SEO/Writing

SEOキーワード選定のポイント3つ【実例】で勝てるコツを解説

  1. HOME >
  2. ブログで稼ぐ >
  3. SEO/Writing >

SEOキーワード選定のポイント3つ【実例】で勝てるコツを解説

むぎちゃん
文章には自信があってライターの仕事もしてるのに、全然ブログが検索上位に入らない。。。SEOの事がわかってるようでわかってないかも。正しいSEO対策のコツを教えてください!

 

こんな悩みをお持ちの方へお答えします

 

☑️本記事の内容

  • SEOキーワード選定でやる事|やりすぎ厳禁!ポイントは3つだけ
  • SEOキーワードの選び方|ここから間違ってる事が多いです
  • キーワードの状況を調べよう|戦略を立てる準備です
  • キーワードを選定して「戦い方」を考えよう
  • SEOキーワード選定のポイント3つ【勝てるコツ】を実例で解説|まとめ

 

☑️本記事の信憑性

  • この記事を書いている筆者は、3年前にサラリーマンから独立して、常に5社くらいの「複業」をしている、副業ならぬ全てが本業の「複業家」です。
  • 複業の合間に、本ブログ「ミライ創造.com」を運営する経営者ブロガーです。
  • 本業の戦略コンサルとしての筆者の経験を生かし、経験者のノウハウ要素を抽出して、わかりやすくまとめて説明します。

 

☑️筆者が参考にしている神ブログ

manablog(坂内 学さん)|副業コンパス(クニトミ リュウヤさん)|Tsuzuki Blog(Tsuzukiさん)|SEOの森(おおきさん)

※マナブさんのYoutube動画もおすすめです(https://www.youtube.com/c/manabuch

 

ブログを始める人って、読書や仕事で文書を扱う事に慣れている人が多いと思いますが、その経験を持ってしても、検索上位に入る記事を作るのは至難の技と言えます。

ブログのアクセスアップや収益化には、SEO対策に向き合って、検索エンジンからの流入を増やしていく必要がありますが、本をまるっと読もうとすると、気持ちが萎えますよね。

本投稿では、ブログを100記事書いて大失敗した筆者が、同じく100記事でブログを立て直した「コツ」を解説します。

 

☑️当ブログの実例

2020年10月末の段階で、公開記事が100記事ほどありますが、過去の54記事を非公開にして立て直した経緯があります(累計154記事)。

その中で、30記事ほど「noindex」設定で、検索エンジンで引っかからないようにしている記事があり、実質70記事が公開記事と言えます。

9〜10月でブログを立て直して、TOP10にランクインする記事が増えたため、現在は急激に検索からのアクセスが伸びて、収益が発生するようになりました。

早くに理解して実践する事で、未来への積み上げが増えていきます。早速、解説したいと思います。

 

 

SEOキーワード選定でやる事|やりすぎ厳禁!ポイントは3つだけ

Coronavirus Mask Quarantine Virus - Engin_Akyurt / Pixabay

実は、SEOキーワード選定で、最低限必要な事は3つに絞られます。

もちろん、キーワードを深掘りしたり、読者のニーズを深く読み取ったり等、やるべき事を加えてしまうと、それこそ本で1〜2冊になってしまいます。

今回は、初心者の方でも、検索エンジンの検索結果で上位に入るようにするために必要な事に絞って解説したいと思います。

 

SEOキーワード選定で最低限必要な事

  1. キーワード選ぶ
  2. キーワードの状況を調べる
  3. 戦い方を考える

 

ブログのアクセスを増やしていくために、SEOキーワードの選定は必須ですが、段階的にやらないと覚えられないのと、実績がでないとコツも掴めません

必要な事やるべき事は違いますので、分けて考えてみましょう。

 

 

SEOキーワードの選び方|ここから間違ってる人が多いです

Questions Laptop Hand Write Blog - geralt / Pixabay

キーワードの選び方ですが、SEOキーワード選定で失敗している例(過去の自分も含め)を見ていると、キーワードを「選ぶ方法」とキーワードを「選ぶ時の考え方」がごちゃ混ぜになっているケースが多いです。

まずは、方法と考え方を分けて説明したいと思います。

 

キーワードを選ぶ「方法」

まず、オーソドックスな方法が、実際に検索エンジンにキーワードを入れて見る事です。

キーワードを入れて、スペースを入れると図のように「サジェストワード」と言うキーワードが出てきます。

この方法自体は間違っていないのですが、大きな落とし穴があるので説明しますね。

 

検索エンジンに、直接キーワードを入れて「キーワード選定」すると楽ですよね(笑)。筆者も時間に追われるように、記事を書いてたので経験あります。

ただ、この検索エンジンでサジェストされるキーワードって、あくまで一般ユーザー向けなので、ブロガーには不向きと言えます。

なぜなら、一般ユーザー向けには「検索量」の多いキーワードからサジェスト(提案)するため、特に初心者ブロガーがこのままキーワードを使うと「競合が強すぎて」検索表示されません。

 

ラッコキーワードを使うのが最適解

ラッコキーワードと言う「キーワード選定ツール」はご存知ですか?

