ブログ運営

ブログの文章力に不安を持っている人へ|見落としている大事な事を解説

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ブログの文章力に不安を持っている人へ|見落としている大事な事を解説

むぎちゃん
ブログを始めたんだけど、ブログってライターさんが多いよね、、、文章を書く仕事をした事がないのに、ブログをやっていけるのかなぁ。。
ブログで良い文章を書くコツを教えてください!!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • ブログに堅苦しい文章は不要!誰に読んでもらいたいかを考えよう
  • ブログの文字数を減らすテクニック
  • ブログの文章力に不安を持っている人へ|見落としている大事な事を解説|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素を抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログに限らず、記事や資料の文字数は少ない方が読みやすくなります。

本業のお仕事で、報告資料や提案資料を作っていると、少しでも理解を深めてもらうため、ついつい文字数が増えてしまいがちですよね。

でも内容を削ると、必要な事が伝わらなくなってしまいます。

本投稿では、WEBサイトやブログ記事で、内容ではなく文字数を減らすテクニックについて解説しますので、ブログや仕事メールで文章を書く際の参考にしてください。

 

 

ブログに堅苦しい文章は不要!誰に読んでもらいたいか?を考えよう

Skills Can Startup Start Up - geralt / Pixabay

  • 自分は文章力に自信がないからブログなんて。。。
  • 自分は会社でバリバリ資料を作っていたので、文章には自信があります!

このように考えている人は、一度、考えて欲しい事があります。

 

あなたのブログの読者はどんな人?

あなたのブログは、どんな人が読んでいるのでしょうか?または、どんな人に読んでもらいたいと思って書いていますか?

ブログの文章は、読む対象をイメージに合わせて変えていく必要があります。

なぜなら、どのような文章や語句を使うか?によって「興味・関心」の度合いが変わってくるからです。

例えば、市場調査や金融商材を扱うブログ記事で「マジ、大儲け間違いないって!勝ち組決定〜!」のような文章を使うと、内容があっていても「心が受け付けない」ですよね(笑)。

 

資料や書籍との違い

会員制ブログでない限り、ブログはオープンに情報が発信され、読者も「誰でも」情報を見る事ができます。

会社の資料や書籍の読者となる人は、文章や内容を理解するために「読み込む」前提で文章を読みますが、ブログは「読む」と言うよりは「見る」に近い感覚で記事を読みます。

そのため、タイトルの分かりやすさや見出し文などを見て、感覚的な判断をして記事を読むかどうか?を決めるケースが多く、よりシンプルで見やすい文章が求められます。

 

 

先に結論|ブログにプロの文章力は必要ない

ブログの文章で、難しい表現や専門用語、堅苦しい言い回しは不要です。

なぜならあなたのブログは、「コラム」や「エッセイ」・「公式文書」ではないので、読者自身がプロの文章を求めてないからです。

ちょっと寂しい気もしますが、もし読者が「公式文書」を探しているなら「企業の公式ページ」や「企業メディアが運営している記事」を探しますよね。

ブログ記事は、公式情報よりも少なくても多くてもダメです。

なぜなら内容が薄いと読む価値が低くなり、無理やり情報を多くすると「捏造」になるからです。

あくまで個人の経験や見解として、公式情報では得られない「付加価値」を提供する事が重要なんですね。

そのためプロの文章テクニックではなく、読者視点で読者に寄り添った文章で、記事を書く事が重要になります。

 

ブログ記事に必要な要素

ブログ記事の文章には、いくつか役割が分かれている事はお気づきですか?

ブログ運営は「WEBマーケティング」の集大成とも言えるサービスで、マーケティングの知識が不可欠です。

AIDMA(アイドマ)と言うマーケティング理論があり、ユーザーの購買行動を要素分解した用語になります。

  • A:attention(注意・認知)
  •  I:interest(興味・関心)
  • D:desire(欲求)
  • M:memory(記憶)
  • A:action(行動)

>>関連記事はこちら

 

ブログにおける「集客やアクセス対策」は、一番上の「A」にしかすぎず、そのあとの購買行動は「文章力」で成果が変わってきます。

ブログの文章構成で理解しておくべき役割は、過去の記事を参考にしてくださいね。

Drinking Glasses Mirroring Proverbs  - Alexas_Fotos / Pixabay
ブログタイトルの重要性|【保存版】初心者から覚えたい3つのコツ

続きを見る

Blog Smartphone Blogger Wordpress  - viarami / Pixabay
【初心者必見】リード文の書き方は「型」を使うとスラスラ書ける件

続きを見る

Magnifying Glass Clock Stopwatch  - geralt / Pixabay
ブログの記事作成|テンプレートを使って作業時間を大幅に減らす方法

続きを見る

 

 

ブログの文字数を減らすテクニック【7つのポイント】

Write Coolie Outdoor Office - martinbinias / Pixabay

ブログ記事のチェックは必ず必要です。

何年文章を書いていても、初稿では誤字脱字や違和感のある文章が発生するため、公開後の記事を読者視点で読む習慣をつけましょう。

それでは、文章チェックの際に見るべき視点を「レベル順」に説明しますね。

 

