ブログ運営

ロングテールキーワードの選び方|WEBマーケの基本をSEOで実践

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ロングテールキーワードの選び方|WEBマーケの基本をSEOで実践

むぎちゃん
ブログ初心者は「ロングテールキーワード」で記事を書くと良いらしいけど、ロングテールの重要性や目的がイマイチわからない。。。ガツっとビッグキーワード狙うとダメなのかなぁ、、、
ロングテールキーワードの選び方や、記事作成のポイントを教えてください!!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • ロングテール戦略とは?知っておきたい基礎知識
  • ブログのロングテール・キーワード戦略とは?
  • ロングテールキーワードを使った記事構成の考え方
  • ロングテールキーワードの選び方|WEBマーケの基本をSEOで実践|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、成功者のノウハウ要素を抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

今後、ブログで収益化を狙っていくためには、キーワードの種類を知って「戦略的に記事作成」する必要があります。

なぜなら、アフィリエイト広告は、いまだ右肩上がりの成長市場で、大手企業も新しい収益源としてアフィリエイト市場に参入してきているからです。

また、Google検索エンジンのランキング順位評価でも、権威性が必要になってきて、ますます今後のキーワード選びが重要になってきます。

本投稿では、ロングテールキーワードの重要性・有効性について、実例を元に解説します。

個人ブログならではの「戦い方」を理解して、読者に支持されるブログを目指しましょう!

 

 

ロングテール戦略とは?知っておきたい基礎知識

Kangaroo Eastern Grey Animal - pen_ash / Pixabay

WEBマーケティングの基礎用語に、ロングテール戦略という理論がありますが、ロングテール戦略を駆使して成功を収めている企業の代表格が「Amazon」です。

ロングテールとは、元々、売れない商品やサービスで、収益を生み出してくマーケティング戦略ですが、ブログに取り入れるためには、どのようにしていくのか?を解説します。

 

 

ロングテール戦略とは?

小売業やサービス業のようなリアルビジネスには、「2:8(ニッパチ)の法則」と言う理論があります(正式名はパレートの法則)。

簡単に言うと、「20%」の商品やサービスで事業全体の「80%」の収益をたたき出す、と言う法則です。

店舗型ビジネスにおいては、かなり鉄板というか「原理原則」に近い理論でして、逆にいうと「80%の収益を出すことができる20%の商品」を生み出せないと、事業そのものが詰みます(笑)。

収益を出す」という事は、同時に在庫や人的労働資源を準備しておくことが必要です。

在庫や人を平坦に準備しても「8割くらい需要予測が外れる」ため、必ず在庫過剰や人的なダブつきが発生し、利益が残らなくなってしまうからなんですね。

次は、リアルビジネスにおける「売れない80%」を活用した、ロングテール戦略について解説します。

 

 

Amazonのロングテール戦略|リアルビジネスの鉄則を壊したネットビジネスの常識

Amazonは、サービスの立ち上げ当初、リアルビジネスに拠点をおく「小売・卸売業」の売れない在庫に着目し、「インターネット通販サービス」を立ち上げました。

普通の店舗運営では、売れない在庫を長期間にわたって売場に置いておくと、売れる商品の販売の妨げになるため、店舗や物流倉庫で在庫を保管します。

こうなってしまうと、誰の目にも触れないので、売上になる可能性は「ゼロ」ですよね。

しかしながら、インターネットの世界で「商品の情報」を置いておく事は、ほとんど無料に近いコストで可能ですし、検索エンジンや通販ショップから「その商品を欲する誰か」と出会える可能性が残っています。

このように、リアルビジネスでは実現できない戦略を「インターネットで実現」したことにより、今や世界トップランクに位置するAmazonのビジネスモデルが作られた背景という訳です。

 

 

ブログにおけるロングテール・キーワード戦略とは?

 

ブログ記事の作成で、「キーワード選定」は必ず必要です。

ブログのキーワード選定に関する記事は、下記の過去記事を読んでみてくださいね。

>>ブログのキーワード選定|プロの方法を学ぼう【マナブさん動画を解説】

 

ブログのキーワードも「パレートの法則」と同様、人の手で検索するためか、必ず検索数の序列がついているのことが特徴です。

キーワード選定の方法について記事にした際、「副業」というキーワードを事例にしましたが、今回も同じ「副業」で説明したいと思います。

 

 

「副業」でキーワード分析した結果

こちらは、ラッコキーワードでサジェストワードを抽出して、Googleキーワードプランナーで検索数を調べた時のデータです。

 

このデータを「キーワード数」「検索件数」で分析すると、以下のような結果になりました。

上位の4つのキーワードで「全体の50%」を占めていると言う事が理解できますね。。。

  • 副業に関わるキーワード数「726件」、検索合計「462,860回」
  • 検索数10,000以上のKW数「4件」、検索合計「245,800回」=53%
  • 検索数3,000〜1万以下のKW数「11件」、検索合計「69,400回」=15%
  • 検索数1,000〜3千以下のKW数「27件」、検索合計「45,400回」=9.8%
  • 検索数500〜1千以下のKW数「48件」、検索合計「33,590回」=7.3%
  • 検索数500以下のKW数「636件」、検索合計「68,670回」=14.8%

 

 

ブログにおける「ロングテール戦略」とは?

