ブログ運営

ブログ運営の費用は?1ヶ月あたりの目安と【無料・有料】説のまとめ

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ブログ運営の費用は?1ヶ月あたりの目安と【無料・有料】説のまとめ

むぎちゃん
ブログを始めようと思ってるけど、有料とか無料とかって何が違うの? そもそも大きな勘違いをしてそうなので、根本的な事から教えてください(笑)

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本投稿の内容

  • 初心者が知っておくべきブログを始める方法
  • ブログを運営するために必要な1ヶ月の費用
  • ブログにかかる1ヶ月の費用|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素だけを抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログの始め方を見ていると、有料・無料とか、サーバーがどうとか、何やら聞き覚えの無い内容で不安を感じていませんか?

それもそのはず、一般人がブログに持っているイメージって「芸能人の日記」のようなもので、どこかの運営会社がやっているサービス?くらいの予備知識しかないと思います(筆者もそうでした)。

IT企業や広告代理店で働いている人であれば、誤解なく理解している「ブログ」ですが、本投稿では初心者の方が知っておくべき基礎知識や、運用費用などについて説明したいと思います。

 

 

初心者が知っておくべきブログを始める方法

Questions Who What How Why Where - geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

まず、初心者の人は、ブログの種類を知っておくべきだと思います。

筆者も、サラリーマン時代はアパレル会社だったので、自社で運営しているメディアやスタイリング投稿など、ブログの機能を活用したサービスを運営していました。

当時はどちらかというと、ブログやWEBサービスは「外注の開発領域」という感じで、深いところまで理解しておらず、社内のインフルエンサースタッフのほうが「自分発信用のブログ」をやっていたので詳しかったのですが、今となってはそこすら一部の知識だったようです。

 

ブログの種類|大きく分けて3種類です

それでは、ブログの種類について説明するので、こちらの表をご覧ください。

  • 無料のブログサービスを使ったブログ
  • 無料ブログサービスの有料版ブログ
  • 独自にサーバーを立てて運営するブログ

 

大枠はこのようなサービスで構成されており、一般の人がイメージするブログって一番上のブログです。

代表的な書き手(ブロガー)でいうと、歌舞伎役者の市川海老蔵さんや、元女子プロレスラーの北斗晶さん、元モー娘の辻希美さんなどが有名ですね。

余談ですが、最近でこそ「芸能人Youtuber」が増えてきていますが、一昔前は、芸能事務所自体がブログやYoutubeなどのソーシャルサービスを使って「個人として」発信する事を禁止してました。

なぜなら、芸能人のタレント性を背景にする事で、容易に集客ができて、集客をベースに収益を発生させる事ができるからです。

一般的には「イメージを崩さないようにする」事が理由に思われていますが、事務所とタレントの相互利益の毀損や、個人収益獲得を理由にした「事務所離れ」を防ぐためなんですね。

 

 

それぞれのブログの違い

ちょっとお話がそれましたが、各サービスの特徴をお伝えします。

 

先ほど、ブログの種類が3種類と説明しましたが、一番、大きな違いが「広告に対するポリシー」です。

どの企業もインターネットビジネスをしているので、収入源のほとんどが「広告収入」になりますが、ブログサービスはサービス会社が提携している広告を自動掲載し、ブログプラットホームはブロガー自身が広告を選んで掲載します。

この広告に対する自由度が、ブログ収益のトップラインとイコールになるため、自身のブログスタイルによって、どのサービスでブログ運営をするのが良いのか?を決めましょう。

 

無料のブログサービスの特徴

ブログサービスとは、サイバーエージェントなどの大手IT企業が運営するサービスです。

誰でも無料で始める事ができて、ブロガーは基本的に利用料はかかりません(有料機能のオプションなどはありますが)。

ブログ運営をしている企業は、無料でサービスを開放する事によって「大量のコンテンツ」を生み出して集客し、他の企業から「広告費」をもらって事業運営をしています。

もちろん、運営会社自体もサービスのブランディングや、認知を上げるための活動を通して、サービス内に大量の読者を抱えており、ブログサービスに参加する初心者ブロガーにとって、自分のブログに「集客」する手間が少ないいことも特徴です。

もちろん、ブロガー自身にも、一定のアクセスやユーザーがつくと「認定ブロガー」になり、ブログサービスの会社から報酬が支払われるようになります。

そのため、『https://www.●●●.com』のような、●●の部分を自由に変える「独自ドメイン」が取れないサービスになっているのも特徴のひとつです。

 

無料ブログサービスの有料版の特徴

ブログサービスにおける有料版とは、独自ドメインの取得をブロガーに対して許可したり、ブログサービスが提携している広告を非表示にするなどが特徴になります。

例えば、はてなブログの有料版は、コーポレートサイト(会社ホームページ)として利用されているケースも多く、広告表示を外すのは絶対必要な機能だと言えます。

これは、ブログサービスの会社としては、広告収入を期待しない替わりに、サービス利用者から一定の利用料を回収する事で企業運営をしているという事です。

ただ、運営会社の規約で掲載できる広告の種類に制限があったり、ブログのデザイン自由度があまり高く無いという特徴は覚えておきましょう。

 

独自にサーバーを立てて運営するブログの特徴

実は、一般的な会社のホームページや、検索エンジンで何かを検索した時に「検索結果」として表示されるWEBサイトのほとんどがこのタイプのブログになります。

自社・個人問わず、サーバーを直接契約や保持して、独自ドメインを利用してブログ運営を行います。

IT企業のエンジニアさんであれば、誰でもできる初歩の技術なので、テスト用に自分のブログを開設している人もいますが、一般人はプログラミングなどができないと思います。

