SEO/Writing

セールスライティングとは|ブログで取り入れたい【10倍売る方法】

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. SEO/Writing >

セールスライティングとは|ブログで取り入れたい【10倍売る方法】

むぎちゃん
ブログで収益化させるにはセールスライティングが重要と聞いたけど・・なんか怪しくて胡散臭いw ブログに取り入れたりすると怪しいサイトにならないか心配、、、

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • セールスライティングとは?|まずは基本的な知識から
  • セールスライティングの事例|同じスキルでも印象が違う件
  • セールスライティングのポイントと勉強方法

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素だけを抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画がおすすめです。

 

芸能人の日記ブログなら要りませんが、私たち一般人がブログ運営で「収益化」を目指すのであれば、セールスライティングと向き合う必要があります。

突然、家に訪れた訪問販売のセールスマンの営業をインターホン越しにお断りするのと同様に、素性の知れない情報が集まっているインターネットの世界では、あなたのブログもそのような目でみられている可能性が高いです。

それでは、どのようにすると、ブログに訪れたユーザーの警戒心を解き、あなたが提案する情報や商品を買ってもらえるでしょうか?

一流の営業マンもブロガーもこの壁を乗り越えて、多大な収益をあげています。

是非ともセールスライティングの基礎を学び、ユーザーの心を動かす記事制作を目指しましょう。

 

セールスライティングとは?|まずは基本的な知識から

Social Media Media Board Networking - geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

むぎちゃん
そう言えば、セールスライティングとコピーライティングって何が違うの?

 

セールスライティングとコピーライティングは、「ユーザーの心理に働きかける」「商品やサービスを販売する」と言う同じ目的を持っていますが、普段、目にする商用的な活用では利用シーンによって使い分けがされています。

 

セールスライティングとコピーライティングの違い

セールスライティングは、その名の通り「売る事を目的にした専門的なライティング」です。

それに対してコピーライティングは「イメージアップや認知向上を目的とした専門的なライティング」になります。

セールスライティングとは、いわば「ユーザーの購買行動」に働きかけ、商品を買ってもらったり、申込みをするなどの行動促進をするための技術となります。

 

セールスライティングの要素

セールスライティングが、ターゲットの行動を促すためのテクニックは2つあります。

  • レスポンス(反応)コピー
  • セールス(売上)コピー

いずれも、最終的に目的としている成果が「ユーザーの行動想起」ですので、いくらイメージがよくてカッコイイ文章を作ったとしても、ターゲットとするユーザーが商品を買ったり、サービス申込みをなどの行動変化に至らないと失敗となります。

 

コピーライティングの要素

「コピー」と言う言葉の意味には2つの意味合いがあります

  • セールス(売上)コピー
  • イメージ(印象)コピー

コピーライティングの意味合いの中には、セールスコピーを作成する「セールスライティング」も含まれます。

イメージコピーは、テレビCMやポスター・看板などで使われており、そこから直接的な購買行動を促すと言うよりは、企業や商品のブランディングやイメージアップ、認知の拡大を目的としています。

特徴としては「直接的な売上」の計測ができない事があります。

だからと言って、企業がコピーライティングを駆使してCMや看板を出す目的だけで高額な広告掲載費用を使っている訳ではありません。

最終的なゴールは認知拡大やブランディングイメージの向上によって売上をあげる事になります

一部、広告制作会社やクリエイター職においては、広告=ブラディングや認知向上を成果ゴールとして主張するケースも多いですが、いずれにせよ広告主の業績に影響を与える事がない広告は「ただのコスト」になってしまいます。
ここでは主張の正否は言及しませんが、お金の流れを考えて「何があるべきか?」を考えてみましょう。

 

 

セールスライティングの事例|同じスキルでも印象が違う件

むぎちゃん
ぶっちゃけ、セールスライティングって、なんで怪しいイメージあるんだろう(笑)

 

あえて結論を先に言いますが、真っ当なスキルであっても使い方や表現の仕方、それを伝える対象によっても、受け止め方がかなり変わってきます。

  • 例えば戦争の殺戮兵器として代表的な「ダイナマイト」も、戦争で使えば大量殺戮兵器ですが、土木工事や原料のニトログリセリンは医療でも活用されています。
  • ノーベル賞で有名なアルフレッド・ノーベルが発明しましたが、ノーベル自身は世界に平和をもたらすために発明したと言う事です。