副業」を事例にした場合、「副業」と言うキーワードや、検索回数が月間で10,000回以上のキーワードが「ビッグキーワード」です。

ブログにおける「ロングテール戦略」とは、ビッグキーワードにサジェストワードを掛け合わせた「複合ワード」を狙う戦略になります。

 

ビッグキーワード + サジェストワード

 

初心者オススメの戦い方

ブログ初心者にとって、検索数が「3,000回」以上のキーワードは、ほとんど勝ち目はありません。

なぜなら、全部で15件しかありませんし、このようなキーワードは誰しもが使っており、企業のメディアでも使っている事が多く競合が強いキーワードです。

また、ブログを始めてから6ヶ月くらいは「ドメインパワー」も弱く、検索競争で戦うためは不利なので、勝つためには少し時間が必要になります。

 

☑️ロングテールで使うサジェストワードは「500」くらいがオススメ

例えば、検索数が「3,000回」以下のキーワードを累計すると、15万回くらいの検索数になります。

また「検索数3,000〜1万以下」と「検索数500以下」の検索数合計は、ほぼ同数です。

さらに「検索数500以下」のキーワードは「636件」もあるため、ライバルと重なる事なく、記事のキーワード選定が可能になります。

このように、ブログ初心者は「検索数が少なく競合が少ないマーケット」で、「多くの記事」を積み上げていくことによって、企業やプロブロガー同様に戦っていけると言う事になるんですね。

 

実例で証明!|ロングテールキーワードで検索1位を増産中

こちらの記事は、実際に「Gotoトラベル」のビッグキーワードで、検索1位をとっている「SEOキーワード選定」について解説している記事です。

Privacy Policy Keyboard Security  - succo / Pixabay
SEOキーワード選定のポイント3つ【実例】で勝てるコツを解説

続きを見る

 

初心者やブログのドメインパワーが弱くても、十分に戦える証明になると思いますので、是非、読んでみてくださいね。

 

 

ロングテールキーワードの選び方

ロングテールキーワードを選ぶためには、キーワード数の可視化が必須ですが、無料ツールを使うことによって、効率的に整理ができます。

詳しい使い方は、過去記事を読んでみてくださいね。

  1. ラッコキーワードでサジェストワードをすべて抽出する
  2. Googleキーワードプランナーでキーワードの実数を調べる
  3. 筆者オリジナルのエクセルツールでキーワード整理をする

 

ラッコキーワードでサジェストワードをすべて抽出する

Sea Otter Swimming Floating Water  - skeeze / Pixabay
ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説

続きを見る

 

Googleキーワードプランナーでキーワードの実数を調べる

Googleキーワードプランナーの使い方
キーワードプランナーの使い方|Google公式ツールの活用方法を解説

続きを見る

 

筆者オリジナルのエクセルツールでキーワード整理をする

※ワードプレスにエクセルファイル保存が難しいので「note」に保管してます。

 

 

ロングテールキーワードを使った記事構成の考え方

House Mouse Mouse Long Tailed Mouse - Capri23auto / Pixabay

ロングテールキーワードの選び方は、上述の記事を読みながら、ツールを使って整理しましょう。

筆者のオリジナルエクセルフォーマットも、無料ながら記事構成を考えるときは重宝すると思いますので、是非、使ってみてくださいね(もちろん無料です)。

また、エクセルフォーマットは、黄緑色の「マーク」と書いてある列に、適当な数字や記号を入れて、自分のブログで取り入れたいキーワードを選んでおくと便利です。

 

 

関連する記事を階層にする

副業 在宅」と言うキーワードは、22,000回もボリュームがあり、ビッグキーワードと言えます。

このキーワードの記事で、SEO検索順位を競って戦うには、初心者にとっては分が悪いかも知れません(と言うか悪い)。

そこで、月間で検索回数が500回くらいの「ミドルキーワード」や「スモールキーワード」を使って、記事のバリエーションを増やし、内部リンクで「副業 在宅」の記事につなげましょう。

こうすることで、Amazonと同様の「ロングテール・キーワード戦略」になるんですね。

 

記事を階層構造にして「内部リンク」を設置する目的

むぎちゃん
でもさぁ、、内部リンクで繋げてもあまり回遊しないよね。。。

 

内部リンクを設定する目的は2つあって、ひとつは「ブログ内の記事回遊」ですが、もうひとつは「SEO評価の底上げ」になります。

おそらく、ビッグキーワードでは検索結果に「表示」すらされないかもしれませんが、スモールワードで検索からのアクセスを稼いでいる記事は「SEO評価」が上がって行きます。

SEO評価の高い記事を、内部リンクで束ねていくことで、その記事自体のSEO評価も上がってきますので、長期的に見ると検索上位に上がって来やすくなります。

そのため、内部リンクを丁寧に設置する事を心がけて、記事設計をしてみてくださいね。

 

 

ロングテールキーワードの選び方|WEBマーケの基本をSEOで実践|まとめ

Puzzle Last Part Joining Together - Alexas_Fotos / Pixabay

今回は、ロングテールキーワードの基本と、キーワード選定の方法や記事構造の考え方を解説しました。

キーワード選定自体は、検索エンジンにキーワードを入力する事で簡単にできますが、キーワードの検索数やテーマをまとめて「記事構成」を考えるためには、もう一工夫必要です。

ロングテールやビッグキーワード、穴場のキーワードを探して記事構成を考えることも、ひとつのブログ運営における「楽しみ」と言えます。

また、ロングテールキーワードに限らず、公開した記事を追いかけて「SEO対策・分析」することは、非常に重要です。

記事数が増えてくると、管理が必要な記事やリライトの優先順位を判断する際、時短ができて正確・効率的に分析をする「SEO検索順位チェックツール」がありますので、関連記事を読んでみてください。

Digital Marketing Search Engine  - Tumisu / Pixabay
Rank Trackerの使い方【初級編】ツールの機能が秀逸すぎる!

続きを見る

それでは、今回はここまでとします。

 

-ブログ運営
-, , ,

© 2020 ミライ創造.com