ワードプレスは、CMSと言われる「サーバー操作用の管理画面」を無料で開放し、一般人でもエンジニア並みのブログ開設ができるようにしたプラットホームになります。

ブロガーの立場でいうと、無料でプラットホームが利用できるので、企業として何を収入源にしているのか?疑問に思う人もいるかもしれませんが、ワードプレスには「プラグイン」という機能を簡単に拡張できるサービスがあり、プラグインを開発する企業の収益の一部を回収しているビジネスモデルになります。

ここで注意点がひとつ。

ワードプレスには、ブログサービス型の「WordPress.com」と、プラットホーム型の「WordPress.org」があり、運営会社自体が別です。

詳しい違いはややこしいので割愛しますが、自分のブログを開設するのは「WordPress.org(オーグ)」の方!とだけ、覚えておいてください。

 

 

ブログを運営するために必要な1ヶ月の費用

Coins Money Colombia Weights - caruizp / Pixabay

caruizp / Pixabay

ここまでの説明で、「ブログサービスは無料」であることは理解できたと思います

ちょっとややこしいのが「ブログサービスの有料版」になりますが、利用者のほとんどが「公式サイト」や「商用利用」のホームページになると思います。利用料は、各社バラバラで、月200円くらいから高くても1,000円くらいですね。

このサービス利用料の他に、ドメインの利用料がかかるので、ご注意ください。

そのため、ブログからの収益を目標にして、一般人がブログをするなら、一番、中途半端なサービスになるので、ブログサービスかプラットホームであるワードプレスを使いましょう。

 

ワードプレスでブログを運営するときの【1ヶ月の費用感】

ワードプレスでブログ運営する際に、発生する費用は、以下の表のような感じです。

なぜ「感じ」かと言うと、使うサービスや取得するドメインで大きく費用が異なってくるからですね。ここでは、筆者が使っているドメインやサーバーの費用感をもとに説明したいと思います。

 

発生する費用項目

  • WordPress.orgのプラットホーム利用料=無料
  • ドメインの取得・利用料
  • サーバーの月額費用

 

ドメインの利用料|ドメインとは?

ドメインの取得とは、インターネットの形が無い世界で「住所」を取得するのと近いサービスです。ドメインに関する詳しい記事は、過去の記事をご確認ください。

Domain Internet Web Dot Com Www  - Tumisu / Pixabay
ブログをやるならドメイン取得|2020年オススメのドメイン5選

続きを見る

 

過去記事でも記載してますが、ドメインは「.com」や「.net」などのメジャーなドメインかどうか?によって、取得費用が変わったり、名称によって競争率が激しいので費用が変わってきます。

ただ、年間の利用料で1,000円前後、月額換算だと100円いかないくらいですので、毎月コーヒーを一杯ガマンすると、どうにかなるレベルの費用ですね。

ちなみに、筆者のブログである『miraisouzou.net』は、エックスドメインというサーバー会社関連のドメインサービスで取得しています。

未来創造」と言う言葉を使う団体や論文などが多いことや、「.net」などパブリックドメインというメジャーなドメインを使っているので、年間2,400円ほどかかっています。

形から入る性格なので。。。

 

サーバーの利用料|おすすめのレンタルサーバーは?

こちらも、過去記事があるのでご紹介させてもらいます。

Switch Pc Computer Circuit  - ananitit / Pixabay
ブログのサーバー選び|2020年版オススメのレンタルサーバー5選

続きを見る

 

サーバーも各社費用はバラバラで、月額800〜1,200円前後+初期費用(1,000〜3,000円)くらいになっています。

初期費用を支払いした後は、ランチ1回をガマンする感じですね(笑)。

ただ、初年度を極端に低くして、2年目以降の利用料が高い会社もありますので、注意が必要です。

筆者は、初心者なのでサーバーの事で、いちいち心配事をなくしたいのと、老舗で歴史ある「エックスサーバー」を選んでいます。

格安サーバーにして、ブログが育ってきた後に後悔している人も多いので、初めから適正価格のエックスサーバーあたりで選んでおくことが無難と言えるでしょう。

 

これらの事を加味すると、ブログ運営の月額は1,200円くらいが相場であると覚えておいてください。

 

 

ブログにかかる1ヶ月の費用|まとめ

Arrow How To Get Here Steps - Dimhou / Pixabay

Dimhou / Pixabay

今回は、初心者がブログを始めるにあたって、気になる「運営費用」の事について説明しました。

結論としては、自分のブログを開設しても、「毎月1,200円」ほどで運営ができるので、どうせなら副業ブログで収益化を狙っていく方が夢がありますよね。

ただ、ブログ運営における「コスト」で一番かかるのが「あなたが動く時間」になります。

ブログで収益を発生させるためには、記事数やドメインの強さが育っていく速度なを考えると、最低3ヶ月から半年は必要になってきます。

ネットで話題になっているような「収益発生事例」に、あまりにも熱が入って盲目的になってしまうと、稼げない事に対する焦りが生じて「悪質な情報商材」や「セミナー」などの餌食になってしまいます。

実際に、ブログを運営してみないとわからない部分はありますが、文字通り「ブログ飯」を目指す初心者が読んでおくべき夢と現実が知ることができる本がありますので、まずは労力含めた「最低限の投資」として、1冊読んでみてくださいね。

※昨今、Kindleが便利ですが、必ず実書がある書籍を選びましょう。ぶっちゃけKindleで出版するのは誰でも無料でできるので、パクリや怪しい情報を掴まないためのコツです。

今回はここまでとしたいと思います。

1日でも早く、ブログ仲間になれる日を、心待ちにしています。

-ブログ運営
-,

© 2020 ミライ創造.com