 

セールスライティングがデメリット認知される事例

まず、代表的なのが「情報商材」の押し売りや、怪しいセミナー案内の主催者やオーナーの、世にも悲惨な生い立ちと、そこから這い上がるサクセスストーリを綴った「自己紹介文」などですね。

これらは共通して、LP(ランディングページ)と言う1枚絵のWEBページがあり、あなたがブログで使っているような「カテゴリー」や「サイドメニュー」、「関連記事」などの余計なレイアウトがないのが特徴です。

検索エンジンで「情報商材」などで検索し、画像検索表示に切り替えしてみてください。

やたらと派手な色使いの文字や、特徴ある人物、露骨に強調した文字の大きさなどが特徴ですが、スキル自体はセールスライティングと同じもので、極端な取り入れ方をしているのが特徴です。

また、Twitterとかでも情報商材やセミナーを取り扱う「個人アカウント」がありますが、同じようにランディングページへの誘導や、LINE登録などの促しをする事が特徴にあります。

セールスライティングの成果目標は「売る事」や「申し込み」になるので、余計なページに移らないようなサイト構成や、自己紹介で3万文字くらいかけて「感情移入」させて、何かの登録をさせています。

ただ、スキル的には真っ当なスキルであり、何かの成果目標に繋がるから、このようなサイトやページは存在し続けていると言う事ですね。

むぎちゃん
うーん、、コレがセールスライティングのスキルと言われたら、怪しさ満点w

 

セールスライティングやコピーライティングの良い事例

こちらは、マーケティングメディア「エムタメ」さんの「大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】」からいくつか抜粋させていただきました。
出典:エムタメ『大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

 

事例紹介

  • いつか、あたりまえになることを。(株式会社NTTドコモ)
  • ひとりの商人、無数の使命(伊藤忠商事株式会社)
  • 服を変え、常識を変え、世界を変えていく(株式会社ファーストリテイリング)
  • 子どもたちに誇れるしごとを。(清水建設株式会社)
  • Eat well,live well.(味の素株式会社)
  • 窓の、向こうへ(不二サッシ株式会社)

などなど、事例を上げたらキリがありません。

共通しているのは、コピーライトの中でも特に短い文章のキャッチコピーですが、企業姿勢やミッション、企業広告のイメージビジュアルまでも文章だけで想起できる点であると思います。

 

また、商品のセールスライティングで競争が激しいとされているのが、「美容液」や「健康食品」のカテゴリーになります。

ほとんどの会社が無店舗で通販中心の販売方法が多く、ブランディングと商品購入を推進するための工夫が「1枚のランディングページ内」で繰り広げられています。

筆者の本業であるコンサルティングの仕事で、クライアント様の一つが「広告代理店」がありますが、主に単品通販で広告運用をしているチームとかは、それはもうあらゆる領域でプロ集団でした。

それほど、生存競争が激しい業界だとも言えます。

 

やずや「にんにくしじみ」のLP

まだまだページは続きます、、、

健康食品の雄、「やずや」さんの事例ですが、こちらもロングセラーの健康食品です。

もちろん、デザインとかをみて「え〜?」と感じる方もいると思いますが、この商品がターゲットとしている層からの支持があるから売上が発生しています。

このようなランディングページをみて、印象良いけど買う気が起きないな〜、とか、なんかギラギラとうるさい画面だけど気になる!、などの分析をしてみても良いと思います。

 

※個人的には、商業ビルの「ルミネ」さんが、シーズン毎に切り替える「館内コピー」が好きです。

https://www.lumine.ne.jp/one-piece-of-a-woman/

 

 

セールスライティングのポイントと勉強方法

Notes Pen Hand Cafe Document - sterna_is / Pixabay

sterna_is / Pixabay

むぎちゃん
ちなみに、こう見えて僕は理系なんだけど。。。文章のセンスとかなくても大丈夫なのかなぁ、、、

 

正直、企業のビジュアルポスターや文字のフォント(字体)、キャッチコピーに至るまで、総合的なディレクションをするのにはセンスが必要とも言えます。

特にビジュアルが絡むと、行間やフォントの大きさや種類、文字レイアウトや背景の画像など、デザイン的な知識や実践によって積み上げられたセンスが重要になります。

 

ただし、ブログ運営においては「文章」によるセールスライティングが主流になりますので、ライティング技術は、ある程度、型が決まっていて、それを反復する事で身についてきます。

