FX

FX用語集!|始める前に知っておきたい用語のあれこれ「3分で読める」

  1. HOME >
  2. お金を増やす >
  3. FX >

FX用語集!|始める前に知っておきたい用語のあれこれ「3分で読める」

知っておきたい最低限の用語

スワップ、ロスカット、pips、レバレッジなどなど、、挙げればキリがありませんが、FXの取引を動かすのに必要な最低限の言葉は覚えておいて損はありません。逆に初めから辞書のように覚え切って臨む必要もありません。事実は「取引上で絶対に必要な言葉はあまり多くはない」と言う事です

ASK(アスク)

トレーダーが買えるレート

BID(アスク)

トレーダーが売れるレート

PIPS(ピップス、ピプス)

Percentage_in_pointsの略語で最小通貨単位の1パーセント(1/100)の意味で日本円だと1円の1/100である1銭が1pipsになる

米ドルの場合だと最小単位は1セントなので、1セントの1/100=0.01セント=0.0001ドルが1pipsとなるが、海外諸国は日本のように1円以下の通貨単位があったり無かったりするので「pips」として言語と単位を合わせる役目がある

インターバンク市場(インターバンクしじょう)

外国為替市場は物理的な取引所がないため、金融機関を中心とした電話やオンライン環境での取引市場になっているが、その取引の名称

売い決済(うりけっさい)

買ったものを売ること 買ったポジションを減らす 転売

買い決済 (かいけっさい)

売り注文を買い戻しする決済 売りのポジションを減らす 買い戻し

ポジション=建玉(たてぎょく))

新規注文約定させて、未決済の保有状態のこと 買いポジション 売りポジション

約定(やくじょう)

売り買いの注文が成立する事

クイック注文=成り行き注文

価格を設定しないで、その時の価格で行う即時注文

指値注文(さしねちゅうもん)

今よりも良いレートで予め注文を入れておくこと

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

これ以上、損失が広がらないように予め下限を決めて注文設定しておくこと

スプレッド

売値(BID)と買値(ASK)の差

「BID 105.000」と「ASK 105.003」だと、差額の0.3銭がスプレッド

スプレッドの開きが狭い会社の方が利益を出しやすい

スワップポイント

各通貨の金利差調整額のこと

金利差の状況によってスワップポイントを受け取ったり支払う必要がある

損切り(そんぎり)

損失が発生しているポジションを決済して、損失確定させること

取引証拠金(とりひきしょうこきん)

保有しているポジションを維持するために必要な証拠金

評価損益(ひょうかそんえき)

現在保有しているポジションの損益を仮定で評価した時の金額

ロスカット

トレーダーが保有しているポジションのうち損失がFX会社の定める基準に達した場合、リスク管理のため強制的に決済すること

あとがき

数えて見ると20個ないですね。

感覚的に理解できるものも多くありますので、聞いたことない、ピンとこない用語だけチェックしておきましょう。

-FX
-, , , ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5