ブログ運営

ブログにコンサルは必要なのか?現職の企業コンサルがお伝えする真実

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ブログにコンサルは必要なのか?現職の企業コンサルがお伝えする真実

むぎちゃん
ブログ開始して3ヶ月だけど、アクセスも収益も全然だなぁ、、、ブログを見てくれるって言うコンサルからTwitterでDMくるけど、どうなんだろう? コンサルしてもらうべきかどうか迷うなぁ、、、

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本投稿の内容

  • ブログにコンサルティングは必要なのか?
  • ブログ運営に困ったらやる事リスト|解決方法あり
  • ブログにコンサルは必要なのか?|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素だけを抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログ運営をしていると、誰にでも訪れるのが「スランプ(伸び悩み)」です。

なぜなら、人の成長過程では、必ず「プラトー」と言う伸び悩みの時期があり、これはスポーツでも学習でも、共通して起こる現象になります。

この時期を乗り越えるためには、効果的な方法や過ごし方がある反面、精神的に弱気になってしまう時期であるため、様々な「悪質な罠」に引っかかってしまう事もあります。

本投稿では、本業を「企業向けの戦略コンサル」として生計を立てている、プロコンサルの立場の筆者が、ブログにおけるコンサルティングの要不要を説明します。

また、一部、有料で買った情報商材も実例で晒しますので(笑)、参考にして見てくださいね。

 

 

ブログにコンサルティングは必要なのか?

No%C%A Mie Girl Ella Sri Lanka Happy - kalyanayahaluwo / Pixabay

想像通りだと思いますが、結論としてはブログにコンサルは「不要」です

小売業やコンサル業などの、リアルビジネスが軸足の筆者としては、ネットビジネスの世界を覗いた感想は「ようやるわ...」と言う感じです(笑)。

そもそもですが、コンサルティングって特に資格も不要誰でも名乗る事ができます。

そして、コンサルティングの仕事って、成果を出すほど終わりが近づき(課題解決がゴールなので)、成果を出さなくても終わる(課題解決できないコンサルは不要)、と言う、どっちに転んでも八方塞がりな職業なんです(泣)。

そのため、コンサルティングの世界で生計を立てていくならば、成果を出し続けて業界からの信頼を得る、と言う継続性が必要になって、よほどの自信があるか、騙し騙しで「逃げ切り」を狙うしかやっていく方法しかないんですね。

 

ブログ運営とコンサルティングは相性が悪い理由

コンサルティングの提供価値を高めるのは「希少性」です。

まず、前提としてコンサルは「誰も知らない情報」と「誰も真似できないノウハウ」を武器にして戦っていく職業です。そのため、ネットや本で入手できる情報と、お金を払って真似できるノウハウは、本来、価値はありません。

そのため、悪質な「逃げ切りコンサル」は、成長過程において伸び悩んでいるブロガーを見つけて「初見殺し」を繰り返して、生計を立てています。

知ってしまったら、もう相手にされないので、「まだ知識がない人」を探し続けているのって疲れてしまいそうですが、どうなんですかね。

 

理由①:ブログの課題は外から見ても意味がない

筆者は本業で、ブログではないですが、メディアやECサイトなどを含む、WEBサイトの業務改善提案もしています。

時々、お世話になっているクライアントの社長さんから、「知り合いがECサイト運営で困ってる」などの相談を持ちかけられて、アドバイス程度のWEBサイト診断を行う事があります。

その時、他人のWEBサイト(ブログも同じ)の課題に対して、外から判断できる事って殆どないんです。

 

☑️外側からWEBサイトをチェックできる事例

  • サイト全体のドメインパワーや使われている商標ワードの競合性
  • サイトの読み込みスピードやスマホのユーザビリティ
  • キーワード選定とその市場ボリューム・SEOの競合性
  • 記事やページの構造(Hタグやリンクの貼り方、カテゴリーの構造など)
  • 必要情報の有無(プライバシーポリシーやサイトマップなど)

 

