SEO/Writing

ブログの適正な文字数は?|ネット情報が全部正論なので分析しました

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. SEO/Writing >

ブログの適正な文字数は?|ネット情報が全部正論なので分析しました

むぎちゃん
ブログって、結局何文字くらい書けば良いのさ!

少ない方が良い、、多い方が良い、、読者視点で、、もう少し詳しく知りたいです。

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • ブログの文字数に最適はない|あくまで【適正】な文字数が正解
  • 目的によって適正な文字数は変わる
  • ブログの適正な文字数は?|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素だけを抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログの文字数って何文字が良いの?ブログ運営をしていると、多くの人が疑問に感じる課題です。

様々な情報を整理すると、出てくる回答は「最適な文字数は存在しない」「少ない方が良い」「多い方が良い」「読者視点で考える」との事。

全部に当てはまりそうで、全部が相反するため、ある程度、考え方の整理が必要だと思い分析してみました。

本投稿を読む事で、あなたが書きたい記事の「適正な文字数」を考えるヒントになりますので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

ブログの文字数に最適はない|あくまで【適正】な文字数が正解

Typewriter Feedback Confirming - geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

結論から始めに言うと、ブログに「最適」な文字数のガイドラインはありません。

ただし、それだと結局、経験や判断力が全てになってしまい、この疑問に対する「正しい対策の再現性」がなくなってしまうため、もう少し深掘りした説明をします。

 

ブログ記事の文字数に【最適】がない理由

ここで注意すべき日本語が「最適」です。

最適とは「1000文字」や「3000文字」などの、ターゲット文字数やガイドラインになりますが、そのような数字は存在しないと言う事です。

ブログ記事で良いとされる文字数にあるのは「適正」な文字数です。

文字数は読者目線で適正にする事が正しいのですが、ちょっと曖昧すぎるので「目的」を整理しました。

 

文字数の適正化は「記事の目的」から考えよう

上述の「読者目線での適正な文字数」ですが、最終的には大きくは2種類の項目があります。

ひとつ目が「SEO対策」を視野に入れた適正な文字数で、もう一つが「読者目線」で考えた適正な文字数になり、以下の項目で細分化されます。

 

  • アクセス対策を目的とした適正な文字数
  • ユーザーの課題解決を目的とした適正な文字数
  • 競合性が高いテーマでSEO対策する事を目的とした文字数

ブログ記事の最適な文字数は?」と言う課題は、少しでも効率良くブログ記事を書きたいと言う「文字を減らしたい目的」と、少しでもユーザーの期待に答えたいと言う「評価される記事にする目的」の2通りがあると思います。

これらの目的を達成するため、最適な文字数をどうするべきか=適正数にすべし!と言うことになりますが、次の項から噛み砕いた説明をしたいと思います。

 

 

目的によって適正な文字数は変わる|何度もいいますが【適正】です

Question Mark Important Sign - qimono / Pixabay

qimono / Pixabay

それでは、前項であげた「目的」に沿って、文字数をどうすべきか?の考え方を整理します。

 

アクセス対策を目的とした適正な文字数

結論極小でもアクセスが発生する

むぎちゃん
えっ!!どう言うこと??

 


>>SEOコンサルおおきさん:SEOアフィで見出しだけを書いて売上をあげてみる より

SEO対策のプロ「おおきさん」ですが、簡単に言うと、「タイトル」「見出し」「アフィ広告」のみの記事を公開して、文章がないまま収益を発生させた事もあるそうです(笑)。

もう、長文が良いとか、短い方が読者ファーストだ、とかの次元じゃないですね。

でも、これも「ブログ記事の適正な文字数」の一つの答えであると思います。

上述では、あえて読者目線と言うことの他に「SEO対策」と記載しましたが、文字数の最適化を考える前に、ブログ記事にアクセスがない事には、記事の価値提供ができません。

 

SEOのプロは、私たちが文字数に悩んでいる間に、大量のキーワードテストを行い、数日間でサーチコンソールで引っかかった記事をリライトする事で肉付けし、記事を完成させているそうです。

ワードプレスの各種SEO対策プラグインでは、カテゴリーページの文字数が少ないとアラートが出ますが、その文字数が250文字になっています。

250文字くらいで、キーワード選定がされた見出しが書けたら、アクセス対策としての適正な文字数となりそうです。

 

ユーザーの課題解決を目的とした適正な文字数

結論ユーザーの検索意図に合わせよう

むぎちゃん
うーん、、、なるほど?

 

検索エンジンを使うユーザーには「検索意図」があります。

ブログは「自分の書きたい事を書くな」「ユーザーの知りたい事を書け」と言われており、ユーザーの検索意図には3つ種類のクエリ(検索側が使うキーワード)があります。

>>ブログの書き方|2つのライティングスキルでブログ収益化を目指そう

 

  1. Knowクエリ・・・知るための検索意図
  2. Goクエリ・・・行く事、場所を探すための検索意図
  3. Doクエリ・・・買うなど行動に移すための検索意図

それでは、3つのクエリに対して、文字数のあり方をどのように考えるか?を説明します。
※ECショップの事例を考えると「Buyクエリ」もありますが、ここでは割愛します。

 

Knowクエリ

検索ユーザーである読者は、文字どおり「知るため」に検索エンジンで情報を調べます。

この段階では、まだ具体的な行動を起こす前で「行動を起こすべきか?」「どのようにするのがベストか?」などを調べている最中とも言えます。

例えば、「ブログ 文字数」などのような情報の場合、言葉の定義や文字数を考える上で必要な根拠や考え方を説明するので、少し長くなってしまいます。

ブログ文字数は1500文字です!以上です

だけだと、イマイチ、信ぴょう性や根拠が分からず、検索ユーザーの意図する「知るため」の情報量を満たせないと思います。

 