無料で使えて、プロのブロガーや企業の通販担当も使うほど、便利なツールですので使って見ましょう。

詳細の使い方は別の投稿でありますのでご確認ください。

>>ラッコキーワード【保存版】|使い方から記事作成までを徹底解説

 

ラッコキーワードは「超優秀」

一番上の赤枠がGoogle検索エンジンと連動していて、その下の大きな赤枠が、先ほどのGoogle検索エンジンのサジェストワードを抽出したものです。

こちらは、上位10のサジェストワードが出るので、検索エンジンよりも多く表示されてますね。

小さな赤枠ですが、左の循環矢印は「副業 在宅」をキーワードにして、更にサジェストワードを抽出してくれます。

このように、初心者ブロガーは第3サジェストくらいまで深掘りしないと、始めは競合が強すぎて検索表示されないと言う事を覚えておきましょう。

メアド登録で何回でも使える!

ラッコキーワード公式ページへ

 

キーワードを選ぶ時の「考え方」

キーワードを選ぶ時の「考え方」ですが、簡単に言うと「ユーザーの検索意図」を考える事です。

ここで間違った判断すると「まともな記事」が作れません。

考え方」と言うこともあり、情報の幅や深さなどにバラツキがあって迷いやすいところですが、実は整理すると単純で、サジェストワードに「ある言葉を足して」判断してみましょう。

 

ユーザの検索意図

ユーザーが検索エンジンに入れる言葉を「クエリ」と言います。

クエリには大きく4種類あって、それぞれ「Doクエリ」「Knowクエリ」「Goクエリ」「Buyクエリ」と言います。

それぞれの(かっこ)内の言葉を、サジェストワードに繋げてみると、簡単に「読者の検索意図」が分類できるようになりますよ。

 

  • Doクエリ:する事が目的(〜の方法・やり方、〜のコツ
  • Knowクエリ:知る事が目的(〜とは、〜のおすすめ
  • Goクエリ:いく事が目的(〜地名、場所、〜の行き方
  • Buyクエリ:買う事が目的(〜おすすめ●選、〜のレビュー

 

ラッコキーワードの図に沿って「副業 スマホ」を事例にします。

  • 「副業 スマホ」やり方・・・仕事を探す登録サイトを探してそう
  • 「副業 スマホ」のおすすめ・・・何が自分にできるか?を探してそう
  • 「副業 スマホ」の行き方・・・意味不明ですね、、、
  • 「副業 スマホ」の買い方・・・これもおかしい、、、

やり方」であれば、クラウドワークスの登録方法やメリットなどを記事にすると良いですし、「おすすめ」であれば、WEBライターのお仕事やイラストなど、副業バリエーションを記事にすると良いかもしれません。

ペルソナ云々も成約率を高めるためには必要ですが、第一歩目の検索からのアクセスを発生させる事を目的とするならば、このくらいで十分にキーワード選定は成立します。

 

 

キーワードの状況を調べよう|戦略を立てる準備です

Chess Board Game Policy Intriege - LNLNLN / Pixabay

意外とやっていない人が多いのが「キーワードの状態」を調べる事ですが、具体的には以下の事を実施しましょう。

  • キーワードのボリュームを調べる
  • キーワードの競合性を調べる
  • キーワードの入札単価を調べる

 

キーワードの状態を調べるには、Googleの公式サービスである「キーワードプランナー」を使いますが、使い方に関しては過去の記事をご確認ください。

Googleキーワードプランナーの使い方
キーワードプランナーの使い方|Google公式ツールの活用方法を解説

続きを見る

 

キーワードプランナーで確認する事

下の図は「副業」をキーワードにして、キーワードプランナーで調べた結果になります。

一つの基準値を定めるならば、検索ボリュームが「1000以上」のキーワードで、競合性が「高い」場合は、初心者が検索結果で上位表示するのは「無理ゲー」です。

 

キーワードのボリュームと競合性をチェックしよう

500前後の検索ボリュームで、競合性が弱いキーワードで記事を書いて、検索では勝ち目のなさそうなキーワードの記事に「内部リンク」で繋げていくと良いでしょう。

内部リンクを集めている記事は、SEO対策がされて「SEOに強い記事」になっていきますので、小さなキーワードの記事をいくつか書いて、一つの記事に集めていくようにしましょう。

 

キーワードの入札単価とは?