他にもアパレルやデザイン経験を生かして、サイトのデザインや、ページ内容の見やすさなども言及する事はありますが、アナリティクスやサーチコンソール等の計測ツールの実数を見ない限り「印象」にしか過ぎません。

インターネットビジネスで、数字に影響を与えているかどうか?がわからない課題診断なんて、お金を払う価値はありませんし、このような場合は筆者もお金をいただきません(当然ですがw)。

それであれば、Twitterとかで「自分のサイトの問題や気づきを、悪口でも良いのでください!」とツイートした方が、意見のサンプル数が多い分、有益なデータになると思います。

 

理由②:ジャンルや取り扱う商材によって成果が異なる

ブログには、トレンドブログやノウハウブログ、低単価や高単価な商材、広告主自体のサービスや商品の安心感、取り扱うブログや記事のキーワードボリュームなど、様々な要素が絡み合って、結果的にアクセス数や成果が発生します。

そのため、一つのノウハウだけで全てのブログ課題に当てはまる事はなく、上述の通り、中身の数字が見れない課題診断にお金を支払う価値はありません。

一般的には〜」「普通は〜」と言うレベルの情報であれば、インターネットでも情報はありますし、本も売っていますので、個別にお金を支払って診断してもらうまでもありません。

※冒頭でご紹介した「神ブログ」を読めば、無料で十分な情報が入手できます。

 

厳しいことを言うと、インターネットや本に書いてある事が理解できないのであれば、人からアドバイスを貰っても理解できません

このような場合は、有益な情報であっても、成果の再現性が担保されていないので、お金を払って情報を得るには、まだ早かったと判断しましょう

 

理由③:インターネットビジネスは数の暴力である

誤解されないように念押ししますが、ブログが評価されるためには、サイトや記事の質をアップする必要があります。

その上で、質が同等に並んだ場合、次は「量が圧倒的に勝ってしまう世界」でして、例えば「YMYL」と言う領域においては、企業のメディアやブログ・エッセイなどと真っ向から立ち向かっても勝ち目はありません。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略語で、Googleが定めている、SEOにおける品質基準の一つです。読者であるユーザーが、科学的根拠や効能が認められていない「食品やサプリメント」などで騙されてしまったり、生命の危機に及ぶような「ダイエット方法や健康法」、再現性のない「投資情報」など、ユーザーがお金や生命の面で不利益になるような情報提供がされないように、検索アルゴリズムや広告の禁止ワードなどで、抑止する機能があります。

 

また、競合相手が企業ではなく、一般人のブロガーでも同様で、同じような質の記事であれば、発信量が多いほどドメインのパワー検索順位に有利に働くケースが多く、最終的には「量が全て」になってきます。

そのため、どれほど良いアドバイスを受けたとしても、本人の行動量が少ないと、コンサルで得たアドバイスを生かす事ができず、課題の本質が、ブログではなく自分自身になってきます。

そのような場合は、ブログのコンサルではなく、自己啓発やマインドセットの勉強をした方が良いかもしれませんね。

 

有料商材の一部事例を晒します

さすがに生データは載せれないですが、過去に7,900円くらいで購入した「20万円を手にするブログノウハウ」の情報商材です。

簡単にいうと、マナブさんの無料ブログと比較にならないくらい、内容の質が低く、しかも図解がないので「文字で理解する」シロモノです。

しかも、ワードに書き殴りなだけでなく、改行なし!行間2行あけの大作ですね(笑)。

ネタのため購入しましたが、大体がこんな感じかメルマガ会員目的なので、手を出さない方が無難です。

 

 

無料コンサルはどう考えれば良いか?