単語の短縮・削除

まず手始めに、削っても意味が成立するような文字を削りましょう。ポイントは前述の通り「意味がわかる」事です。

 

修飾語を削る

メモ

  • すごく・とても・かなり など

度合いを示す修飾語は、結局、読者の経験に委ねてしまいます。

多くの水」ではなく「10リットルの水」のように具体性がないのであれば、削ってしまいましょう。

他にもブログで多用してしまう修飾語に、「一般的には」「基本的に」もあります。

文章の整合性や正統性の、尺度を補足するために使ってしまうので注意しましょう(自戒)。

 

接続詞を削る

メモ

  • しかし・もしくは・それとも など

電話もしくはメール」は「電話かメール」のように、長い接続詞を削りましょう。

電話・メール」のように記号で区切っても違和感がない文章なら、記号区切りでも大丈夫です。

 

「〜と言う」と「こと」を削る

メモ

  • 誰にも縛られない生き方と言う事は〜
    →誰にも縛られない生き方は〜

会社の資料を作って、丁寧に説明する意識をしてしまうと多発する補足文字です。

よく「どう言う事?」とツッコミをされる経験が多いと、「と言う」を使って対象を指定する事で分かりやすくするのですが、ブログも説明が多い文章なので多くなりがちですね。

 

「こそあど」を削る

メモ

  • これ・それ・あれ・どれ

修飾語と同様、ユーザーに理解を委ねてしまう「指示語」も削りましょう。

このような文字を減らす工夫」を「文字を減らす工夫」と置き換えて、前後が問題ない文章であれば削ってしまいましょう。

 

言語のバランスをとる

言語のバランスをとる理由は、視認性の向上です。

日本語は様々な国の言葉を入り乱れて使う珍しい言語ですが、言語のバランスを取ると見やすい文章になるので、参考にしてくださいね。

 

英数字やカタカナ・漢字のバランスを考える

メモ

  • 訪問者が千人も増えたので、記事の閲覧数も十倍に増えた
    →ユーザーが1000人も増えたので、記事のアクセスも10倍に増えた

経験者向けの記事か、一般人向けの記事によって使い分けが必要ですが、ブログ経験者に向けた記事であれば、Googleアナリティクスや普段使いの用語に合わせた方が、誤認識を防げます。

数字は半角数字にすると、Googleのクローラーが読み取りやすくなるため、SEO対策にも有利になると覚えておきましょう!

 

句読点の場所を考える

メモ

  • 文頭に句読点を打たない
  • 横並び20文字くらいで句読点を打つ

明確なルールが理解しづらいですが、句読点の位置を工夫する事で文章の見え方が変わってきます。

↓参考になる記事

メモで挙げた事例は、WEBサイトで文章を書く際に意識する良いですが、音読して呼吸のリズムが崩れない長さにすると良いでしょう。

ただし長さだけで区切ってしまうと、意味が変わってしまうケースもあるため気をつけましょう。

 

 

文法を正しく使おう

ブログの文章で、意味が分かりづらくなってしまう、気をつけるべき文法は「修飾語」です。

修飾語には、対応する被修飾語があり、位置関係を間違うと文章の意図が分かりづらくなるので、修飾語の配置は気をつけましょう。

 

係り受け言葉の注意点

メモ

  • とても大きな札幌の動物園があります
    →札幌にはとても大きな動物園があります

修飾語の並べ方を間違うと、意味合いが複数の文章になってしまいます。

  • 大きな札幌
  • 大きな動物園

実際に札幌市の面積は1,121 km²あり、東京23区の面積の619 km²を大きく上回ります。

そのため、どこが大きいのか?を連想できるように、被修飾語である「動物園」の近くに修飾語の「大きな」を近づけて文章を書きましょう。

 

 

ブログの文章力に不安を持っている人へ|まとめ

Keyboard Office Cup Table Work - ZD_New_Media / Pixabay

今回の投稿では、読みやすいブログの文章を作るためのポイントを説明しました。

ブログ記事で見やすい文章とは、書籍や会社資料のような公式文書の文章テクニックではなく、文章の視認性をあげて、文字を削ぎ落とすテクニックとも言えます。

むぎちゃん
ポイントが多かったので、まとめまーす!

 

文字数を減らして文章をみやすくするコツ

  • 修飾語を削る
  • 接続詞を削る
  • 「〜と言う」と「こと」を削る
  • 「こそあど」を削る
  • 英数字やカタカナ・漢字のバランスを考える
  • 句読点の場所を考える
  • 係り受け言葉の注意点

7つほどポイントがありますが、上の項目から順番に意識して文章校正をすると、気付きやすいためおすすめです。

ブログの文章テクニックを上げ、読者が読みやすい記事作成を心がけていきましょう!

 

 

 

-ブログ運営
-,

© 2020 ミライ創造.com