FX

FXとは?|初心者でもわかるFXと株の違い「3分で読める」

  1. HOME >
  2. お金を増やす >
  3. FX >

FXとは?|初心者でもわかるFXと株の違い「3分で読める」

FXとは?=正解「為替を活用した取引」です

FXとは「Foreign Exchange」の頭文字で日本語では「外国為替証拠金取引」と言って外国為替を利用した金融商品の総称になります。

FXは「24時間取引」「少額で開始」「手数料コストが安い」など色々なメリットがありますので、FX初心者やこれからFXをはじめようと悩んでいる方に「ポイント」や「メリット」「リスク」ををわかりやすく説明します。

FXと株は何が違うの?

まず、FXの投資対象は「通貨」であり「国」の魅力であるとも言えます。その為、企業が発行する株式とは異なり種類が少なく、いち企業の業績に大きく価値が左右されると言う訳ではありません。

株は企業の歴史や経営者の人物像、もちろん業績や対象サービスの今後の動向など様々な要素の確認が必要になりますが、FXは経済政策や国の情勢など「大局的」な情報が価値を左右させます。

もちろん株はサービスや商品そのものが好きな人にとっては「身近な」投資方法であると言え、想像しやすいと言うメリットはあります。

また、株は国内だけでも4000社を対象として取引が行われますが、FXは通貨ですので、ドルや円、ユーロやポンドなどイメージできる主要通貨を対象に行われる為、組み合わせ的には20通りくらいです。慣れてきたら動きが読みやすくなると言うメリットがあります。

値動きの違い

海外旅行に行った事がある方はイメージしやすいかもしれませんが、為替レートって5年10年単位で見ると変動しているなぁと感じると思いますが、1日で上下30%以上の動きとかは殆ど発生しないです。1日の間でそんなに変動していたら怖くてクレジットカードで買い物なんてできませんよね(笑)。

FX基本的に1日の値動きは1%程度になっていて、かなり大きなトランプ砲が発射されたりしても、米国ドルと日本円の関係は3~4%程度しか動きません。1年でみても最大30%程度の値動きとも言えます。

その為、FXは「レバレッジ」と言って、資金に対して25倍もの取引ができたりなど、資金を有効に使うシステムが使えます。また、流動性があるという面では、売り買いが活発な為、株式のように暴落して「塩漬け」になってしまう事が滅多にありません。

反面、株価は為替と比べると、尋常でない程の値動きがあります。ニュースとかでも時々聞くと思いますが、1年間で100倍の株価になった企業や、上場すると公募価格の2倍3倍になることも珍しくなく、まさに「夢のような」サクセスストーリーを手にいれる人もいます。

もちろん、そんな美味い話だけではなく、数ヶ月で価値が半分になってしまったり、株価が暴落してしまうと誰も欲しい人がいない訳ですから「損切り」もできなく「塩漬け」せざるを得ないと言う状況になってしまいます。、

要はFXはコツコツ、株はハイリスクハイリターンで、と言う事が言えるかと思います。

FXのまとめ記事

Mockup Typewriter Word Money  - viarami / Pixabay
FX初心者必見|FXを始める前に知っておきたい記事まとめ「5分で読める」

続きを見る

 

あとがき

いかがだったでしょうか?

あれ?ツイッターやネットで見る「儲けました」情報とはギャップがあるなー、、と感じる方もいるかもしれません。

そのような情報は「半分本当」で「半分嘘」だと思って間違いありません。なぜなら上述のように値動きの幅が少ないのに、1日とかでそんなに利益が出る訳ありませんよね(笑)

半分本当と言うには、プロトレーダーのような人が1日中取引画面にへばりついて、売っては買い、買っては売る、、、と言う事を、1日何十回も大きな資金を投じてやっていたり、海外を拠点とするFX会社のサービスを利用して、日本では明確にOKとされていない「超倍率のレバレッジ」で取引をしているケースもあるからです。

もちろん、事実と実績を持っている方も大勢いると思いますが、あなたが「副業」として実行可能か?現職を辞めるリスクよりも「人生かけてやれるか?」によって、結果はかなり変わってきます。様々な情報を見ても決めるのは「自分自身」です。

キチンとリスクとメリットを把握した上で、FXによる投資運用があなたの生活をプラスにしてくれる事を願っています。

-FX
-, , , , ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5