査をしよう

Magnifying Glass Hand Universe Star - geralt / Pixabay

Rank Trackerのもう一つの重要機能である「競合サイト」の設定です。

実績があるサイトであれば尚更、毎日のようにチェックして参考にすべきでしょう。

ブログ運営をしていて、誰もが経験をする壁が「ネタ切れ」です。

ネタ切れした時は、自分でキーワードやトレンド分析をすることも必要ですが、実績のあるサイトのキーワードを確認する事も効果的です。

もちろん、まるパクリしてもSEO順位では勝てないでしょうし、逆にSEO対策の面で悪影響が出るので止めた方が良いですが、気づかなかった視点でキーワードを可視化できるのは非常に大きいですよね。

 

 

競合サイトの登録

競合サイトの登録はとても楽ちんです。

メニュー」→「キーワード調査」→「キーワードギャップ」のメニューから、競合サイトのURLをコピペして貼り付けするだけです。

プロフェッショナルプランでは、最大5件の競合サイトを登録できるので、是非、やってみましょう!

似たようなジャンルのブログだと思っても、キーワードを並べてチェックすると、同じキーワードで競っていたり、違うカテゴリーで差別化していたり、ブログのカテゴリー構成を考える上でも、いろいろな事が分かります。

また、キーワード自体が可視化されて、検索ボリュームや順位までわかると、同じキーワードで戦うべきかどうか?もわかってしまいますよね(笑)。

むぎちゃん
なるほど〜、、、みんなこうやってたのねw

 

 

Rank Trackerの導入|初期設定と分析プロのカスタマイズ公開|まとめ

Girl White Background Portrait - nastya_gepp / Pixabay

今回はRank Trackerの初期設定と、毎日の分析に便利なカスタマイズ設定の方法を解説しました。

正直、記事数が30記事くらいの場合は、Googleアナリティクスやサーチコンソールを眺めているだけで、大体の分析は可能ですが、記事が50や100を超えてくると、リライトの優先順位や収益記事の絞り込みが必要になるため、ほぼ、必須のツールとなります。

欠点としては、自分の考えたキーワードは全て手入力になってしまう点ですね。。。

スペースの開け方や、サジェストキーワードのバリエーションを考えると、1つの記事でも複数のキーワードがあると思いますので、早めにRank Trackerを導入して「分析を習慣化」しておくのもアリだと思います。

 

また、キーワードの動き方や、インデックス(順位付け)のされ方を見ていくうちに、効果的なSEOキーワード選定ができるようになってきますので、是非とも「最も時短可能な投資」として検討してみてはいかがでしょうか?

別の記事で「Rank Trackerの料金と登録」について説明していますが、登録の際にちょっとした「トラップ」があるので、そこだけつけてくださいね。

Digital Marketing  - DiggityMarketing / Pixabay
Rank Trackerの料金と間違った登録を防ぐポイントを解説

続きを見る

 

それでは、今回はここまでとします。Rank Trackerに興味が湧いた人は、是非とも公式ページをみて検討してください・

\Rank Trackerを詳しく調べる/

Rank Tracker公式ページへ

-ブログ運営
-, , ,

© 2020 ミライ創造.com