よくブログ運営は100記事書いてスタートラインとも言われていますが、その中の要素にセールスライティングなどの文章能力も含まれています。

100記事くらい試行錯誤して文章を書いてこそ、セールスライティングの重要性を実感できたり、型を使った文章術が「意識せずとも」使えるようになってきます。

やはり、#ブログ書け や #今日の積み上げ は大事なんですね(笑)。

 

セールスライティングのポイント

セールスライティングの特徴としては、ユーザーに納得して購買行動に移ってもらいたいがために、長文になってしまうと言う事があります。

そのため、長文を書く事が目的にならないよう、必要なポイントをおさえておきましょう!

☑️ポイント

  1. 今すぐ行動してもらうように作成する
  2. 成果が明確にわかりやすい
  3. センスよりも知識が必要となる

 

今すぐ行動してもらうように作成する

セールスライティングは、マーケティングや心理学の知識が必要になります。どのような伝え方をしたら、いますぐに行動してもらえるか?を意識して文章を考えましょう。

ここで、本の知識だけでは見落としがちなポイントは「お財布の紐を緩める」と言う事です。

ちょっといやらしい表現になってしまいますが、私たちブロガーにとっては、直接的な物販をしないアフィリエイトですが、ユーザーにとってはお買い物なのです。

たとえ心動かす文章を書いたとしても、1000万の高級車をネットで「ポチっ」とはしないですよね?

ユーザーの年齢や経済状況などを想像して、買い易い値段の商品や、割引や特典などの販売促進があれば、行動が起き易い事は、自分自身の経験にもあると思います。

 

成果が明確にわかりやすい

Googleアナリティクスやサーチコンソールを使えば、記事自体のアクセスや収益性が見えてきます。

そのため、会話ベースのセールスと比べて、どこのプロセスに課題があるかがわかり易いのが特徴になるので、以下のポイントは注意して確認しましょう。

  • サーチコンソールで検索意図があっているか?確認
  • Googleアナリティクスでアクセスの多いページ(記事)を確認
  • ASPの売上レポートで、広告別にクリック数や成果発生数を確認

 

例えば、同じサプリメントでも「100錠入り」と「300錠入り」では価格が違います。

この時、100錠を買う人は「お試し要素」が高く、300錠を買う人は「お得な容量」でサプリが欲しい人かもしれません。

ユーザーの行動を分析する事で、よりペルソナにあったセールスライティングに修正する事で、クリック率や成果金額が変わってきます。

「身近な人なら誰が買ってるんだろう?」とイメージして見ると良いですよ

 

センスよりも知識が必要となる

先述しましたが、セールスライティングはコピーライティングとは違い、センスよりも商品知識やターゲットとなる人物像のペルソナ設定が必要になります。

要は、マーケティングの知識が必要になるので、成果を出すセールスライティングにおいては、知識を増やすための勉強や商品リサーチが重要になります。

 

セールスライティングの勉強で役に立つ本

むぎちゃん
特にセールスライティングの「型」が理解できる本を教えてください!

 

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

まずはこちら。

「ラブレターを書く」と例えられるセールスライティングですが、少し古いながらも長らく愛されている良書です。

ブログ初心者がセールスライティングに困ってて、この本に出会ったからには必ずと言っても良いほど読むべき本になります。

 

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

次はこちらです。

筆者のブログ参考にしているプロブロガーのマナブさんもおすすめの本です。

どちらかと言うとマーケティング寄りな本が多いセールスライティングの本ですが、ブログに役立つアフィリエイトで役に立つ型や知識が書かれています。

 

1分で話せ  世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

最後は、筆者のお仕事仲間の広告代理関連の人がおすすめしてくれた本です。

広告代理店の方達は、SEOの知識だけではなく、ビジュアル含めて商品やブランドの認知を広げて、商品の購買を促進させるプロ集団ですので、ぜひ参考にしてみてください(筆者の本業のクライアントのひとつは一部上場の広告代理会社です)。

 

今回の投稿ではここまでの説明とします。

セールスライティングは知識も重要ですが、何よりも実践を繰り返して、ライティングの「型」が、自然に行動として出てくるようにしなければなりません。

これからは、少しでもセールスライティングの知識を取り入れてを記事作成をして行きましょう!

-SEO/Writing
-, ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5