赤枠の右側の欄が、このキーワードの記事を有料広告で出稿する際の、入札単価目安になります。

商材の価格にもよりますが、入札単価が低い程、広告コストをかけてまで記事を上位表示させる競合(主に企業)が少なく、入札単価が高いと、お金を払ってでも上位表示させた方がリターンが見込めるので、検索結果の上位表示の競争が激しくなります。

ここで注意点があって、キーワードの競合性が低いのに入札単価が高いキーワードがあります。

インターネットの有料広告は、検索1ページ目に表示させるために「入札制度」を取り入れていますが、1ページ目が全て広告になってしまう事はありません

高い広告出してもリターンが見込めるキーワードで、広告ではなく「記事枠」としてあなたのブログが上位表示されたら、勝ったも同然ですね!

 

キーワードを選定して「戦い方」を考えよう

Vines Grass Rocks Marble Mold - ArtisticOperations / Pixabay

キーワードを選んで、キーワードの状態を把握したら、最後は「戦い方」です。

先ほど、初心者ブロガーが真っ向から戦っても勝てないと説明しましたが、初心者の戦い方は大きく2つありますので覚えておきましょう。

 

初心者ブロガーがSEOキーワード選定で戦う方法2つ

  • 大きなキーワードで戦わない
  • キーワードをズラして戦う

大きなキーワードで戦わない、と言う方法は、前述した小さなキーワードから大きなキーワードへ内部リンクを貼って戦うと言う事ですが、キーワードをズラして戦うと言う方法を、筆者の記事を事例に説明します。

 

「キーワードをズラす」とは?|初心者の戦い方を大公開!

筆者はトレンド記事として「Gotoキャンペーン」の記事を書いています。

2020年の経済不況を挽回するために、国策で発令されたキャンペーンですので、誰しもが耳にするかと思います。

Goto関連では2つ記事があって、筆者が実際に旅行で行っている、レジーナと言う「ペット可のリゾートホテル」を事例にして解説したいと思います。

レジーナリゾート軽井沢御影用水|GoToトラベルで行ってみた日記

続きを見る

 

選定したキーワードをそのまま使うとどうなるのか?

 

<検索結果の詳細>

  • 上段の4つのサイトは、レジーナリゾートの公式サイトになっている

 

  • 次の上位表示は、一休.comなどのような、企業が運営する、旅行やツアーサイトになっている

Goto レジーナ」で検索した結果、、、

検索結果も「77,300,000件」あり、結構なボリュームなのですが、この状態では勝ち目はありませんね。。。

そのため、私たちブロガーは「公式サイトや企業サイトが出せない情報」を提供する事が重要になります。

 

キーワードをズラしてみた結果

ブロガーが強みを出せるコンテンツの代表格が「レビュー」や「おすすめ」などの感想なのですが、一般の人はキーワードの最後に「日記」や「ブログ」と付け足して検索する事が多いんです。

むぎちゃん
あっ!1位じゃん!!

 

検索ボリュームも「279,000件」もあって、まずまず。

レジーナリゾート自体は、完全ペット可の高級リゾートホテルとして「愛犬家」に知られていますが、半年前から予約が埋まっていくほどの、超人気ホテルなので検索ボリュームも大きいんですね。

このように「戦い方」を工夫すると、検索ボリュームが多いキーワードでも上位表示される方法がありますので、是非とも実践してみてください。

SEO対策がされてないアメブロの記事には、まだまだ負けませんよ〜(笑)。

 

 

SEOキーワード選定のポイント3つ【勝てるコツ】を実例で解説|まとめ

Structure Plan Coding Strategy - 742680 / Pixabay

今回は、SEOキーワード選定をして、検索上位表示させるコツを説明しました。

筆者は、3ヶ月と言う最短の期間で100記事を達成して大失敗し、記事の半分をお蔵入りさせて、30記事のリライトをしてSEO対策と向き合いました

その際、有料ですがRank Trackerという「SEO検索順位チェックツール」を使って、検索順位の推移や勝てそうな記事の選定を行い(逆に戦えない記事の見極めも)、効率的にブログの立て直しができました。

記事数がある程度増えてくると、記事の分析や見極め判断に時間がかかりすぎるので、ツールの導入は考えておいた方が良いと思います。

Digital Marketing Search Engine  - Tumisu / Pixabay
Rank Trackerの使い方【初級編】ツールの機能が秀逸すぎる!

続きを見る

 

おそらく、深く広く、全てのやる事や、やった後のフォローの仕方などを網羅すると、5冊くらいの本と同じくらいの情報量になってしまいそうです。

それほど、SEOキーワード選定や、SEO対策は奥が深いのですが、まずは最低限、必要な事をやってみて実績を出してから、次のステップに進むと良いでしょう。

SEO対策とは、正しいキーワードの選び方と、知略・戦略による「上位表示の競争」です。

是非とも、ブログを長い目で成長させるためにも実践してみてください。

今回はここまでとします。

 

-SEO/Writing
-, ,

© 2020 ミライ創造.com