ブログ運営

ブログをやるならドメイン取得|2020年オススメのドメイン5選

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. ブログ運営 >

ブログをやるならドメイン取得|2020年オススメのドメイン5選

むぎちゃん
ブログを始めたいのでドメインを取らなきゃだよね?
初心者でも安心安全なおすすめのドメイン会社を教えてください!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • ブログでおすすめなドメイン会社5選
  • ドメインの種類|.comや.netなど【トップドメイン】とは?
  • 自分のドメイン名はどのように決めるべきか?

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素だけを抽出してわかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログでおすすめなドメイン会社5選

Domain Names Domain Extension Domain - JanBaby / Pixabay

JanBaby / Pixabay

むぎちゃん
すいません、、、、ぶっちゃけ、ドメインって何ですか(笑)

 

何となくブログ開設以外でも聞いた事がある「ドメイン」ですが、簡単にいうと形がない「インターネットの世界地図の上」にあなたの住所を登録する事です。

 

この際、ドメインはあなたの好きな名称をつける事ができます。あなたがつけた名称のドメインを購入して利用したり、誰かに取られないようにキープしてくれるのがドメイン会社になります。

 

初心者は実績のあるドメイン会社を選ぼう

初心者がドメインを取得するにあたって、そもそもドメイン会社を探すのも一苦労です。

そこで特徴別に有名な会社をまとめましたので、自分にあったドメイン会社を選んでくださいね。

 

各ドメイン会社の特徴

それでは、5つのドメイン会社について特徴を説明します。

 

エックスドメイン

こちらは筆者も愛用しているエックスサーバー株式会社の販売するドメインサービスになります。

筆者がエックスドメインを使う理由は単純で、様々な申し込みを少しでも一本化したかったからです。何かと手続きや案内が多いブログ運営においては、案内メールだけでも管理が大変です。

特にドメインは契約期間や延長の案内を見逃すと、泣く泣くドメインを手放すという事態を招きかねないので、安定感あるレンタルサーバーの代表格である「エックスサーバー株式会社」が販売するエックスドメインを使うようにしています。

エックスドメインで探す

公式ホームページはこちらから

 

GMOグループ

GMOグループ」は一番規模が大きく費用も安いとされていますが「.osaka」や「.kyoto」など特定ドメインが取れないようです。

ただしドメインにつけたい名称や、トップドメインの種類によって価格がかなり変動するので、一概にGMOグループでとると「絶対に安い」とは決めつけられない事も事実です。

初年度を極端に低くプロモーションして、更新年度以降が高くなるケースもあるので初年度だけでなく契約更新の際の金額も確認しておきましょう。

 

コンベエドメイン

こちらは株式会社インターリンクが販売するドメインサービスになります。

ゴンベエドメイン」はほとんどのドメインタイプに対応しており、ちょっと変わったドメインが欲しい方には良いと思います。

ただし、一般的なトップドメインが割高になる傾向があるため、普通のドメインを取得したい方はあまりおすすめできません。

ゴンベエドメインで探す

公式ホームページはこちらから

 

ただ、ぶっちゃけると、自分が取りたいドメインが「いくらで取れるか?」を優先した方が、後々の満足度が高いです。

色々ドメインを探してみた結果として、一番マッチした会社を選ぶと言う事で良いと思います。

 

ドメインの種類|.comや.netなど【トップドメイン】とは?

むぎちゃん
ドメイン会社とドメイン名、何でも良いって言ってもなぁ、、、何か注意点ありますか?

 

あなたが「ドメイン」と聞いてイメージしたり、よく見かける「.com」「.net」「.biz」「.info」などで終わるドメインは「トップドメイン」と言われています。

トップドメインの特徴としては、どこの国からでも取得できるため、特定の名称は競争率も高くお値段もかなり高額になる事も。

ちなみに筆者の本ブログは「miraisouzou」と言う名称でドメインをとっていますが、「未来創造」と言う言葉自体は地域復興団体や経済団体などで良く使われています。

当然、専用のWEBサイトもあったりするので「miraisouzou.com」や「mirai-souzou.com」などのドメインは既に使われており「miraisouzou.net」で取得したと言う経緯があります。

そのため「miraisouzou.net」は筆者が既に取得しているので、重複して他の誰かが取得することはできません。

ただし「.info」や「biz」 のような、他のトップドメインでは取れるかも知れませんし、トップドメインで取れなくても、他の属性ドメインである「.co.jp」や地域ドメインの「.tokyo」などでは取れるかも知れません。

ここではドメインは「オンリーワン」ではあるが、近しい名称で取得できる方法はあると言う事だけ覚えておいたら良いと思います。

そのため、あなた希望するドメイン名が取れなかった場合、他の会社でそのドメインを持っている可能性があるため、すぐに諦め無いように他の会社も探してみましょう。

 

自分のドメイン名はどのように決めるべきか?

一般的なブランドECサイトや、ジャンルを特化したブログなどでは、「サイト名」と「ドメイン名」を近い名前にするケースが多いです。

筆者もサイト名が「ミライ創造.com」で、ドメイン名が「miraisouzou.net」になっています。

なぜサイト名が.comなのにドメイン名が「.net」なのか?と言うと、後からサイト名を変えたからです。これは100%気分の問題でした(笑)。

今後、ドメインを取得してブログを立ち上げる方へのアドバイスとしては、なるべくドメイン名は「広い定義の名称」をつけた方が良いと思います。

なぜなら特化ブログやブランド名も同様ですが、トレンドやキーワードを意識した名称にしてしまうと、流行りが終わったと同時に名称自体がデメリットになるケースもあります。

 

サイト名はいつでも変える事ができますが、ドメインは変更できません

ドメインを変更する=別のサイトを立ち上げるのと同じ事になりますので、そこまでに付いていたファンが離れてしまいます。

また、ドメイン自体も年数が長いほど「ドメインパワー」と言う検索に有利な指標が強化されていくため、ドメインを簡単に変更することは非常にデメリットが多くなります。

ブログ運営をしていくうちに、ブログのテーマやカテゴリーなどを変更していく事が多々ありますので、なるべく広い意味で使えるドメインをとっておく事が無難と言えます。

 

まとめ

今回はドメイン会社の選び方と、名称の付け方などについて説明しました。

まだブログを描き始めていない状態でも「自分で決めた名称.com」など、先にドメイン取得をする事によって、インターネットの世界に向けて正式にサイトをエントリーさせた事になりますので、ちょっとした達成感と身が引き締まる緊張感も感じられると思います。

ぜひ、勇気ある一歩目の「自分のドメイン」を取得して、インターネットの世界にチャレンジして行きましょう。

-ブログ運営
-, ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5