時々、Twitterで「毎月抽選でブログコンサルをします!」のような人がいます。

あなた次第ではありますが、無害であると思いますので、興味ある人は、貴重な第三者の意見が聞ける機会だと思って、応募しても問題はありません。

それこそ無料ですし、コンサルの意図を理解しておけば、その後も特に心配する必要はありません。

 

無料コンサルの意図を理解しておく

  • TwitterやSNSのフォロワーを増やしたい=権威性が欲しい
  • 連絡先を入手して、メルマガアフィリエイトなどの名簿として活用する
  • ブログで収益を出すことを諦めて他のマネタイズ方法を模索している
  • 純粋に人の役立つことをしたい

先述の通り、インターネットビジネスは「」でビジネスの成否が分かれてくるので、とにかく量の実績を作るための手段として、ブログコンサルをしているケースもあります。

無料ということを踏まえて、過度に期待を膨らませず、自己コントロールができたら問題ありません。

例え、後々そのコンサルが「有料商材」を販売するようになっても、「タダで見てもらったしなぁ」と感情移入して購入したり宣伝する必要はありません。

先ほどの「の理論」には、確率が含まれているので「絶対数=母数」が必要とも言えます。

全員が全員、自分の意図した動きをしてくれない事も想定しての「数の理論」なので、例えあなたが「配慮した行動」を取らなくても、初めから折込み済みですので、気にしなくても大丈夫ですよ。

 

 

ブログ運営に困ったらやる事リスト|解決方法あり

Businessman Pointing Success Target - geralt / Pixabay

ブログ運営に困った場合、情報商材の購入やコンサルティングを依頼する前に、原因を調べてみましょう。

小売業や製造業だと「売上=客数×客単価」という、シンプルな計算式で算出できますが、ブログも同じで

ブログ収益=(アクセス数×コンバージョン率)×成果報酬単価で計算できます。

 

このうち、成果報酬単価は、ASPからアフィリエイト広告を選ぶのはあなたなので、ある程度コントロールできます。

そのため、ブログ運営の困り事の殆どは「アクセス数」と「コンバージョン(成約率)」を上げる事に絞られており、この2つの課題をクリアすると、ブログ運営でつまずいている「何か」が動き出すでしょう。

 

アクセス数を増やすためにやる事

アクセスを増やすためには、「メディア対策」と「SEO対策」が必要です。

SEO対策には、主に記事構造を知識と、キーワード選定のテクニックが必要なので、詳しい事は過去の記事がありますので、読んでみてください。

 

メディア対策:検索エンジン以外の流入経路を増やそう

Alzheimer S Dementia Words  - geralt / Pixabay
ブログのアクセスアップ|初心者が「楽しみながら」できる対策3つ

続きを見る

Keyboard Hand Robot Social Media  - geralt / Pixabay
Twitterのフォロワーを500人まで増やす方法|誰でも可能です

続きを見る

 

 

SEO対策①:基礎知識から記事構造の対策

Search Engine Optimization Seo  - geralt / Pixabay
ブログ初心者は【検索エンジン】の仕組みを知ろう|SEO対策

続きを見る

Search Engine Optimization Seo  - geralt / Pixabay
ブログ初心者のSEO対策|まずは基本をおさえて検索流入を増やそう

続きを見る

Innovation Solution Vision Hand  - geralt / Pixabay
ブログのリライト|検索順位を上げるため【記事の目標】を見直そう

続きを見る

 

 

SEO対策②:キーワード選定と記事作成ノウハウ

Keywords Letters Scrabble Word  - Wokandapix / Pixabay
ブログのキーワード選定|プロの方法を学ぼう【マナブさん動画を解説】

続きを見る

Googleキーワードプランナーの使い方
キーワードプランナーの使い方|Google公式ツールの活用方法を解説

続きを見る

 

 

コンバージョンを上げるためにやる事

ブログ自体が、検索表示されたり、SNSなどからのアクセスが増えたら、次は「文章力の対策」をしましょう。

ブログ自体が「文章」で作られたメディアですので、文章力をアップさせる事から逃げる事はできません。ここは覚悟を決めて「文章」について向き合っていきましょう。

 

検索結果からのクリック率をあげよう

Drinking Glasses Mirroring Proverbs  - Alexas_Fotos / Pixabay
ブログタイトルの重要性|【保存版】初心者から覚えたい3つのコツ