例えば「村上春樹」の特定タイトルの書評を知りたい場合は、それなりに文字量が多くないと説明不足になってしまいます。

反対に「村上春樹 おすすめ」であれば、5冊くらいおすすめの小説を紹介して、アフィリエイト広告をつけてた少なめの紹介文の方が読者にとっては良いと思います。

このように、知りたい事の回答によって、文字数がかなり変わってくる事ため、検索意図を考えて記事の組み立てを行いましょう。

 

Goクエリ

この検索意図は、アフィリエイトブログを運営をしている人にとっては、あまり相性の良いクエリではありません。

なぜなら、ほとんどの場合が、おすすめの観光スポットや商業施設などの場所や行き方を調べる事を目的としています。

当然、「東京タワー」にはアフィリエイト広告はないですし、Goクエリの人にとって必要な情報は地図や抜け道、おすすめの交通機関だったりするので、なかなか成果となる広告はないでしょう。

この場合、検索意図が求める回答は「場所」や「行き方」なので、長文は不要ですし、読者視点で考えると、冒頭に情報があった方が良いと言えるでしょう

 

現在だとGoクエリにあたる検索の結果は、Googleが判断して「地図表示」する事がほとんどですので、テキストベースのブログはちょっと相性が悪いと言う事になります。

ただ、アドセンス広告や旅行予約のアフィリエイトなど、マネタイズ方法が全く無いわけではないので、Goクエリも戦い方によっては効果的です。

 

Doクエリ

こちらの検索意図では、ユーザーは既に情報の下調べが終わっており、あとは何かをきっかけに行動を移す直前の状態であると言えます。

もちろん、衝動的に行動に移す事もありますが、「筋トレ」を事例にして説明します。

 

  • 「筋トレ 方法」→筋トレの方法やおすすめの動画があれば筋トレを始める
  • 「筋トレ サプリ」→筋トレに効果のあるサプリメントの紹介があればサプリを買う
  • 「筋トレ ジム 評判」→複数ジムの評判を比較して良いと思えばジムの申し込みをする

このように「筋トレ」をテーマにしても、様々な行動の検索意図に合わせた記事が書けると思います。

全般的に方法やおすすめ、サプリメントであれば効能や効果などの説明が必要になってくるため、長文になる傾向は強いと思います。

ブログ記事で行動を想起させる事をしないと、成果報酬は発生しないため、セールスライティングを意識して記事を書くと、やはり長くなってしまいますね。

Working Computer Cafe Coffee  - duonglong2180 / Pixabay
セールスライティングとは|ブログで取り入れたい【10倍売る方法】

続きを見る

 

むぎちゃん
じゃあ、いっぱい詰め込めば良いんだね!

とはいえ、スマホで情報を見る事が中心となってきた現代においては、長文自体は小説などを楽しむ事以外では「苦痛」や「嫌悪感」を感じる人は多いと思います。

前段が長くて、なかなか知りたい情報に辿り着けなくて何ページもスクロールしたり、挙句の果てには結論や知りたい情報が無かったりなど、無駄な文章や文字数自体はユーザーにとっては不要なものです。

文字数が多くなるとしても、階層わけをしたり、適正な「間」を開けたりなど、読みやすくする工夫をしましょう。

 

競合性が高いテーマでSEO対策する事を目的とした文字数

結論文字数が多い方が良い「傾向」

むぎちゃん
ほう、、、

こちらもSEOコンサルおおきさんのツイート引用してますが、概要ページは下記です。

>>数百あるSEO要因の中で、注力すべき指標とは  より

 

とは言え、文字数が多い方が良い=文章を引き延ばしする、ではありません。この辺りは一貫して読者目線での最適を考えましょう。

競合が多いキーワードで、SEOが有利に働く傾向はあるのは「文章の長さ」ではなく「共起語」が多く含まれている事にあります

共起語とは、キーワードの周辺で登場しやすい単語の事で、記事の文章でキーワードや共起語の密度が高いと、Googleが「専門性が高い記事かも?」と判断する事がある かもしれないと言う事です。

 

かもしれない」は、Googleはアルゴリズムを公開している訳では無いので、断言ができないと言う事になりますが、SEOのプロフェッショナルやコンサル界では、そのような傾向があるのでは?と推測されていると言う事です。

実際、筆者もブログ開始4ヶ月目から、記事の作成数を少なくして、情報量の多い記事を意図的に書いていますが、表示回数や検索流入が、前月比較で倍以上に伸びてきています。

ただ、せっかく競合の多いキーワードで検索上をとっても、文字数や文章が分からなくて「読了」されないと、ユーザーの評価を得ていない事になります。

あくまで読者目線で「最適な文字数」で「検索意図」に対応した「回答」を記事で用意しましょう

 

ブログの適正な文字数は?|まとめ

今回は「ブログ記事の最適な文字数は?」について、説明しました。

冒頭でもお伝えしたとおり、最適ではなく「適正」である理由がご理解いただけたと思います。

現実的にはSEO対策を意識しないと、読者目線を考える以前の問題になりますが、記事が読まれる前提で考えると、なるべく無駄な言い回しや文章を減らして情報量を減らしましょう。

記事内容の正当性以前に、文字数が多すぎると視覚的に情報が入ってこなくなります。

より良い記事作成を目指して「読者目線」の記事作りを意識して行きましょう!

 

Article Blog Newsletter Press  - viarami / Pixabay
ブログの書き方|2つのライティングスキルでブログ収益化を目指そう

続きを見る

-SEO/Writing
-, ,

© 2020 ミライ創造.com Powered by AFFINGER5