続きを見る

 

思わず書いたくなる「セールスライティング」を身につけよう

Working Computer Cafe Coffee  - duonglong2180 / Pixabay
セールスライティングとは|ブログで取り入れたい【10倍売る方法】

続きを見る

Article Blog Newsletter Press  - viarami / Pixabay
ブログの書き方|2つのライティングスキルを学べるオススメ本を紹介

続きを見る

 

☑️文章力を上げるために特化した「学習への投資」はアリ

特にアフィリエイトで成果報酬を得るためには、セールスライティングの学習や経験が必要です。

Business Office Training Problem  - geralt / Pixabay
アフィリエイトに役立つセールスライティング学習方法|お金ももらえる

続きを見る

殆どケースでは、セールスライティングの本を読んだりライターの仕事を受けて、経験を積む事で課題を解決していけるので、多大な投資は不要ですが、もし、本格的に勉強したい場合は、実績が担保されている会社のサービスで文章力をアップしていきましょう。

 

ブログ界隈では、株式会社ウェブライダーの製品やサービスは有名です。

SEOやセールスライティングに関する超有名書籍の「沈黙」シリーズや、SEOに強いワードプレステーマ「賢威」を販売しています。

その株式会社ウェブライダーが提供する、ライティングに役立つスクールで「文賢」と言うサービスがあります。

すべての人の文章にアドバイス。文章の改善点をクラウド上で指摘するツール」と言う名の通り、テストテキストなどを提出や送付するのではなく、クラウド上で文章添削するサービスです。

より高いレベルのセールスライティングを目標にしている方は、是非とも一度、公式サイトをみてくださいね。

『文賢』公式ページへ

 

 

ブログにコンサルは必要なのか?|まとめ

Yoga Meditation Exercise Zen Girl - KarinaCarvalho / Pixabay

今回はブログ運営にコンサルは必要かどうか?についてお話をしました。

結論、お金を出してまで、1回や2回で終わるようなブログコンサルや、情報取材の購入は得策ではないです。ただ、一つだけ念押ししたいのが、「本当にためになる知識」を得る事ができる有料商材もあります。

有益情報を見極める方法は簡単

  • 製本版が発行されている書籍を選ぶ
  • 長い期間でツイッターなどのアカウントが継続されている人から買う
  • フォロワー数などが多い人から買う

そう言う意味でも、冒頭に記載してある「神ブログ」は、非常に有益です。

少しブログの「キーワード選定」の知識や技術にも近いですが、これほど有益な情報があふれている中で、悪質なブログコンサルや情報商材の被害にあう原因の一つには「情報にたどりついていない」事もあります。

キーワードサーチを補助するツールはありますが、検索エンジンで必要な情報を探す能力は、この情報化社会においては損をする能力ではありません。

 

筆者は、本業のお仕事でも「情報リサーチ」をしてから、様々な企業分析を行ってレポートする業務もありますが、インターネットで情報をヒットさせる事って非常に重要な事だと思います。

いわゆる「ググれ」ないと、調査レポートを作成するには情報の量が少なすぎるし、検索するには、情報の意図を読み解く技術も必要になっています。

マイナーではありますが、検索検定と言う検索に関する知識・技術測定する資格もあり、このような勉強をしておく事で、悪質な情報商材に手を出さざるを得ないような状況を防ぐ事ができます。

 

ネットの世界は便利な一方、真偽がわからない事が多いので、まずは自分を磨き上げていく事も重要です。

まずは、必要な情報を入手して、存分に勉強と実践を繰り返し、新しい疑問を自分で調べていくサイクルを身に付けましょう!

また、筆者のポリシーとしても、個人からお金をとるような事はしない(企業からはもらう)ので、何か悩みがあれば、ツイターのDMからでも連絡をください!

それでは今回はここまでとします。本当に騙されないよう、気をつけてくださいね。

-ブログ運営
-, , ,

© 2020 ミライ創造.com